まとめ

「中田久美」

「中田久美」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 8/3 11:00
バレー

荒木絵里香主将の姿、代表選手は必ず次につなげて/迫田さおり【女子バレー解説】

迫田さおりさん

 バレーボール女子1次リーグで、A組の日本はドミニカ共和国に1-3で敗れて1勝4敗となり、敗退が決まった。準々決勝に進めなかったのは1996年以来、25年ぶりの屈辱だった。

2021 8/2 22:21
バレー

女子バレー終戦、けがに泣いた古賀紗理那は涙 「歩けます」車椅子で退場後、深夜2時の直訴

古賀紗理那=5月撮影

 バレーボール女子で1次リーグ敗退となった日本でけがから復帰した古賀紗理那(NEC)=熊本県大津町出身=が奮闘した。ドミニカ共和国との同リーグ最終戦でチーム最多22得点と気を吐いた。

2021 8/2 22:08
バレー

女子バレー1次L敗退、中田久美監督は選手かばう 古賀紗理那の負傷は「想定していなかった」

バレーボール女子日本代表の中田久美監督

 バレーボールの女子1次リーグA組で日本はドミニカ共和国に1-3で屈して1勝4敗の5位となり、準々決勝進出を逃した。 中田久美監督の一問一答は以下の通り。

2021 7/3 6:00
バレー

迫田さおりさん、団結力武器にメダルを バレーボール女子日本代表にエール

ロンドン五輪銅メダリストの迫田さおりさん(スポーツビズ提供)

 バックアタックを武器に2012年ロンドン五輪で銅メダル獲得に貢献した迫田さおりさん(33)が東京五輪のコートに立つ女子日本代表にエールを送った。中田久美監督が「団結力を最大化するために」選出した12人中、8人が初代表ながら、過去最高の4位に入ったネーションズリーグ(NL)を通してメダルを狙える可能性を感じ取ったという。

2021 7/3 6:00
バレー

古賀紗理那、脱エース強調 把握した中田久美監督の意図 バレー女子東京五輪代表

バレーボールのネーションズリーグ女子3位決定戦でレシーブする古賀。後方は小幡(14)(国際バレーボール連盟提供・共同)

 東京五輪バレーボール女子日本代表の選手が2日、オンラインで会見し、2大会ぶりのメダル獲得への意気込みを語った。攻撃の要を担う古賀紗理那(NEC)=熊本県大津町出身=は「脱エース」を強調した。

2021 6/30 18:19
バレー

中田久美監督「世界一小さい日本が勝つためには…」この12人を選んだ理由

古賀紗理那(左)と小幡真子

 日本バレーボール協会は30日、東京五輪女子日本代表を発表し、初選出となるアタッカーの古賀紗理那(NEC)=熊本県大津町出身、2大会連続出場の石井優希(久光)ら12人が選ばれた。 リベロの小幡真子(JT)=熊本県上天草市出身=も初選出。

2021 6/21 10:00
バレー

最終選考の場、選手は葛藤とも闘いながら…元バレー代表・迫田さおりが見た現日本代表

5月1日に行われた国際親善試合・日本対中国戦でスパイクを打つ古賀紗理那(撮影・中村太一)

 好きな言葉は「心(こころ)」だという。バレーボール女子元日本代表のアタッカー、迫田さおりさんは華麗なバックアタックを武器に2012年ロンドン五輪での銅メダル獲得に貢献した。

2021 5/25 6:00
スポーツ

内村航平は「考えないようにしている」と…五輪動向に揺れる選手の心

国立競技場前に設置された五輪マークのモニュメント(撮影・軸丸雅訓)

 2020年から1年延期された東京五輪の開幕まで2カ月を切った。新型コロナウイルスの感染拡大は止まらず、開催に否定的な見方は広がる一方だ。

2021 5/2 6:00
バレー

バレー女子「一番の収穫」は長岡 3年ぶり代表戦で得点チーム2位

【女子・日本-中国】第3セット、スパイクを決める長岡望悠(撮影・中村太一)

 バレーボールの東京五輪テスト大会を兼ねた日本、中国の男女代表による国際親善試合が1日、東京・有明アリーナで行われた。日本男子はフルセットの末に競り勝ち、女子はストレートで敗れた。

2021 4/30 6:00
バレー

「私、鼻血が出てたの気付いてました?」新鍋理沙が驚いた長岡望悠の一言

笑顔でファンに手を振る久光・長岡=20年11月

 バレーボールの男女日本代表が5月1日(男子は同2日も)、東京五輪競技会場の東京・有明アリーナで同五輪テスト大会を兼ねた親善試合で中国と対戦する。 2012年ロンドン五輪銅メダリストで昨年6月の引退まで女子日本代表に入り、現在はVリーグ1部、久光スプリングスの運営会社「SAGA久光スプリングス」で所属アスリートを務める新鍋理沙さん(30)が西日本スポーツのインタビューに応じ、女子日本代表への期待や注目点などを語った。

2021 4/19 22:19
バレー

副主将任されても「まずはプレーで!」バレー日本代表古賀紗理那エースの自覚

古賀紗理那

 バレーボールの女子日本代表が19日、東京五輪シーズン開幕を前にオンラインで記者会見を行った。副主将に就任したアウトサイドヒッター古賀紗理那(NEC)=熊本県大津町出身=は東京五輪でのメダル獲得を目標に掲げた。

2021 4/19 19:10
バレー

バレー日本女子「わが道を行く」

 オンラインで記者会見するバレーボール女子日本代表の中田久美監督=19日

 バレーボールの女子日本代表が19日、東京五輪シーズン開幕前の記者会見をオンラインで開き、中田久美監督は「選手の力を十分発揮させられるように環境を整えるとともに、ベンチワークも含めて五輪のシミュレーションをしていきたい」と抱負を述べ、五輪でのメダル獲得を目標に掲げた。 「わが道を行く」をテーマとし、自ら進んでいく「我が道」、日本のオリジナルを追求する「和が道」、世界一の団結力の「輪が道」の三つの意味を持たせた。

2021 4/16 6:00
バレー

バレー日本代表古賀紗理那、目指す姿は「古賀に上げておけば」

昨年11月、福岡市民体育館での久光戦で快勝し笑顔で肘タッチを交わす古賀(2)らNECの選手たち

 バレーボール女子日本代表の古賀紗理那(NEC)=熊本県大津町出身=が、本紙のインタビューに応じ、残り100日を切った東京五輪への思いを語った。2月まで激闘が繰り広げられた今季のVリーグは総得点ランキングで日本人トップの3位となるなど絶好調で、3月に活動が始まった日本代表でも副主将に就任。

2021 3/17 17:42
バレー

バレー、中田監督「限界突破を」

 オンライン取材に応じるバレーボール女子日本代表の中田久美監督=17日

 バレーボール女子日本代表の中田久美監督が17日、合宿中の東京・味の素ナショナルトレーニングセンターでオンライン取材に応じ「メダルを獲得するためには、普通のことをやっていては難しい。世界に勝つための個人の武器の追求と、それに伴う限界の突破。

2020 12/5 16:20
バレー

石川真佑ら逸材ぞろい、バレー女子U20世界選手権Vメンバーが表彰

2019年7月にメキシコで行われたバレーボール女子の世界ジュニア選手権で初優勝を飾ったU-20(20歳以下)日本代表=FIVB提供

 スポーツ庁はこのほど、令和元年度文部科学大臣顕彰および表彰について発表し、バレーボールからは、2019年夏にメキシコで行われたバレーボール女子の世界ジュニア選手権で初優勝を飾ったU-20(20歳以下)日本代表が受賞した。国際大会で好成績を収めた選手や指導者に贈られるもの。

2020 9/18 6:00
バレー

元バレー代表・迫田さおり ぎりぎりの心と、生き残るための武器

2012年ロンドン五輪での迫田さおりさん

 コロナ禍で来夏に1年延期となった東京五輪。バレーボール女子日本代表は2012年ロンドン五輪以来のメダル獲得とお家芸復活を目指している。

2020 8/9 6:00
バレー

左膝大けが乗り越え代表復帰 女子バレー長岡望悠、五輪との距離感は

リモート取材に応じる長岡

 バレーボール女子日本代表の長岡望悠(久光)=福岡県みやま市出身=が8日、オンライン取材に応じ、近況を語った。左膝のけがを乗り越え、7月に代表に復帰したばかり。

2020 8/8 14:15
バレー

大けが乗り越え代表復帰 バレー長岡、延期決定時の東京五輪は「応援者の立場だった」

リモート取材に応じる長岡

 バレーボール女子日本代表の長岡望悠(久光)が8日、オンライン取材に応じ、近況を語った。 左膝の故障を乗り越え7月に代表へ追加招集されたばかり。

2020 7/31 16:53
バレー

中田久美監督「時間チャンスに」

 オンラインでの取材に応じるバレーボール女子日本代表の中田久美監督=31日

 バレーボール女子日本代表の中田久美監督が31日、オンラインで取材に応じ、新型コロナウイルスの影響による東京五輪1年延期について「時間をチャンスにしてしっかり準備するだけ」と語った。延期決定後、公の場で話すのは初めて。

2020 7/6 6:00
バレー

バレー女子・中田久美監督語る 現エース石井優希と、大林素子の違い

2月の合宿で選手に指示を出すバレーボール女子日本代表の中田監督

 バレーボール女子日本代表の中田久美監督が、6日に味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で再開する日本代表合宿を前にオンラインで本紙の単独インタビューに応じた。2016年リオデジャネイロ五輪代表のエースで約2年ぶりに代表復帰した長岡望悠(久光)=福岡県みやま市出身=や、1月まで3年間主将を務めた岩坂名奈(同)=福岡市出身=についても言及し、石井優希(同)と、古賀紗理那(NEC)=佐賀県吉野ケ里町出身=の両エース候補にはさらなる成長を期待。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング