まとめ

「外崎修汰」 (34ページ目)

「外崎修汰」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2017 11/18 6:00
西武

稼頭央「鳥肌」15年ぶりレオの7番

渡辺SDが手にする背番号7のユニホームに武者震いする松井稼(左)

 古巣のユニホームに再び身を包んだ。42歳とは思えない引き締まった体に、背中の「MATSUI 7」がまばゆく映えた。

2017 11/17 10:00
西武

侍・山川さすが4番!! 稲葉ジャパン1号

 4番の意地を乗せた打球が鋭く伸びた。3点を追う6回無死一塁。

2017 11/14 6:00
西武

侍打線6番「トノさま」が存在感 西武・外崎2適時打

2回1死一塁、右中間に適時三塁打を放つ外崎

 侍打線にトノさまが効いている。2戦続けて6番で先発した外崎(とのさき)が2適時打など内容ある打席を重ねた。

2017 11/13 6:00
西武

侍・外崎、作戦きっちり遂行 指揮官の評価も◎

2回無死二塁、右前打を放つ外崎

 6番左翼で先発した外崎がミッションを完璧に遂行した。2回無死二塁で右前打を放ち一、三塁に好機を拡大。

2017 11/12 6:00
西武

侍・源田 井端コーチから“名人の心得”

 源田が名人の心得を授かった。全体練習後の二遊間特守。

2017 10/18 6:00
西武

西武・源田らフェニックスL参加

 西武は17日、宮崎で行われている秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」に合流する選手を発表した。19日から高橋光、多和田、高橋朋、今井、森ら13人、22日からは源田、山川、外崎が加わる。

2017 10/17 6:00
西武

炎獅子まさか寒敗 2日連続打線振るわず終戦

1回2死三塁、西武・山川は三振に倒れる

 見えていたはずの福岡への道が閉ざされた。本拠地での終戦。

2017 10/12 18:39
西武

侍・稲葉監督初陣に西武から最多の5人 23発山川「長打で外国にチャレンジ」

11月の大会に臨む侍ジャパンに選出された山川と源田

 「アジアプロ野球チャンピオンシップ」(11月16~19日、東京ドーム)の日本代表メンバーに、西武から最多の計5選手が選出された。多和田真三郎(24)、平井克典(25)の2投手に、山川穂高(25)、源田壮亮(24)、外崎修汰(24)の3内野手。

2017 9/15 6:00
西武

西武・辻監督続投へ 全日程終了後に正式発表

15勝目を挙げ、辻監督(左)にねぎらわれる西武・菊池

 西武の辻発彦監督(58)が来季も続投することが14日、分かった。2年契約の1年目の今季、2位だった2013年以来、4年ぶりのAクラス入りをほぼ確実にしている手腕を評価。

2017 9/2 6:00
西武

西武3連勝 3回5連続適時打

山川中前同点打

 神戸の夜空に心地よい快音が響き続けた。1点を先制された直後の3回。

2017 8/20 6:00
西武

西武・富士大3兄弟で楽天と1.5差 16年ドラ1多和田、連続完封

ガッツポーズする2試合連続完封で5勝目を挙げた西武・多和田

 決め球で締めた。3点リードの9回2死一、二塁。

2017 8/16 6:02
西武

森効果出た 西武今季最多17点

楽天に打ち勝ちファンの歓声に応える西武・森(中央右)と山川(同左)

■7番DHで先発 代名詞のフルスイングで期待に応えた。初回に2点を先制し、なお2死一、三塁。

2017 8/16 6:02
西武

西武の打線破壊力増6回3発 山川9号ソロ 永江1号ソロ 外崎10号2ラン

山川9号ソロ

 西武・山川(同点の6回1死で、バックスクリーンに勝ち越しの9号ソロ)「ボールをつぶすくらい、しっかり振ることだけ考えた」 同・永江(1号ソロは4年ぶりの本塁打)「春季キャンプから学んだことを、ぶれずに続けた結果。この先も大事な場面で打ちたい」 同・外崎(6回の3本塁打目となる右越えの10号2ラン)「ホームランは狙っていなかった。

2017 8/14 6:00
西武

西武・外崎お見事忍者走塁!! タッチ2度かわし生還

 執念の連続で白星を引き寄せた。1点を追う9回、栗山の犠飛、炭谷の左前打で逆転してなお1死二、三塁。

2017 7/31 6:00
西武

赤獅子猛進6年ぶり9連勝 3回一挙6点、山川決勝打

連勝を9に伸ばし笑顔の西武・辻監督(左)

 無欲の一振りでヒーローになった。同点の3回1死満塁。

2017 7/29 6:00
西武

赤い西武特急 2年ぶり7連勝

9回無死一、二塁、西武・岡田の送りバントで二走・水口(左)はロッテ三塁手・中村の足が離れたとアピール。判定はセーフに

■監督「見事な攻め」 ユニホームのごとく「炎」の逆転勝ちだ。1点を追う9回、西武が下位打線からつないで2点を奪い、2年ぶりの7連勝を達成した。

2017 6/18 6:00
西武

西武・交流戦初V消えた「うっすら可能性があっただけだよ」辻監督は淡々 今季最少2安打

中日に敗れ、力なく引き揚げる西武・辻監督

 西武にとっては念願ともいえる初の交流戦「最高勝率」の可能性が、消滅した。前日13安打で9点を奪った強力打線が、初対戦のバルデスに抑えられ、終わってみれば今季最少の2安打。

2017 6/9 6:00
西武

レオ6連勝2年ぶり貯金10 おかわり不在若手が奮起

お立ち台でポーズを決める西武・源田(左)と外崎

 泥沼にあえぐ巨人に、西武が容赦なく襲い掛かった。先発全員の13安打で今季最多の13得点。

2017 6/7 6:00
西武

レオ6月無敗4連勝

息子のアロンソ君(中央)を抱きポーズを決める西武・メヒア(左)と炭谷

 決死の思いでマウンドに上がったセ界のエースを、西武の下位打線が返り討ちにした。菅野から放った9安打のうち7番メヒア、8番外崎、9番炭谷で計6安打。

2017 5/7 6:00
西武

外崎が初2発

 西武の外崎がプロ3年目で初の1試合2本塁打を放ち、美馬を打ちあぐねた打線の中で一人気を吐いた。3回に直球をたたいて左中間席へソロを運ぶと、8回にはカーブを左翼席へ3号ソロ。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング