稀勢の里、再起へ「感覚いい」 二所ノ関一門の連合稽古

 二所ノ関一門による連合稽古で調整する横綱稀勢の里。右は琴奨菊=東京都江東区の尾車部屋
二所ノ関一門による連合稽古で調整する横綱稀勢の里。右は琴奨菊=東京都江東区の尾車部屋
写真を見る

 大相撲初場所(14日初日・両国国技館)に向けた二所ノ関一門による連合稽古が8日、東京都江東区の尾車部屋で行われ、腰痛などによる4場所連続休場中で再起を期す横綱稀勢の里は平幕嘉風、琴奨菊に14勝3敗で「感覚的にはだいぶ良くなってきた」と納得した。

 左四つや左おっつけからの攻めに加え、土俵際で下半身の粘りがあった。精彩を欠いた5日の横綱審議委員会稽古総見から立て直し「もっともっと精度を高めていく。本場所で結果を出さなければ意味がない。1年のいいスタートを切れるようにやっていきたい」と初場所の出場を見据えた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]