相撲協会、わいせつ問題調査へ 10代力士の容疑で

 2016年11月の大相撲九州場所中に10代の現役力士が福岡県内で当時10代少女にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつ容疑で初場所期間中の今年1月中旬に書類送検された件を受け、日本相撲協会の鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)は28日に大阪市内で「状況が分からない。調べてはっきりさせたい」と述べ、調査に努める意向を示した。

 10代力士の師匠は28日に報道陣に応対し、昨年11月に警察から問い合わせを受けたことを相撲協会に報告したと明言。協会はこの問題を公表していなかったことになる。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]