大相撲、御嶽海が初黒星 高安は勝ち越し、3敗に4人

 土俵際でこらえる高安(奥)。突き落としで御嶽海を下した=ドルフィンズアリーナ
土俵際でこらえる高安(奥)。突き落としで御嶽海を下した=ドルフィンズアリーナ
写真を見る

 大相撲名古屋場所12日目(19日・ドルフィンズアリーナ)関脇御嶽海は大関高安に突き落としで敗れ、初黒星を喫した。ただ平幕の栃煌山と朝乃山がともに敗れて2敗が消え、後続との2差は変わらなかった。高安は勝ち越して、かど番を脱出した。

 大関豪栄道は遠藤を押し出して9勝目。関脇逸ノ城は星を五分に戻し、小結玉鷲は7勝目。

 1敗の御嶽海を3敗で追うのは豪栄道、平幕の豊山、栃煌山、朝乃山の4人となった。

 十両は貴ノ岩が11勝1敗で単独首位をキープ。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]