春場所に鶴竜「期待に応えたい」 高安意気込み、土俵祭りで

 土俵祭りに出席した八角理事長(前列左端)と鶴竜(その左後ろ)。右端は栃ノ心=10日、エディオンアリーナ大阪
土俵祭りに出席した八角理事長(前列左端)と鶴竜(その左後ろ)。右端は栃ノ心=10日、エディオンアリーナ大阪
写真を見る

 大相撲春場所の初日を翌日に控えた10日、エディオンアリーナ大阪で土俵祭りが開かれ、一人横綱で臨む鶴竜ら三役以上の力士、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)らが出席して15日間の安全を祈願した。

 右手の指に負傷を抱える鶴竜は「楽しみにしてくれるファンの期待に応えたいという気持ち。手は完璧ではないが良くなっていけばいい」と穏やかに語った。

 初優勝を目指す大関高安は「優勝争いにしっかり絡みたい」と意気込んだ。先場所で平幕優勝し、6日の稽古で左脚を負傷した関脇栃ノ心は「(体は)大丈夫。(気持ちは)いつも通り」と平常心を強調した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]