横綱鶴竜関「大きい目標だった」 2連覇、風邪も明かす

 2場所連続制覇を果たした大相撲夏場所の千秋楽から一夜明け、記者会見する横綱鶴竜=28日午前、東京都墨田区の井筒部屋
2場所連続制覇を果たした大相撲夏場所の千秋楽から一夜明け、記者会見する横綱鶴竜=28日午前、東京都墨田区の井筒部屋
写真を見る

 大相撲夏場所で自身初の2場所連続制覇を果たし、5度目の優勝を飾った横綱鶴竜関(32)が千秋楽から一夜明けた28日、東京都墨田区の井筒部屋で記者会見し「(連覇は)大きい目標だった。達成できて良かった」と充実感に浸った。

 14勝1敗の好成績だったが、夏場所の序盤に風邪をひいて発熱し、点滴を打って取組に臨んでいたことを明かした。会見後にはせき込む場面もあり「しんどかった。その中で集中を切らさないで、自分でも良くやれたなと思う」と自賛した。

 優勝を争った関脇栃ノ心関の大関昇進が確定している。「より一層、精進しないといけない」と刺激を受けていた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]