八角理事長ら黙とう、春場所初日 三役以上の力士や観客と共に

 初日を迎えた大相撲春場所で、東日本大震災の犠牲者に黙とうをささげる日本相撲協会の八角理事長(中央)や横綱鶴竜関(前列左)ら=11日午後、大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪
初日を迎えた大相撲春場所で、東日本大震災の犠牲者に黙とうをささげる日本相撲協会の八角理事長(中央)や横綱鶴竜関(前列左)ら=11日午後、大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪
写真を見る

 大相撲春場所は11日、大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で初日を迎え、恒例の協会あいさつに先立ち、土俵に上がった日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)や横綱鶴竜関ら三役以上の力士たちが館内の観客と共に1分間の黙とうをささげ、東日本大震災の犠牲者を悼むと同時に復興を願った。

 八角理事長は黙とう後の協会あいさつで「被災された方々には心よりお見舞いを申し上げ、追悼の意を表します」と述べた。相撲協会は大震災後から被災地を慰問し、横綱土俵入りなどの復興祈願活動をしてきた。十両以上で構成する力士会も土俵を寄贈している。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]