まとめ

「高木美帆」 (2ページ目)

「高木美帆」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2018 12/28 18:40
スポーツ

小平奈緒「自分を成長させる」 スピード全日本スプリントで調整

 調整する女子の小平奈緒(右)=明治北海道十勝オーバル

 スピードスケートの全日本スプリント選手権は29、30日に北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで行われる。28日は出場選手が会場で最終調整し、平昌冬季五輪500メートル女王の小平奈緒(相沢病院)は「挑戦すべき相手は自分自身。

2018 12/26 17:32
スポーツ

スピード土屋良、高木菜が総合V 全日本選手権

 男子1万メートルで1位の土屋良輔。総合優勝した=明治北海道十勝オーバル

 スピードスケートの全日本選手権は26日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで後半2種目が行われ、男子は土屋良輔が日本新記録の153・155点で初の総合優勝を果たした。首位で後半2種目を迎えた24歳の土屋良は最終の1万メートルで1位だった。

2018 12/26 15:52
スポーツ

高木美帆が最終種目を欠場 全日本スピード、体調配慮で

 高木美帆

 スピードスケートの全日本選手権は26日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで後半2種目が行われ、3種目全てで1位となって総合首位に立っていた女子の高木美帆(日体大助手)が最終の5000メートルを欠場した。今大会は2度目の総合優勝が懸かっていた。

2018 12/25 17:21
スポーツ

スピード、高木美帆が2位に大差 全日本選手権第1日

 女子500メートルで1位の高木美帆。総合首位に立った=明治北海道十勝オーバル

 スピードスケートの全日本選手権第1日は25日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで前半2種目が行われ、2度目の総合女王を狙う高木美帆(日体大助手)が79・190点で2位に大差をつけ総合首位に立った。500メートルは38秒24、3000メートルは自らの国内最高を更新する4分5秒70で、ともに1位だった。

2018 12/24 16:50
スポーツ

スピード高木美、2度目Vへ意欲 全日本、25日開幕

 全日本選手権に向け調整するスピードスケート女子の高木美帆=北海道帯広市

 スピードスケートの全日本選手権は北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで25、26日に行われる。24日は会場のリンクで今季前半戦のワールドカップ(W杯)に出場した代表選手らが最終調整。

2018 12/16 23:00
スポーツ

高木美帆が2位、小平奈緒5位 スピードスケートW杯第4戦

 女子1000メートルで2位の高木美帆=ヘーレンフェイン(AP=共同)

 【ヘーレンフェイン(オランダ)共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第4戦最終日は16日、オランダのヘーレンフェインで行われ、女子1000メートルは高木美帆(日体大助手)が1分13秒93で2位に入った。世界記録を持つ小平奈緒(相沢病院)は5位。

2018 12/16 1:25
スポーツ

小平が女子500mで34連勝 スピードW杯第4戦

 女子500メートルで優勝した小平奈緒=ヘーレンフェイン(共同)

 【ヘーレンフェイン(オランダ)共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第4戦は15日、オランダのヘーレンフェインで行われ、女子500メートルは小平奈緒が37秒17で制した。この種目は2季前から34連勝。

2018 12/9 0:23
スポーツ

高木美帆が優勝、一戸誠太郎2位 スピードスケートW杯第3戦

 女子1500メートルで優勝した高木美帆=トマショフマゾウィエツキ(共同)

 【トマショフマゾウィエツキ(ポーランド)共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦第2日は8日、ポーランドのトマショフマゾウィエツキで行われ、女子1500メートルは平昌冬季五輪銀メダリストの高木美帆(日体大助手)が1分57秒32で制した。今季個人種目初優勝で、1500メートル通算7勝目。

2018 12/8 3:11
スポーツ

スケートW杯、羽賀と高木美2位 男子500と女子1000

 男子500メートルで2位になった羽賀亮平=トマショフマゾウィエツキ(共同)

 【トマショフマゾウィエツキ(ポーランド)共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦は7日、ポーランドのトマショフマゾウィエツキで開幕し、男子500メートルは羽賀亮平(日本電産サンキョー)が34秒98で2位に入った。村上右磨(村上電気)が4位、新浜立也(高崎健康福祉大)は6位。

2018 11/25 17:59
スポーツ

小平が女子1000でW杯4勝目 スピードスケート

 女子1000メートル 1分17秒31で優勝した小平奈緒=苫小牧市ハイランドSC

 スピードスケートのワールドカップ(W杯)第2戦最終日は25日、北海道の苫小牧市ハイランドSCで行われ、女子1000メートルは小平奈緒(相沢病院)が1分17秒31で優勝した。この種目はW杯通算4勝目で、500メートルと合わせて通算24勝。

2018 11/24 19:42
スポーツ

W杯、小平と新浜が500m連勝 スピードスケート

 女子500メートル 38秒26で優勝した小平奈緒。この種目での連勝を33に伸ばした=苫小牧市ハイランドSC

 スピードスケートのワールドカップ(W杯)第2戦第2日は24日、北海道の苫小牧市ハイランドSCで行われ、女子500メートルは小平奈緒が38秒26で制し、2季前から続くこの種目の連勝を33に伸ばした。1000メートルと合わせW杯通算23勝目。

2018 11/23 20:34
スポーツ

500mで小平奈緒と新浜立也V スピードスケートW杯第2戦

 女子500メートル 38秒03で優勝した小平奈緒。この種目での連勝を32に伸ばした=苫小牧市ハイランドSC

 スピードスケートのワールドカップ(W杯)第2戦は23日、北海道の苫小牧市ハイランドSCの屋外リンクで開幕し、女子500メートルは小平奈緒が38秒03で優勝し、この種目は2季前から32レース負けなしとなった。1000メートルと合わせW杯通算22勝目。

2018 11/22 16:42
スポーツ

小平奈緒、高木美帆が雪の中調整 スピードW杯、11季ぶり屋外

 最終調整する小平奈緒=苫小牧市ハイランドSC

 スピードスケートのワールドカップ(W杯)第2戦は23日、北海道の苫小牧市ハイランドSCで開幕する。屋外でのW杯は2008年2月以来、11季ぶりとなる。

2018 11/18 17:59
スポーツ

千メートルで高木2位、小平3位 スピードW杯最終日

 女子1000メートルで2位になり笑顔の高木美帆(左)と3位の小平奈緒=明治北海道十勝オーバル

 スピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦最終日は18日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで行われ、女子1000メートルは高木美帆(日体大助手)が1分14秒82で2位、小平奈緒(相沢病院)が1分14秒84で3位だった。バネッサ・ヘルツォーク(オーストリア)が1分14秒56で制した。

2018 11/17 20:00
スポーツ

小平奈緒が500mで31連勝 スピードスケートW杯第2日

 女子500メートルで優勝し、表彰式で笑顔を見せる小平奈緒(中央)。この種目での連勝を「31」に伸ばした=明治北海道十勝オーバル

 スピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦第2日は17日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで行われ、女子500メートルは小平奈緒が37秒29で優勝した。2季前からこの種目で31レース負けなしとなり、1000メートルと合わせてW杯通算21勝目。

2018 11/16 19:53
スポーツ

小平奈緒、500mで30連勝 スピードW杯第1日

 女子500メートル 優勝した小平奈緒=明治北海道十勝オーバル

 スピードスケートのワールドカップ第1戦は16日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで開幕し、女子500メートルで平昌冬季五輪女王の小平奈緒が37秒49で優勝した。この種目では2季前から国内外で30レース無敗。

2018 10/28 18:12
スポーツ

スピード、一戸が大会新で初優勝 全日本距離別選手権

 男子1500メートル 1分46秒00の大会新で初優勝した一戸誠太郎=エムウエーブ

 スピードスケートの全日本距離別選手権最終日は28日、長野市エムウエーブで行われ、男子1500メートルは一戸誠太郎が1分46秒00の大会新記録で初優勝した。平昌冬季五輪5位の小田卓朗が0秒15差の2位。

2018 10/27 18:11
スポーツ

スケート高木美、小平抑え2連覇 全日本距離別選手権第2日

 女子1000メートルで優勝した高木美帆=エムウエーブ

 スピードスケートの全日本距離別選手権第2日は27日、長野市エムウエーブで行われ、女子1000メートルは平昌冬季五輪銅メダルの高木美帆(日体大助手)が1分14秒86の大会新記録で2連覇を果たした。同銀メダルの小平奈緒(相沢病院)が1分15秒10で2位だった。

2018 10/26 19:22
スポーツ

五輪女王の小平奈緒が9度目V 全日本距離別スケート開幕

 女子500メートル 37秒30で優勝した小平奈緒=エムウエーブ

 スピードスケートの全日本距離別選手権は26日、長野市エムウエーブで開幕し、女子500メートルは平昌冬季五輪金メダリストの小平奈緒(相沢病院)が37秒30で4年連続9度目の優勝を果たした。小平は国内外の大会で2季前から続くこの種目での連勝を29に伸ばした。

2018 10/21 16:12
スポーツ

スピードスケート、小平が優勝 ジャパンカップ、女子1500m

 スピードスケートのジャパンカップ第1戦最終日は21日、長野市エムウエーブで行われ、女子1500メートルは小平奈緒(相沢病院)が1分57秒66で優勝した。小野寺優奈(高崎健康福祉大)が2位。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング