まとめ

「清宮はどこへ? ドラフト特集」

「清宮はどこへ? ドラフト特集」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2017 10/27 6:03
ソフトバンク

ソフトB3位増田(横浜高) 長崎市出身

マスコットを手に笑顔がはじけるソフトバンクから3位指名の横浜高・増田

 会心の笑みだった。長崎市出身でもある横浜高の増田にとって“地元球団”からの指名。

2017 10/27 6:03
ソフトバンク

ソフトB4位椎野(国士舘大)「越後のダル」

ソフトバンクから4位指名を受け、ポーズをとる国士舘大の椎野

 「越後のダル」の悲願が成就した。国士舘大の椎野はソフトバンクの4位指名に「まずは(名前を)呼ばれることが一番だったので、うれしい」と端正なマスクをほころばせた。

2017 10/27 6:03
ソフトバンク

ソフトB5位田浦(熊本・秀岳館高) 先輩・九鬼とバッテリー組むぞ

ソフトバンクから5位指名を受けて胴上げされる秀岳館高の田浦

 ドクターKが故郷に帰ってくる。グラウンドもすっかり暗くなった午後7時前。

2017 10/27 6:03
ソフトバンク

ソフトB育成4位の早大・大竹「体鍛えて支配下に」 熊本・済々黌高出身

 育成4位で指名を受けた早大の大竹(熊本・済々黌高出身)は、プロ生活を見据えて気を引き締めた。済々黌高では2年夏、3年春に甲子園に出場。

2017 10/27 6:03
ソフトバンク

沖縄尚学高砂川はソフトB育成3位指名 「行くか分からない」

 育成3位で指名を受けた沖縄尚学高の砂川リチャードは「(支配下選手の)ドラフトでいきたかったですね」と笑顔は少なかった。188センチで100キロを超える大型スラッガー。

2017 10/27 6:00
西武

西武育成1位の高木が母と電話で号泣 福岡・真颯館高

西武から育成1位指名を受けて母との電話で涙を流す真颯館高の高木

 西武から育成1位で指名された真颯館高・高木渉外野手(17)は、練習後のグラウンド整備中に指名を知った。  同校のグラウンドで練習しながら指名を待ったが、名前が呼ばれないまま育成ドラフトへ。

2017 10/26 21:01
ソフトバンク

ソフトB工藤監督、1位吉住は「渡辺久信のよう」 「体に力とバネがある」

チームメートから肩車をされ、ホークスのスローガン「1(ワン)ダホー!」のポーズを取る、山形・鶴岡東高の吉住(中央)

◆プロ野球ドラフト会議(26日) 1位抽選でことごとく当たりに恵まれなかったソフトバンク工藤監督ながら、最終的に1位指名した右腕・吉住(鶴岡東高)の好素材にかつての盟友を重ね、期待を寄せた。 「ビデオも見ましたけど、すごく体に力とバネがあって、昔で言うと渡辺久信選手(現西武SD)のようにストレートで押していけるような投手だと僕自身は思っています」。

2017 10/26 21:00
ソフトバンク

SB工藤監督、酷な抽選 全て残りくじ引くも…清宮、安田、馬場外し1位は吉住

ドラフト1巡目で早実高・清宮を引き当てられず、会見で顔を覆う工藤監督

 ◆プロ野球ドラフト会議(26日) 「黄金の右」を誇るソフトバンク工藤監督にも、今回ばかりは酷な抽選となった。 1位入札1回目の清宮(早実高)は7球団が競合。

2017 10/26 21:00
ソフトバンク

ソフトバンク、外れ1位で鶴岡東高・吉住晴斗の交渉権獲得

撮影で笑顔を見せる吉住晴斗(鶴岡東高)

 ◆プロ野球ドラフト会議(26日) プロ野球のドラフト会議が東京都内で行われ、ソフトバンクは1位で鶴岡東高・吉住晴斗(3年)の交渉権を獲得した。 ソフトバンクは1回目の入札で早実高・清宮幸太郎(3年)、2回目で履正社高・安田尚憲(3年)、3回目で馬場皐輔(仙台大)を指名したが、いずれも抽選で外れた。

2017 10/26 21:00
ソフトバンク

早実・清宮は7球団競合 ソフトB、ロッテなどで抽選へ プロ野球ドラフト

早実高・清宮の交渉権を巡り、くじを引く工藤監督(中央)

 ◆プロ野球ドラフト会議(26日) プロ野球のドラフト会議が東京都内で行われ、ソフトバンクは高校通算111本塁打の早実高・清宮幸太郎内野手(3年)を指名した。ロッテ、ヤクルト、日ハム、巨人、楽天、阪神と計7球団で競合し、抽選となった。

2017 10/26 18:35
西武

西武・渡辺SDの「ゴッドハンド」不発… オリと競合田嶋の交渉権獲得ならず 外れ1位で明大左腕の斉藤を指名

ドラフト1位指名後、インタビューに応じる西武・辻監督

 ◆プロ野球ドラフト会議(26日) 西武渡辺シニアディレクター(SD)の「ゴッドハンド」は不発に終わった。 オリックスとの2球団競合となったJR東日本、田嶋大樹投手(21)の交渉権獲得はならなかった。

2017 10/26 6:00
ソフトバンク

今季ブレーク上林は13年4位 ソフトBここ2年は工藤監督「黄金の右」で連勝中

笑顔でガッツポーズするソフトバンク4位の仙台育英高・上林=2013年

 【ソフトバンクのドラフト履歴〈3〉】 クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージを2連敗後の3連勝で突破したソフトバンクは、DeNAとの日本シリーズの前に、26日のドラフト会議に臨む。今年は競合覚悟で清宮(早実高)の1位指名が最有力。

2017 10/26 6:00
ソフトバンク

ソフトB1位は清宮 王会長育てたい 超異例の前日公表

報道陣に囲まれながら、ドラフト編成会議の会場を後にする王会長

 「世界の王」が育てる!! 福岡ソフトバンクの王貞治球団会長(77)が、26日のドラフト会議で高校通算111本塁打の早実高・清宮幸太郎内野手(3年)を1位指名することを公表した。25日に東京都内で行われた編成会議後に明言したもの。

2017 10/26 6:00
ソフトバンク

“2連勝中”のソフトB工藤監督 「行って、引いて、帰ってきます」

 くじ引きの大役を担う工藤監督は、運を天に任せる。くじの順番は今季の交流戦で勝ち越したパ・リーグに優先権があり、ホークスは全体11番目。

2017 10/26 6:00
ソフトバンク

ソフトB外れ1位候補は東(立命大)、岩見(慶大)ら

立命大の東克樹投手

 外れ1位候補には関西学生リーグで2度の無安打無得点試合を達成した立命大の最速152キロ左腕、東克樹投手やヤマハの最速157キロ右腕、鈴木博志投手の名前が挙がっているもようだ。一方、野手では東京六大学リーグで歴代3位の通算21本塁打をマークしている慶大の岩見雅紀外野手の評価も高い。

2017 10/25 18:20
ソフトバンク

ソフトB1位は清宮 王会長認める…クジ引きは工藤監督に一任 26日ドラフト

報道陣に囲まれながら、ドラフト編成会議の会場を後にする王会長

 ソフトバンクは、26日のドラフト会議で高校通算111本塁打の早実高・清宮幸太郎内野手(3年)を1位指名する方針を明らかにした。 25日は東京都内のホテルで、ドラフト前日のスカウト会議を実施。

2017 10/25 6:00
ソフトバンク

佑ちゃん外して柳田・千賀・甲斐…7年前はゴールドラッシュ ソフトBドラフト特集

秋山監督(当時)のサイン色紙を手に、ソフトバンク若井スカウト(右)と笑顔の広島経大・柳田=2010年

 【ソフトバンクのドラフト履歴〈2〉】 クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ2連敗から3連勝で突破したソフトバンク。日本シリーズの相手はセ・リーグ3位からCSを突破したDeNAに決まった。

2017 10/24 6:03
ソフトバンク

ソフトB、秀岳館の魔球サウスポー田浦に照準 U18W杯で29K あさってドラフト

 地元の逸材左腕は渡さん! 福岡ソフトバンクが、26日のドラフト指名候補選手として秀岳館高(熊本)の最速148キロ左腕、田浦文丸投手(3年)をリストアップしていることが23日、分かった。3季連続甲子園で4強入りした強豪の主戦格として活躍。

2017 10/24 6:00
ソフトバンク

陽岱鋼、大嶺祐太、中田翔、大田泰示…4人に共通することって? ドラフト特集

当初はソフトバンクが交渉権を得たと発表され、ホッとして涙を流した福岡第一高・陽仲寿(現陽岱鋼)だったが…=2005年

 【ソフトバンクのドラフト履歴〈1〉】 クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージを2連敗後の3連勝で突破したソフトバンクは、日本シリーズの前に、26日のドラフト会議に臨む。今秋は競合覚悟で清宮(早実高)の1位指名が最有力。