田子ノ浦部屋、小学校で初稽古 敷地内に新土俵

 小岩小学校敷地内の土俵で初稽古する田子ノ浦部屋の力士ら=7日、東京都江戸川区
小岩小学校敷地内の土俵で初稽古する田子ノ浦部屋の力士ら=7日、東京都江戸川区
写真を見る

 大相撲の横綱稀勢の里関(31)が所属する田子ノ浦部屋の力士が7日、“新土俵”で初稽古を行った。東京都江戸川区の同部屋から徒歩10分ほどのところにある小岩小学校敷地内に昨年末につくられた。四股、すり足で感触を確かめた横綱は「素晴らしい施設。稽古場は広いし、いい土だった」と感想を述べた。

 同小学校では昨年初場所後に稀勢の里関の初優勝と横綱昇進の報告会が開かれた。江戸川区の多田正見区長によると、その際に田子ノ浦親方から「部屋の近くに土俵があればいい。相撲を通じて地元に貢献できるから」という話が出たという。江戸川区は栃錦の出身地で大相撲との縁も深く実現に至った。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]