横綱稀勢の里、高安に9勝4敗 初場所へ「全体的にいい」

 田子ノ浦部屋で稽古する稀勢の里(左)と高安=東京都江戸川区
田子ノ浦部屋で稽古する稀勢の里(左)と高安=東京都江戸川区
写真を見る

 大相撲初場所(13日初日・両国国技館)で進退が懸かる横綱稀勢の里は4日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で大関高安と2日続けて相撲を取り、9勝4敗だった。昨年末に三番稽古(同じ相手と続けて取る)を始めてから番数は最少だが「こんなもんでしょう。良かった」とうなずいた。

 前日と同様、浅い右上手を狙いにいく立ち合いを試した。「うまさがあるし、重みもある」と評する大関を一気に寄り切る力強さがあった。一方で突き、押しに後退する場面もあり、投げを食らって転がった際には声を上げて悔しがった。

 注目を集めることが予想される初場所へ向け「全体的にいい」と手応えを口にした。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]