まとめ

「黒瀬健太」

「黒瀬健太」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 10/26 21:11
ソフトバンク

ソフトバンクのドラフト指名、全員高校生は5年ぶり

ソフトバンク・工藤監督

 ソフトバンクは外れ1位で井上朋也内野手(花咲徳栄高)、2位で笹川吉康外野手(横浜商高)、3位で牧原巧汰捕手(日大藤沢高)、4位で川原田純平内野手(青森山田高)、5位で田上奏大投手(履正社高)を指名した。 ソフトバンクでドラフト指名全員が高校生は2015年以来5年ぶり。

2020 9/16 6:00
ソフトバンク

ソフトバンク王会長も注目の23歳が特大弾 鳴尾浜ネット上部を直撃

4回無死一塁、左越えに2ランを放った黒瀬(撮影・大月崇綱)

 ソフトバンクの入団5年目で育成選手の黒瀬健太内野手(23)が「4番・一塁」で先発し、4回、左翼ネット上部直撃の超特大2ランを放った。「飛ばすだけならうちでナンバーワン」と藤本3軍監督が評するパワーで支配下再登録へアピールだ。

2020 2/18 6:00
ソフトバンク

ソフトバンク育成黒瀬「手応え完璧」支配下復帰へバットで猛アピール

先制ソロを放った黒瀬

 育成の黒瀬が支配下復帰へ向けてバットでアピールした。 4番一塁で先発すると、0-0の2回に相手右腕の内角寄りの直球を左翼席に運んだ。

2020 2/8 6:00
ソフトバンク

ソフトバンク城島氏、打撃投手で148球投げながら想定していたこと

アーリーワークで打撃投手を務める城島アドバイザー(撮影・軸丸雅訓)

 投げても存在感抜群! 福岡ソフトバンクの城島健司球団会長付特別アドバイザー(43)が、今キャンプで初めて打撃投手として「登板」した。2日連続でアーリーワークに参加し、若手3人に計148球の熱投。

2020 2/6 17:58
ソフトバンク

城島氏「釣り師の朝は早い」アーリーワーク参加、打撃投手で登板へ

ソフトバンクの城島球団会長付特別アドバイザー

 城島球団会長付特別アドバイザーが打撃投手登板に意欲を示した。 第2クール初日から始まった若手野手のアーリーワークに参加。

2020 2/5 6:00
ソフトバンク

進化続けるソフトバンク高橋礼 投げる、休む、また投げる…独特練習の狙いとは

ブルペンで投げ込む高橋礼。後方は工藤監督(撮影・佐藤桂一)

 「西武キラー」の進化に戦々恐々! 福岡ソフトバンクの高橋礼投手(24)が、宮崎春季キャンプ3度目のブルペンで初の「インターバル投球練習」にチャレンジした。昨季12勝ながら、完投がなかったサブマリンは先発完投型への進化を模索中。

2020 2/3 6:00
ソフトバンク

ソフトバンク大竹、川原 キャンプ2日目で早くも打撃投手

B組で打撃投手を務めた大竹

 キャンプ2日目にして、B組では大竹と川原が打撃投手を行った。大竹は高谷と育成の黒瀬に35球を投げ、カーブとツーシームも使った。

2020 2/3 6:00
ソフトバンク

城島氏語る旧知バレンティン成功の鍵「全力疾走や守備」本人も即反応

ノックを受けるバレンティン(撮影・軸丸雅訓)

 バレなら大丈夫! 福岡ソフトバンクの城島健司球団会長付特別アドバイザー(43)が、新加入したウラディミール・バレンティン外野手(35)の活躍に太鼓判を押した。米大リーグのマリナーズ時代には、ともにプレー。

2020 2/2 18:39
ソフトバンク

ソフトバンク城島氏動いた!支配下→育成の高校97発右の大砲に助言

城島特別アドバイザー

 キャンプ初日はメイン球場でA組野手の練習を見守り続けた城島球団会長付特別アドバイザーが、2日目に動いた。 午後からB組が練習を行う生目第2球場へ移動。

2019 11/16 6:00
ソフトバンク

ソフトバンク王会長、密着1時間熱血指導 秋キャンプでは超異例

黒瀬(左)に打撃を指導する王会長(撮影・佐藤桂一)

 若手よ出てこい! 福岡ソフトバンクの王貞治会長(79)が15日、宮崎秋季キャンプを視察し熱血指導を行った。到着後すぐにメイン球場での打撃練習を見守ると、午後からは、急きょ予定を変更して育成選手の特打をチェック。

2019 11/15 6:00
ソフトバンク

「柳田級」砂川が3ラン ソフトバンクが育成力で巨人に“5連勝”

5回2死二、三塁、左越え3ランを放つ砂川(撮影・佐藤桂一)

 これが「育成のホークス」だ! 福岡ソフトバンク工藤公康監督(56)が14日、チームの将来に大きな手応えをつかんだ。無傷の4連勝だった日本シリーズ以来の対戦となった巨人との練習試合(サンマリンスタジアム宮崎)で、8-4と快勝。

2019 11/4 20:03
ソフトバンク

ソフトバンク野村が特守で輝き 清宮の後ろで4番を張った男

特守に汗を流す野村(撮影・菊地俊哉)

 次代を担うべき来季2年目の野村大樹内野手(19)が持ち前の明るさで特守を盛り上げた。大勢のファンが見守る中、ライン際の打球に飛びつくと拍手喝采。

2019 10/31 6:00
ソフトバンク

ソフトバンク日本一メンバーもずらり 1日から宮崎秋季キャンプ

秋季キャンプの打ち合わせを終えヤフオクドームを後にする工藤監督=10月28日

 福岡ソフトバンクは30日、宮崎秋季キャンプの参加メンバーを発表した。ベテランの内川や右肘クリーニング手術を行う柳田らは外れた。

2019 10/17 12:23
ソフトバンク

ソフトバンクこれまでのドラフト指名選手 その後の活躍ぶりは

2015ドラフトで県岐阜商・高橋純平の交渉権を引き当て、してやったりの表情の工藤監督

 プロ野球のドラフト(新人選手選択)会議。ソフトバンクは例年、4~7人ほどを指名している。

2019 7/1 18:30
ソフトバンク

期限目前、育成選手の今/ソフトバンク2軍この1週間

ソフトバンク・田城、長谷川宙

 梅雨らしい天候で、この1週間で3試合が降雨ノーゲームや雨天中止となった。 コラスの登録でチームの支配下選手は上限まであと1人の69人まで増えた。

2018 11/21 6:00
ソフトバンク

ソフトB戦力外の小沢、古沢、黒瀬が育成から再出発

育成選手として再契約した小沢

 10月に戦力外通告を受けた福岡ソフトバンクの小沢怜史投手(20)、古沢勝吾内野手(22)、黒瀬健太内野手(21)が20日、来季は育成選手として再契約を結んだ。年俸はいずれも現状維持(小沢700万円、古沢590万円、黒瀬500万円)。

2018 11/5 10:03
ソフトバンク

ソフトバンク史上最大11人リストラの理由 五十嵐、寺原、城所も…

ヤフオクドームに訪れた五十嵐

 球団がソフトバンクとなった2005年シーズン以来、最大のリストラだ。福岡ソフトバンクは4日、12年の沢村賞右腕、摂津正投手(36)をはじめ、五十嵐亮太投手(39)、寺原隼人投手(35)、城所龍磨外野手(33)ら8選手に来季の選手契約を結ばないことを通告したと発表した。

2018 10/5 6:42
ソフトバンク

ソフトバンクⅤ逸余波 第1弾「血の入れ替え」若手8選手に戦力外

球団事務所を訪れた後、車に乗り込む吉村

 福岡ソフトバンクは4日、プロ16年目の吉村裕基外野手(34)に対して、来季の戦力構想から外れていることを伝えた。また、高卒4年目の古沢勝吾内野手(22)、同3年目の小沢怜史投手(20)と黒瀬健太内野手(21)、育成の伊藤祐介投手(27)、斎藤誠哉投手(22)、児玉龍也投手(24)、樋越優一捕手(25)、幸山一大外野手(22)選手の計8選手に、来季の契約を結ばないことを通達。

2018 10/4 18:18
プロ野球

ソフトBの34歳吉村が構想外 FA権行使含め話し合いへ

 吉村裕外野手

 ソフトバンクは4日、プロ通算131本塁打の吉村裕基外野手に来季の戦力構想から外れたことを伝えた。今季の1軍出場はなかった。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング