横審委員、稀勢の里関に期待 連続休場に制限の意見も

 8場所連続休場中の横綱稀勢の里関に横綱審議委員会の会合後、委員から9月の秋場所での再起を望む声が上がった。

 山内昌之委員(東大名誉教授)は、稀勢の里関が夏巡業初日から参加する意向であることを受け「巡業を通して回復して、(秋場所の)土俵に上がってもらうことを期待する」と語った。

 横綱の連続休場に一定の制限を設けるべきだとの意見も出た。岡本昭委員(岡安証券最高顧問)は「横綱になったら年2場所までとか、連続5場所までは休んでいいとか、そろそろそういうのを決めないと」と指摘した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]