白鵬全勝、単独史上2位に 高安勝ち越し、碧山1敗

 白鵬が寄り切りで千代翔馬を下し、単独史上2位となる通算1046勝目を挙げた=愛知県体育館
白鵬が寄り切りで千代翔馬を下し、単独史上2位となる通算1046勝目を挙げた=愛知県体育館
写真を見る

 大相撲名古屋場所10日目(18日・愛知県体育館)単独トップの横綱白鵬は平幕千代翔馬を寄り切って初日から10連勝とし、元大関魁皇が持つ史上1位の通算1047勝へあと1勝に迫った。元横綱千代の富士を抜いて単独2位。歴代横綱では最多を記録した。

 横綱日馬富士は関脇玉鷲を寄り切って7勝目を挙げた。新大関高安は平幕宇良を首投げで退けて勝ち越し。大関豪栄道は小結琴奨菊に送り出されて5勝5敗となった。新関脇御嶽海は7勝目。

 全勝の白鵬を追う1敗は平幕碧山だけで、2敗に高安、平幕の阿武咲、宝富士の3人。十両は豊山と朝乃山が2敗で首位に並んだ。

西日本新聞のイチオシ [PR]

[高校柔道動画] 5人抜きオール1本勝ち!

4人抜きからの5人抜きオール1本で大逆転![高校柔道大会 金鷲旗女子決勝]

西日本新聞のイチオシ [PR]