相撲協会、暴力防止で研修開催 八角理事長「心も鍛えて」

 暴力問題の再発防止などを目的とした研修会に臨む(左から)横綱白鵬関、横綱鶴竜関ら=4日午後、両国国技館
暴力問題の再発防止などを目的とした研修会に臨む(左から)横綱白鵬関、横綱鶴竜関ら=4日午後、両国国技館
写真を見る
 暴力問題の再発防止などを目的とした研修会に臨む日本相撲協会の八角理事長(手前)ら=4日午後、両国国技館
暴力問題の再発防止などを目的とした研修会に臨む日本相撲協会の八角理事長(手前)ら=4日午後、両国国技館
写真を見る

 日本相撲協会は4日、東京都墨田区の両国国技館で暴力問題の再発防止などを目的とした「研修ウイーク」を開始し、力士や親方ら約900人の全協会員を対象に研修会を開いた。内容は非公開で、出席者によると、冒頭の講話で八角理事長(元横綱北勝海)が「危機感を持って、心も鍛えてほしい」などと訴えた。

 テーマに「協会員が守るべきこと」を掲げた。有識者による講義では、番付が下の力士も尊重する姿勢を持つことや、不祥事と真剣に向き合い、人ごととして捉えないことなどが伝えられた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]