大相撲夏場所、両横綱1敗堅持 栃心は不戦勝、無敗で首位

 白鵬が寄り切りで千代大龍を下す=両国国技館
白鵬が寄り切りで千代大龍を下す=両国国技館
写真を見る

 大相撲夏場所7日目(19日・両国国技館)両横綱は安泰でともに1敗を堅持。白鵬は平幕千代大龍を一方的に寄り切って連敗を免れ、鶴竜は平幕豊山に攻め込まれながら突き落としで逆転した。

 大関豪栄道は阿炎にはたき込まれ、2連敗で3勝4敗となった。大関とりの関脇栃ノ心は右上腕を痛めた小結遠藤の休場により不戦勝で、ただ一人の全勝を守った。関脇逸ノ城と小結御嶽海はともに3敗目を喫した。

 無敗の栃ノ心を追う1敗は、両横綱に平幕の大翔丸、千代の国を加えた4人となった。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]