まとめ

「高校バスケットウインターカップ」

「高校バスケットウインターカップ」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 10/19 18:21
バスケ

バスケウインターカップ開催決定 出場チーム選出概要も発表

福岡第一と福岡大大濠の「福岡対決」となった昨年の決勝

 日本バスケットボール協会は19日、全国高校選手権(ウインターカップ)の開催を決定し、概要を発表した。12月23~29日、東京都の東京体育館と武蔵野の森総合スポーツプラザで行われる。

2019 12/30 6:00
バスケ

福大大濠の横地「自分たちの努力の証し」涙の3P 全国高校バスケ

第4クオーター、シュートを決める福岡大大濠・横地聖真(撮影・伊東昌一郎)

 かすむ視線の先でゴールネットが揺れた。と、同時に敗戦を告げる無情のブザーが鳴った。

2019 12/30 6:00
バスケ

福岡第一の井手口監督「負けたらやめるつもりだった」

選手たちに胴上げされ、宙を舞う井手口孝監督

 福岡第一の井手口孝監督にとって感慨深い連覇となった。「25年(監督を)やって、やっとここまで来ることができた」。

2019 12/30 6:00
バスケ

河村、集大成見せた W主将が躍動 福岡第一

第4クオーター、逆サイドにロングパスを出す福岡第一・河村勇輝(左)

 歓喜の抱擁はライバルが相手だった。福岡第一の河村は勝利の直後、福岡大大濠の選手たちと健闘をたたえ合った。

2019 12/30 6:00
バスケ

福岡第一が連覇 史上初福岡対決制す 高校バスケットウインターカップ

決勝戦を終え、記念写真に納まる福岡第一と福岡大大濠の選手たち(撮影・伊東昌一郎)

 バスケットボールの全国高校選手権(ウインターカップ、WC)は29日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで男子の決勝があり、福岡第一が75-68で福岡大大濠に勝ち、2年連続4度目(2016年度大会までの全国高校選抜優勝大会を含む)の優勝を飾った。史上初となった福岡県勢同士の決勝を制した福岡第一は河村勇輝(3年)と小川麻斗(同)のダブル主将がチームを引っ張り、全国総体との2冠を達成するとともに、令和初の王者となった。

2019 12/30 6:00
バスケ

福岡第一の今大会VTR

 ▼2回戦(初戦) 硬さから第1Qにリードを許す想定外の展開も最後は地力の差を見せつけた。高精度のシュート力でチーム最多30得点の河村主将は「慎重になりすぎた」と反省の弁。

2019 12/27 6:00
バスケ

連覇狙う福岡第一、貫禄の圧勝 河村主将「自分に厳しくマーク」

第3クオーター、リバウンドを取る福岡第一・河村勇輝(撮影・安藤由華)

 連覇を狙う福岡第一は貫禄の圧勝だった。序盤から正確なシュートを決めて点差を広げ、中盤以降には控えメンバーを次々と投入。

2019 12/27 6:00
バスケ

延岡学園8強入り スーツ姿の25歳監督、母校に快勝

得点を重ね笑顔を見せる延岡学園・楠元監督(撮影・冨永豊)

 スーツ姿の青年監督が静かに喜びをかみしめた。延岡学園を率いる25歳の楠元龍水監督は、自身の母校尽誠学園に競り勝っての8強入りに「敬意を持って試合に臨んだ。

2019 12/27 6:00
バスケ

精華女子初4強届かず、大上監督「敗者ではない」

シュートを放つ精華女子・三浦舞華

 精華女子は初の4強に届かなかった。中盤まで接戦ながら、今夏の全国総体を制した桜花学園に地力の差を見せつけられた。

2019 12/27 6:00
バスケ

小林・前村監督「満点のゲーム」敗戦も有言実行

岐阜女子に敗れ、悔しがる小林の選手たち

 女子の小林の選手たちは試合後、晴れやかな表情を見せた。全国総体準優勝の岐阜女子に総合力の高さを見せつけられたが、1対1からの果敢な突破など随所で光るプレーを見せた。

2019 12/27 6:00
バスケ

九州学院「かなわない、という感じだった」九州対決で福岡第一に敗退

肩を落とす九州学院の選手たち

 男子の九州学院は福岡第一の圧倒的な攻撃力の前に屈した。45点差での大敗に、跡部主将は「(相手が)強いのは分かっていたこと。

2019 12/27 6:00
バスケ

福岡大大濠8強、横地がダブルダブル 同点ハーフタイムに刺さる言葉

第1クオーター・シュートを決める福岡大大濠・横地聖真(撮影・伊東昌一郎)

 バスケットボールの全国高校選手権(ウインターカップ)は26日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで男子の3回戦と女子の準々決勝を行った。男子は九州勢3校が8強入り。

2019 12/24 11:44
バスケ

福岡大大濠快勝も監督は辛口「10点」バスケウインターカップ

【男子1回戦・福岡大大濠―海部】第1クオーター、ドリブルで攻め込む福岡大大濠・西田公陽(左)(撮影・中村太一)

 男子の福岡大大濠は100点ゲームで初戦を突破した。序盤から圧勝ムードながら、片峯監督はチームの出来について「10点くらい。

2019 12/24 11:30
バスケ

精華女子、U18代表三浦が最多31得点 バスケウインターカップ

第1クオーター、ドリブルで攻め込む精華女子・樋口鈴乃(左)

 3年連続出場の精華女子は、昨年延長の末に敗れた相手の八雲学園に100点ゲームで雪辱した。U-18(18歳以下)日本代表の三浦が両チーム最多の31得点をマーク。

2019 12/24 6:00
バスケ

東海大福岡「足袋トレ」効果で初出場初勝利 バスケウインターカップ

2回戦進出を決め喜ぶ東海大福岡の選手たち(撮影・大泉謙也)

 バスケットボールの全国高校選手権(ウインターカップ)は23日に開幕し、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザなどで男子の1回戦の一部と女子の1回戦を行った。女子では、初出場の東海大福岡が、過去に優勝経験を持ち、今夏の全国総体で8強入りした札幌山の手(北海道)を85-72で破り、大会初勝利を飾った。

2019 4/9 6:00
バスケ

「王国」福岡3校出場も 高校バスケウインターカップ出場枠拡大へ 公立・直方にもチャンス

3月、招待制の全国大会「KAZU CUP」の予選リーグ、日大東北に勝利し盛り上がる直方の選手たち

 毎年冬に東京都内で開かれる高校バスケットボールの全国選手権大会「ウインターカップ(WC)」で、今年から“バスケ王国”の福岡県の男子が最大3校出場する可能性が出てきた。夏の全国総体「インターハイ(IH)」の参加校を現在の男女各59校から男子53校、女子51校に減らす一方で、WCの出場枠を男女各50校から60校に増やすもの。

2019 4/9 6:00
バスケ

WC・福岡勢が3大会連続決勝進出

 毎年冬に東京都内で開かれる高校バスケットボールの全国選手権大会「ウインターカップ(WC)」で、今年から“バスケ王国”の福岡県の男子が最大3校出場する可能性が出てきた。夏の全国総体「インターハイ(IH)」の参加校を現在の男女各59校から男子53校、女子51校に減らす一方で、WCの出場枠を男女各50校から60校に増やすもの。

2019 4/9 6:00
バスケ

福岡第一 W主将で夏冬2冠照準

チームキャプテンとして福岡第一を引っ張る小川麻斗

 毎年冬に東京都内で開かれる高校バスケットボールの全国選手権大会「ウインターカップ(WC)」で、今年から“バスケ王国”の福岡県の男子が最大3校出場する可能性が出てきた。夏の全国総体「インターハイ(IH)」の参加校を現在の男女各59校から男子53校、女子51校に減らす一方で、WCの出場枠を男女各50校から60校に増やすもの。

2018 12/30 6:00
バスケ

福岡第一が圧倒 2大会ぶり3度目の王座奪還 宿敵・大濠との約束果たし「バスケ王国・福岡」証明

ウインターカップで2大会ぶり3度目の優勝を決め、歓喜の福岡第一の選手たち

 約束の完勝V! バスケットボールの全国高校選手権大会(ウインターカップ)最終日は29日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、男子決勝は福岡第一が中部大第一(愛知)に85-42で圧勝し、2大会ぶり3度目の優勝(2016年までの全国高校選抜優勝大会を含む)を飾った。エースの松崎裕樹主将(3年)と司令塔の河村勇輝(2年)のU-18(18歳以下)日本代表コンビを軸にした盤石の攻守で、全国総体準優勝の中部大第一を寄せ付けなかった。

2018 12/30 6:00
バスケ

2年生の司令塔・河村、攻守で大暴れ ベスト5入りも「物足りない」 チーム初の連覇誓う

表彰式を終え笑顔の福岡第一・松崎(右)と河村

 ◆バスケットボールSoftBankウインターカップ全国高校選手権・男子決勝 福岡第一85-42中部大第一(29日・武蔵野の森総合スポーツプラザ) 2年生の司令塔、河村が攻守で大暴れした。スピードに乗ったドリブルで切れ込むなど攻撃の起点となり16得点。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング