横綱白鵬関「結果を待つだけ」 日本国籍取得へ動向注目

 春巡業で取材に応じる横綱白鵬関=17日午後、東京都大田区
春巡業で取材に応じる横綱白鵬関=17日午後、東京都大田区
写真を見る

 モンゴル国籍の離脱を同国政府に申請したことが判明し、日本国籍取得へと動きだした大相撲の横綱白鵬関(34)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、宮城野部屋=が17日、東京都大田区での春巡業で「あとは結果を待つだけだ」と語った。一方で「今この時点でこうだ、ああだと言うのは早い」と話すにとどめたが、第一人者の今後の動向に注目が集まりそうだ。

 外国出身力士が現役引退後、親方として日本相撲協会に残るには日本国籍が必要。白鵬関は以前から親方となる希望を口にしている。

 モンゴル出身で日本国籍を取得したのは、友綱親方(元関脇旭天鵬)らがいるが、大関以上はいない。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]