大相撲名古屋場所、8日初日 新大関栃ノ心に注目

 土俵祭りに出席した(左から)鶴竜、豪栄道、栃ノ心、御嶽海=7日、ドルフィンズアリーナ
土俵祭りに出席した(左から)鶴竜、豪栄道、栃ノ心、御嶽海=7日、ドルフィンズアリーナ
写真を見る
 土俵祭りに出席した(奥左から)白鵬、鶴竜、豪栄道と新大関の栃ノ心=7日、ドルフィンズアリーナ
土俵祭りに出席した(奥左から)白鵬、鶴竜、豪栄道と新大関の栃ノ心=7日、ドルフィンズアリーナ
写真を見る

 大相撲名古屋場所は8日に名古屋市のドルフィンズアリーナで始まる。注目は新大関栃ノ心の闘いぶり。優勝争いは鶴竜、白鵬の2横綱を中心にした展開が予想される。

 7日は会場で土俵祭りが行われ、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)や三役以上の力士らが15日間の安全を祈願した。栃ノ心は緊張の面持ちで「ドキドキしている。気合を入れていきたい。優勝するつもりでやりたい」と宣言。2006年夏場所の白鵬以来となる新大関優勝に意欲を示した。

 自身初の3連覇で6度目の優勝を目指す鶴竜は「挑戦する気持ちでやっていく」と充実の表情。白鵬は、4場所ぶり41度目の制覇を狙う。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]