まとめ

「嘉弥真新也」

2019 8/22 6:00
ソフトバンク

ソフトバンクまさかの投壊14失点 工藤監督「申し訳ない」

6回2死二塁、若月に右前適時打を浴びる松田遼

 試合前から柳田の復帰に大きく沸いた観客席から、最後はため息が漏れた。2点リードの6回から、スコアボードに刻まれたオリックスの得点は「3→4→4→1」。

2019 8/21 21:27
ソフトバンク

柳田復帰もソフトバンクM灯お預け 今季最悪の大敗

7回2死二、三塁、オリックス・小田に3ランを浴びた高橋純

 ソフトバンクはともに今季ワーストの14失点、10点差で最下位オリックスに大敗。優勝マジック点灯はお預けとなった。

2019 8/21 6:00
ソフトバンク

ソフトバンク岩崎1軍復帰 2度の手術乗り越え「若い子見ると焦りあった」

投手練習に参加し、笑顔の岩崎

 「投」のタイトルホルダーもカムバック! 岩崎翔投手(29)が20日、ヤフオクドームで行われた1軍投手練習に参加した。21日に昇格する見込みで、昨年4月以来約1年4カ月ぶりの戦列復帰となる。

2019 8/14 6:00
ソフトバンク

ソフトバンク2年目高橋礼10勝 1年目0勝から大躍進

10勝目を挙げ、ポーズをとる高橋礼

 球界の希少種が2年目で早くも2桁到達! 高橋礼投手(23)が7回途中無失点の好投で今季10勝目を挙げた。2回無死満塁を切り抜けるなど、走者を出しながらも粘りの投球で楽天打線を封じた。

2019 8/12 18:00
ソフトバンク

ソフトバンク甲斐野KK火消し 幕張寿司の味忘れず

ソフトバンク・甲斐野

 一打同点のピンチで登板したソフトバンク甲斐野が、相手に傾きかけた流れを引き戻した。 2点リードの7回に登板した嘉弥真が1死二、三塁とされ、甲斐野が火消しの任を負った。

2019 7/31 6:00
ソフトバンク

どうした?デスパイネ 試合中に異変「フラフラする」 1打席で交代

2回無死、空振り三振に倒れたデスパイネ

 どうしたデスパイネ!! 先制した試合では勝率7割超の強さを見せていた工藤ホークスが、1点を先制した直後の4回に逆転を許して敗れた。柳田や中村晃ら主力を故障で欠き、キューバ代表に合流中のグラシアルも不在の打線は迫力不足が否めず、頼みの4番デスパイネも4回の第2打席で代打を送られて交代。

2019 7/17 21:12
ソフトバンク

劣勢で甲斐キャノンもリクエストで判定覆り「えぇー」

7回1死一塁、打者近藤のとき、一走西川の二盗を許した甲斐。二塁アウトの判定がリプレー検証で覆った

 4点差の状況で、ソフトバンクの捕手・甲斐と日本ハムの西川が火花を散らした。 日本ハム4点リードの7回1死、打者・近藤が投手・嘉弥真の初球ストレートを見逃したところで、一塁走者の西川がスタート。

2019 7/10 10:28
ソフトバンク

高橋純が好投「とても大きい」/工藤監督一問一答 7.9西武戦

西武に連勝し、グラシアル(27)らナインをねぎらう工藤監督

 -高橋礼は5回で降板。 「100球ぐらいで考えようかという話はしていた。

2019 7/10 6:00
ソフトバンク

ソフトバンク救援力全開0封リレー 工藤監督「非常に大きい」

西武に連勝し、喜ぶ投手陣。(左から)甲斐野、高橋礼、高橋純、加治屋、嘉弥真

 前日8日に今季両リーグ最長タイの5時間21分の激戦を制した福岡ソフトバンクが、初回の福田の2ランと上林の適時打による3点だけで競り勝った。「西武キラー」を襲名した先発の高橋礼が5回2失点と粘り、4人の救援陣も6回以降を零封リレー。

2019 7/9 22:41
ソフトバンク

工藤采配の妙 構わず早期継投、甲斐代えず独走7差

西武に連勝し、グラシアル(27)らナインをねぎらう工藤監督

 首位ソフトバンクが連勝し、2位とのゲーム差を今季最大の「7」まで広げた。 工藤監督は、先発の高橋礼を5回91球、7安打2失点で交代。

2019 7/9 21:09
ソフトバンク

ブルペン窮地でソフトバンク急造リレーが1点差死守

6回、2番手で登板し1イニング無失点の高橋純

 ソフトバンクが逃げ切り、球宴前最後のカードも勝ち越しを決めた。 先発の高橋礼が初回に1点を先制されたものの、その裏無死一塁で福田の2ランで逆転。

2019 7/8 6:00
ソフトバンク

ソフトバンク嘉弥真、同点2点打浴び「申し訳ない」

8回2死二、三塁、同点の中前2点適時打を浴びる嘉弥真

 2番手の嘉弥真が今季2敗目を喫した。2点リードの8回2死二、三塁で、左打者福田を迎えた場面で登場。

2019 7/8 6:00
ソフトバンク

ソフトバンク8年ぶり10連勝ならず 工藤監督「私のミス」

8回2死満塁、オリックス・マレーロに走者一掃の二塁打を浴び、うつむく椎野(左から2人目)

 七夕に思い知らされた継投の難しさ…。工藤ホークス初の2桁連勝は一昨年、昨年に続いてお預けとなった。

2019 7/8 6:00
ソフトバンク

8回継投「難しい」悔やみ節/工藤監督一問一答 7.7オリックス戦

10連勝を逃し、ベンチで腕組みしながら、ぼうぜんとする工藤監督(左から2人目)

-松本裕が8回途中で降板するまでゼロに抑える好投を見せた(記録は2失点)。 いい投球をしてくれて、何とか勝ちたいと思っていたが。

2019 7/7 16:30
ソフトバンク

ソフトバンクお返しされた 10連勝目前で逆転負け

8回2死二、三塁、オリックス・福田が放った打球を中堅・釜元がダイレクトで捕球したかのように見え、工藤監督がアウトをアピール

 ソフトバンクが終盤に試合をひっくり返されて球団8年ぶりの10連勝を逃した。 初回に内川の二塁打で先制。

2019 6/27 6:00
ソフトバンク

交流戦Vソフトバンクが抱える課題/斉藤和巳氏の目

交流戦でそれぞれ3試合に先発した千賀(左)、大竹(右上)、高橋礼

 プロ野球は交流戦が終了し28日からリーグ内の対戦が再開する。パ・リーグは上位4チームが3ゲーム差内にひしめく大混戦。

2019 6/24 6:00
ソフトバンク

ワンポイント登板で丸封じ ソフトバンク嘉弥真

6回無死、巨人・丸を遊ゴロに抑えた嘉弥真

 嘉弥真(6回、先頭の3番丸を迎えてワンポイント登板。3日連続の対戦で遊ゴロに打ち取り、計3打数1安打)「本当にいい打者なので、コントロールミスだけは気を付けた。

2019 6/24 6:00
ソフトバンク

柳田不在、続々離脱 ソフトバンクはどう交流戦を制したか

2年ぶり8度目の交流戦優勝決め、スタンドのファンにあいさつするソフトバンクナイン

 終わってみれば2年ぶり、12球団最多8度目の交流戦制覇を果たしたソフトバンク。だが優勝を決めた巨人との最終戦、23日の出場選手登録を見ると、野手では柳田、中村晃、今宮、投手でも東浜、森ら、多くの主力を欠いての幕切れだった。

2019 6/23 16:20
ソフトバンク

決戦で采配的中 ソフトバンク交流戦15年で8度目V

1回無死、先頭打者本塁打の福田(37)を出迎える工藤監督(左から3人目)

 勝った方が優勝の一戦をソフトバンクが制し、2年ぶり8度目の交流戦制覇を果たした。 プロ初二塁スタメンの1番福田が、初回に巨人先発の菅野からプロ初の先頭打者本塁打。

2019 6/22 17:14
ソフトバンク

ソフトバンクが巨人に大敗 交流戦V持ち越し23日決戦

3回2死一、三塁、巨人・岡本に2点適時二塁打を浴び顔をしかめる高橋礼

 ソフトバンクは勝てば交流戦優勝が決まる状況だったが、巨人に大敗。優勝決定は23日に持ち越しとなった。

PR

PR

注目のテーマ