4横綱安泰、稀勢の里2勝目 夏場所、白鵬や高安ら3連勝

 稀勢の里(右)が押し出しで千代の国を下す=両国国技館
稀勢の里(右)が押し出しで千代の国を下す=両国国技館
写真を見る

 大相撲夏場所3日目(16日・両国国技館)今場所初の4横綱安泰。左上腕付近に負傷を抱えながら3場所連続優勝を目指す横綱稀勢の里は苦戦の末、平幕千代の国を押し出して2勝目を挙げた。

 他の3横綱は、白鵬が千代翔馬を上手投げで退け、日馬富士は隠岐の海を寄り切ってともに3連勝。鶴竜は遠藤を引き落として初白星を挙げた。

 大関とりの高安は琴奨菊との関脇対決をはたき込みで制して、3戦全勝。2大関は照ノ富士が初白星を挙げたが、かど番の豪栄道は小結嘉風に敗れて2敗目を喫した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]