大砂嵐に引退勧告処分 相撲理事会、無免許運転で

 大砂嵐
大砂嵐
写真を見る

 日本相撲協会は9日、大阪市内で理事会を開き、2月に道交法違反(無免許運転)の罪で略式起訴されたエジプト出身の幕下力士、大砂嵐(26)=本名アブデルラフマン・シャーラン、大嶽部屋=に対し、引退勧告の処分を決めた。協会関係者が明らかにした。大砂嵐は受け入れる意向。

 元幕内の大砂嵐は1月初旬、長野県内で有効な運転免許証を所持せずに車を運転し、同3日には追突事故を起こしたとされる。相撲協会は力士による自動車やバイクの運転を禁じている。

 協会の懲戒処分は軽い順からけん責、報酬減額、出場停止、業務停止、降格、引退勧告、解雇の7段階に分かれ、今回の処分は2番目に重い。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]