新弟子の納谷、豊昇龍ともに白星 元横綱・大鵬の孫と朝青龍のおい

 前相撲でともに2勝目を挙げ、笑顔で写真撮影に応じる納谷(左)と豊昇龍=両国国技館
前相撲でともに2勝目を挙げ、笑顔で写真撮影に応じる納谷(左)と豊昇龍=両国国技館
写真を見る

 大相撲初場所4日目の17日、東京・両国国技館で新弟子らによる前相撲の2日目が行われ、元横綱大鵬(故人)の孫の納谷(大嶽部屋)、モンゴル出身で元横綱朝青龍のおいの豊昇龍(立浪部屋)がともに白星を挙げ、2連勝とした。

 納谷は播磨灘(尾上部屋)を右四つで寄り切り「昨日より落ち着いてできた」と話す。土俵下の控えで隣り合った豊昇龍とは「緊張してる?」と言葉を交わしたそうだ。

 豊昇龍は福湊(湊部屋)をはず押しで退け「自分の相撲ができた」と笑顔。納谷戦について「(やりたい)気持ちはある。すごく仲がいいから」と意気込んだ。両者は5日目に当たる可能性が高いという。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]