まとめ

「高校バスケットウインターカップ」

2019 4/9 6:00
バスケ

「王国」福岡3校出場も 高校バスケウインターカップ出場枠拡大へ 公立・直方にもチャンス

3月、招待制の全国大会「KAZUCUP」の予選リーグ、日大東北に勝利し盛り上がる直方の選手たち

 毎年冬に東京都内で開かれる高校バスケットボールの全国選手権大会「ウインターカップ(WC)」で、今年から“バスケ王国”の福岡県の男子が最大3校出場する可能性が出てきた。夏の全国総体「インターハイ(IH)」の参加校を現在の男女各59校から男子53校、女子51校に減らす一方で、WCの出場枠を男女各50校から60校に増やすもの。

2019 4/9 6:00
バスケ

WC・福岡勢が3大会連続決勝進出

 毎年冬に東京都内で開かれる高校バスケットボールの全国選手権大会「ウインターカップ(WC)」で、今年から“バスケ王国”の福岡県の男子が最大3校出場する可能性が出てきた。夏の全国総体「インターハイ(IH)」の参加校を現在の男女各59校から男子53校、女子51校に減らす一方で、WCの出場枠を男女各50校から60校に増やすもの。

2019 4/9 6:00
バスケ

福岡第一 W主将で夏冬2冠照準

チームキャプテンとして福岡第一を引っ張る小川麻斗

 毎年冬に東京都内で開かれる高校バスケットボールの全国選手権大会「ウインターカップ(WC)」で、今年から“バスケ王国”の福岡県の男子が最大3校出場する可能性が出てきた。夏の全国総体「インターハイ(IH)」の参加校を現在の男女各59校から男子53校、女子51校に減らす一方で、WCの出場枠を男女各50校から60校に増やすもの。

2018 12/30 6:00
バスケ

福岡第一が圧倒 2大会ぶり3度目の王座奪還 宿敵・大濠との約束果たし「バスケ王国・福岡」証明

ウインターカップで2大会ぶり3度目の優勝を決め、歓喜の福岡第一の選手たち

 約束の完勝V! バスケットボールの全国高校選手権大会(ウインターカップ)最終日は29日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、男子決勝は福岡第一が中部大第一(愛知)に85-42で圧勝し、2大会ぶり3度目の優勝(2016年までの全国高校選抜優勝大会を含む)を飾った。エースの松崎裕樹主将(3年)と司令塔の河村勇輝(2年)のU-18(18歳以下)日本代表コンビを軸にした盤石の攻守で、全国総体準優勝の中部大第一を寄せ付けなかった。

2018 12/30 6:00
バスケ

2年生の司令塔・河村、攻守で大暴れ ベスト5入りも「物足りない」 チーム初の連覇誓う

表彰式を終え笑顔の福岡第一・松崎(右)と河村

 ◆バスケットボールSoftBankウインターカップ全国高校選手権・男子決勝 福岡第一85-42中部大第一(29日・武蔵野の森総合スポーツプラザ) 2年生の司令塔、河村が攻守で大暴れした。スピードに乗ったドリブルで切れ込むなど攻撃の起点となり16得点。

2018 12/30 6:00
バスケ

最強の5人衆を信じ抜いて……井手口監督「あと5年バスケに専念したい」

選手たちに胴上げされる福岡第一・井手口監督

 ◆バスケットボールSoftBankウインターカップ全国高校選手権・男子決勝 福岡第一85-42中部大第一(29日・武蔵野の森総合スポーツプラザ)■試合中涙こらえ 派手なガッツポーズはなかった。大喜びする選手を横目に、福岡第一の井手口孝監督はスタッフと固い握手を交わした。

2018 12/30 6:00
バスケ

保護者ら200人歓喜 「重圧のなか、よく頑張った」

優勝した福岡第一の選手たちに拍手を送る応援団

 ◆バスケットボールSoftBankウインターカップ全国高校選手権・男子決勝 福岡第一85-42中部大第一(29日・武蔵野の森総合スポーツプラザ) 会場内の福岡第一の応援席では保護者や卒業生、学校関係者ら約200人が喜びを分かち合った。松崎主将の父、清明さんは「重圧もあったと思うけれど、周囲に支えられてよく頑張った」と目を細めた。

2018 12/29 13:52
バスケ

高校バスケ福岡第一が2年ぶりV 夏のインターハイ初戦敗退から返り咲き

第1クオーター、ドリブルで持ち込む福岡第一・小川

 ◆バスケットボールSoftBankウインターカップ全国高校選手権・男子決勝 福岡第一85-42中部大第一(29日・武蔵野の森総合スポーツプラザ) 福岡第一が全国総体準優勝の中部大第一(愛知)を破り、2大会ぶり3度目(2016年までの全国高校選抜優勝大会を含む)の優勝を果たした。 福岡第一は第1クオーター(Q)で16-12とリードを奪うと、その後も松崎裕樹主将(3年)、河村勇輝(2年)のU-18(18歳以下)日本代表コンビを軸に着実に得点を重ねた。

2018 12/29 6:00
バスケ

福岡第一逆転V王手 初の大台超え103点 高校バスケットウインターカップ

第4クオーター、桜丘のエース富永を囲みボールを奪いに行く福岡第一の選手たち

 王座奪還へ、あと1勝! バスケットボールの全国高校選手権(ウインターカップ)は28日、東京都調布市の武蔵野の森スポーツプラザで男子の準決勝があり、福岡第一が桜丘(愛知)に103-72で快勝して、2大会ぶり3度目の優勝(2016年までの全国高校選抜優勝大会を含む)に王手をかけた。第2クオーター(Q)を46-48で折り返したが、後半に相手を圧倒。

2018 12/28 6:00
バスケ

福岡第一ベスト4進出 準決勝は桜丘戦/全国高校バスケ

第2クオーター、シュートを放つ福岡第一・小川

 バスケットボールの全国高校選手権大会(ウインターカップ)は27日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで男子の準々決勝と女子の準決勝を行った。男子で2大会ぶり3度目の優勝(前身の全国高校選抜優勝大会を含む)を狙う福岡第一が86-63で東海大諏訪(長野)を破った。

2018 12/27 6:00
バスケ

福岡第一、準々決勝に進出 U18河村が27得点の活躍/全国高校バスケ

3回戦で飛龍を破り、喜びを爆発させる河村勇輝(手前右端)、松崎裕樹(同から2人目)ら福岡第一の選手たち

■93-56 飛龍を圧倒 Vへ加速! バスケットボールの全国高校選手権大会(ウインターカップ)は26日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、男子の3回戦では2大会ぶり3度目の優勝(前身の全国高校選抜優勝大会を含む)を狙う福岡第一が93-56で飛龍(静岡)を退け、九州・沖縄勢で男女を通じて唯一準々決勝に進出した。U-18(18歳以下)日本代表のポイントガード(PG)河村勇輝(2年)が3本の3点シュートを成功させるなど両チーム最多の計27得点の活躍。

2018 12/27 6:00
バスケ

九州学院、ベスト8の「壁」/全国高校バスケ

報徳学園に敗れ肩を落とす九州学院の選手たち

 九州学院がベスト8の「壁」にはね返された。208センチのコンゴ人留学生センターを擁する報徳学園との登録選手の平均身長差は約7センチ。

2018 12/27 6:00
バスケ

延岡学園、第4Qに力尽く 暴行問題で揺れた1年/全国高校バスケ

第3クオーター、シュートを決める延岡学園・米沢

 延岡学園は激闘の末に散った。全国総体4強の東海大諏訪に第3Qで59-60の接戦も最終4Qに力尽きた。

2018 12/26 6:12
バスケ

福岡第一が圧勝発進 難敵東山を“連破/全国高校バスケ

第3クオーター、シュートを決める福岡第一・松崎

 バスケットボールの全国高校選手権大会(ウインターカップ)は第3日の25日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで男子の2回戦と女子の3回戦を行った。男子は、2大会ぶり3度目の優勝(前身の全国高校選抜優勝大会を含む)を目指す福岡第一が登場し、東山(京都)を83-54で破った。

2018 12/26 6:00
バスケ

延岡学園「シュウト」躍動 得意速攻30得点/全国高校バスケ

第4クオーター、シュートを決める延岡学園・千々岩

 男子の延岡学園が危なげなく3回戦進出を決めた。1点リードでの折り返しも第3Q以降に地力を発揮。

2018 12/26 6:00
バスケ

創部4年目で初出場 別府溝部学園は能代工に惜敗/全国高校バスケ

2回戦で敗退、肩を落とす別府溝部学園の選手

 創部4年目で初のウインターカップ出場を果たした男子の別府溝部学園が散った。能代工との目まぐるしい攻防もあと一歩及ばなかった。

2018 12/26 6:00
バスケ

精華女子、無念の涙 延長力尽きる/全国高校バスケ

第4クオーター、試合終了間際に同点の3ポイントシュートを決める精華女子・三浦(右)

 精華女子の粘りも8強には届かなかった。U-18(18歳以下)日本代表の奥山を擁し、先発選手の平均身長で9センチも上回る八雲学園の高さに速攻と運動量で対抗。

2018 12/26 6:00
バスケ

長崎勢は男女とも敗退 全国高校バスケ

2回戦で敗退し、うつむく長崎西の選手たち

 長崎県勢は男女ともに姿を消した。男子の長崎西は八王子学園八王子(東京)と対戦し、最終Qに追い上げたが、力尽きた。

2018 12/25 6:00
バスケ

精華女子が3回戦へ 日本代表の三浦がチーム最多の25得点/全国高校バスケ

第1クオーターにシュートを決める精華女子・三浦舞華

 バスケットボールの全国高校選手権大会(ウインターカップ)は第2日の24日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで男子の1回戦残り試合と女子の2回戦を行った。女子は3度目の出場で初の8強入りを狙う精華女子(福岡)がU-17(17歳以下)日本代表の三浦舞華(2年)の活躍もあり、奈良文化に62-57で勝ち、長崎女子も昌平(埼玉)に競り勝った。

2018 12/19 11:23
バスケ

精華女子、キーマンはU17三浦 父は能代工でV/全国高校バスケ

得点源として期待がかかる精華女子の三浦(中央)

 キーマンは2年生!! バスケットボールの第71回全国高校選手権大会(ウインターカップ)が23日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕する。2大会連続で出場する精華女子(福岡)はベスト8進出が目標。

PR

PR

注目のテーマ