フリースタイル
連載

「フリースタイル」

「フリースタイル」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 9/21 6:00
スポーツ

五輪個人総合連覇、内村航平が取材直後に見せた忘れられない姿

リオデジャネイロ五輪でウクライナのオレグ・ベルニャエフ(左)に逆転優勝し、笑顔を見せる内村航平

 種目別の鉄棒に絞って東京五輪を狙う日本体操界初のプロ選手、内村航平(リンガーハット)=長崎県諫早市出身=が22日、全日本シニア選手権(群馬)でスペシャリストとしてのスタートを切る。劇的な展開で個人総合2連覇を果たした2016年のリオデジャネイロ五輪。

2020 7/25 6:00
アビスパ福岡

「今季の福岡は守備的」と判断するのは間違い 見えてきた長谷部監督「イズム」の断片

15日の磐田戦で選手に指示を出す福岡・長谷部監督(右)(撮影・栗木一考)

 アビスパ福岡サポーターの皆さん! 西スポでは新たな企画「行くぞ!アビスパ!」をスタートさせました。5年ぶりのJ1復帰へ燃えるチームは現在2連勝中で6位に浮上。

2020 4/27 10:32
陸上

MGC動かした36歳「東京五輪、あるかも」中本が求め続けた数十秒

MGCの男子で8位だった中本健太郎=19年

 画面に映る姿が大きくなるにつれ、私も思わず力が入った。31キロすぎ、最年長の36歳、中本健太郎(安川電機)が集団の先頭に立ってスタートから飛び出した設楽悠太(ホンダ)を追った。

2020 4/23 6:00
Jリーグ

深刻なJクラブの財務 過去に大分、福岡、鳥栖が経営危機に直面

経営危機だった2004年の試合後、前体制を批判し、新体制を激励する横断幕を掲げたサポーターにあいさつする鳥栖イレブン

 わずか2カ月前だった。2月22日、J1開幕戦の川崎-鳥栖戦の取材で等々力陸上競技場を訪れた。

2020 4/20 6:00
ソフトバンク

心一つに待つ「みんなとキャッチボール」が終わる時

「みんなとキャッチボールプロジェクト」動画より(NPB提供)

 プロ野球のオフシーズンに取材で何度も見てきた光景がある。チームの本拠地や自分の出身地など、多くの選手たちが各地の野球教室へ足を運ぶ。

2020 3/28 6:00
スポーツ

ソフト上野がよく口にする「神様」 1年延期、それぞれにとっての意味

上野由岐子

 ソフトボール女子日本代表のエース上野由岐子は、よく「神様」という言葉を口にする。2016年に膝の故障で長期離脱した時は「神様が休めって言ってくれているんだろうな」と振り返っていた。

2020 3/6 11:17
柔道

井上康生監督の涙で思い出した山下泰裕氏の言葉「本当にかわいそうなのは」

会見中、柔道の東京五輪代表選考で落選した選手のことを思い浮かべ、声を詰まらせる男子の井上康生監督(撮影・中村太一)

 2年前の秋にあった懇親会の席で、全日本柔道連盟(全柔連)会長で現在は日本オリンピック委員会の会長も務める山下泰裕氏からこんな話を聞いた。 「本当にかわいそうなのは五輪で負けた選手ではない。

2020 1/31 6:00
スポーツ

SNS全盛期に手書きで練習日誌 高校駅伝監督「字を見れば分かる」

写真はイメージです

 「目は口ほどにものを言う」と言うけれど、もっと雄弁に人の心を表すものがあることを取材で知りました。 昨年12月の全国高校駅伝で3位入賞を果たした筑紫女学園(福岡)。

2020 1/16 6:00
陸上

今や「厚底」一択…禁止の可能性で思い出す水着騒動

元日のニューイヤー駅伝4区で区間新の快走を見せたMHPS・井上。MGC後から厚底シューズを着用している

 1960年ローマ五輪の男子マラソンを制したアベベ(エチオピア)は、はだしで走った。そのアベベが60年後のレースを見たら、驚くだろうなぁ…。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング