横綱稀勢の里、8場所連続で休場 ワースト更新「来場所に懸ける」

 名古屋場所の休場を発表し、厳しい表情見せる横綱稀勢の里=5日午前、名古屋市の田子ノ浦部屋宿舎
名古屋場所の休場を発表し、厳しい表情見せる横綱稀勢の里=5日午前、名古屋市の田子ノ浦部屋宿舎
写真を見る
 横綱の連続休場
横綱の連続休場
写真を見る
 横綱稀勢の里
横綱稀勢の里
写真を見る

 大相撲の東横綱稀勢の里(32)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が5日、名古屋市西区の部屋宿舎で「必死に調整してきたが、うまく進まず休場を決めた。来場所に全てを懸ける気持ちで頑張る」と語り、名古屋場所(8日初日・ドルフィンズアリーナ)休場を表明した。

 横綱の8場所連続休場は、年6場所制となった1958年以降、7場所連続全休の貴乃花を抜きワースト記録を更新。次に出る場所で進退問題と直面しそうで「そういう気持ちで今場所もやってきた。相撲の感覚、筋力もだいぶ良くなってきた。復活できるように頑張る」と意欲を示した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]