スキー回転、加藤聖五が4位 アルペンFE杯最終戦

 加藤聖五
加藤聖五
写真を見る

 アルペンスキーのファーイースト杯は25日、ロシアのユジノサハリンスクで今季最終戦となる回転が行われ、男子は加藤聖五(野沢温泉ク)が日本勢最高の4位に入った。湯浅直樹(シーハイルアカデミー)は2回目途中棄権。11位だった成田秀将(カワサキフィールドSC)が種目別優勝を遂げ、来季ワールドカップ(W杯)の同種目出場権を獲得した。

 女子は向川桜子(秋田ゼロックス)が日本勢最高の11位で、総合優勝を果たして来季W杯の出場資格を得た。種目別は前田知沙樹(松本大)が優勝し、大回転で種目別を制した荒井美桜(サンミリオンク)とともに各種目の来季W杯出場権を手にした。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]