まとめ

「坂口理子」

「坂口理子」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 9/20 22:53
HKT48

HKT豊永、小田、坂口「胸いっぱい」 「オール北九州映画」上映会  

映画「めぐり逢わせの法則」の上映会で、壇上からほほ笑むHKT48の(左から)坂口理子、豊永阿紀、小田彩加(撮影・古川泰裕)=20日午後7時半すぎ

 物語の舞台、撮影地、スタッフまで“オール北九州”で作り上げた映画「めぐり逢(あ)わせの法則」の上映会が20日、北九州市門司区の門司市民会館で開かれた。岩松茂監督のほか、出演したHKT48の豊永阿紀(20)、小田彩加(21)、坂口理子(26)の3メンバーも登壇、作品への思いを語った。

2020 9/18 12:00
HKT48

【Fの推し増し・前編】「これは夢なのか」北九州発映画で奮闘したHKT小田彩加

「めぐり逢わせの法則」で好演を見せたHKT48の小田彩加

 ロケも舞台もスタッフも北九州市にこだわった映画「めぐり逢(あ)わせの法則」(岩松茂監督)。HKT48の小田彩加(21)が、豊永阿紀(20)や坂口理子(26)とともに主要キャストを演じ、好演を見せている。

2020 9/15 0:12
HKT48

福岡応援ソングに参加、家族で「はあぁぁ!」 HKT月イチ報告(下)

8月の活動を振り返ったHKT48の(左から)豊永阿紀、堺萌香、栗山梨奈、渕上舞

 渕上舞(23)、堺萌香(22)、豊永阿紀(20)、栗山梨奈(19)による座談会もいよいよ終盤戦。ロケも舞台もスタッフも、北九州市にこだわった映画「めぐり逢(あ)わせの法則」で主演する豊永が、炎天下の北九州で肌を焼きながら熱演した日々や、豊永家の一大事となった福岡応援ソング「Beat goes on」のレコーディングについて熱っぽく語った。

2020 9/14 10:00
HKT48

不思議ちゃんの才能は底なし沼⁉ HKT小田彩加、地元舞台の映画で好演

北九州発の映画「めぐり逢わせの法則」で好演したHKT48の小田彩加

 ロケも舞台もスタッフも、北九州市にこだわった映画「めぐり逢わせの法則」(岩松茂監督)。豊永阿紀(20)や坂口理子(26)とともに主要キャストを務めた4期生の小田彩加(21)が好演を見せていると評判だ。

2020 9/5 15:27
ソフトバンクHKT48

鷹の大ファンHKT坂口理子がショーパン大暴投 細かい自己採点「42点」

始球式で投げるHKT48の坂口理子さん(撮影・軸丸雅訓)

 福岡を拠点に活動するアイドルグループ「HKT48」のメンバーで、福岡県出身の坂口理子(26)が始球式を務めた。 ソフトバンクの大ファンという坂口は背番号48が入ったユニホームにショートパンツ姿で登場。

2020 9/5 6:00
HKT48

ロケも舞台もスタッフも「正真正銘の北九州映画」第1弾完成 HKT主演

「めぐり逢わせの法則」の岩松茂監督(左)と久保慎司プロデューサー。作品中で使用した自転車には、主役を務めたHKT48豊永阿紀さんのサインがある

 物語の舞台、撮影地、そしてスタッフまで“メイドイン北九州”の映画「めぐり逢(あ)わせの法則」が完成した。ロケ地として有名な北九州市だが、舞台設定となると東京など他都市になってしまう現状に、地元出身の映画監督岩松茂さん(61)や映像制作会社経営の久保慎司さん(58)らが立ち上がった。

2020 9/4 18:50
HKT48

タカ応援番組MCが超えるノーバンの壁! HKT坂口理子が始球式登板へ

始球式での登板が決まったHKT48の坂口理子

 5日にペイペイドーム(福岡市)で開催される福岡ソフトバンクホークス-千葉ロッテマリーンズ戦で、HKT48の坂口理子(26)が始球式を務める。これまで指原莉乃(卒業)や松岡菜摘らが立ってきた博多女子の晴れ舞台だが、投球がノーバウンドで捕手まで届いたことはない。

2020 8/26 11:13
HKT48

【7月の迷言】HKTメンバーに婚活疑惑「楽屋に相談所のチラシがある」

インタビュー取材の合間に大福をほおばるHKT48の坂口理子(撮影・古川泰裕)=7月6日

 思わず笑ってしまうHKT48メンバーの「迷言」を、特命担当記者Fが独断で毎月、選んでいるこの企画。今月は会員制交流サイト(SNS)に投稿された、あるメンバーの婚活疑惑から…。

2020 8/25 11:13
HKT48

【HKT7月の名言】なんか植木のこと思い出しちゃった~THE LIVEより

植木南央(中央)の卒業公演で涙を見せる村重杏奈(左)(撮影・古川泰裕)=2019年7月31日

 ファンの心を震わせるHKT48メンバーの名言を、特命担当記者Fが毎月勝手に選んでしまうコーナー。7月は、歌にフォーカスした配信限定ライブ「THE LIVE」の一幕から。

2020 8/24 11:53
HKT48

HKTがアツアツをお届け 「出前館」公式アンバサダーに、配達員に挑戦

「出前館」の配達員姿になったHKT48の(前列左から)田島芽瑠、田中美久、松岡はな、本村碧唯、(後列左から)坂口理子、村重杏奈、渕上舞、村川緋杏(c)株式会社出前館

 食事宅配サービスを全国展開する「出前館」は24日、福岡市を拠点にしたアイドルグループ・HKT48を福岡エリアの公式アンバサダーとして起用すると発表した。8月下旬から9月上旬のうち3日間、田島芽瑠ら8人のHKTメンバーが、市内で出前をしていない飲食店の代行を請け負う「シェアリングデリバリー」の配達員を体験する。

2020 8/18 0:05
HKT48

ふいに壊れる日常…アイドルをしている意味とは HKT月イチ報告(下)

激動の時代に「アイドルでいること」の意味とは-。時間を忘れて語り合った(左から)宮﨑想乃、熊沢世莉奈、松岡菜摘、坂口理子

 7月17日にお披露目された新しい専用劇場「西日本シティ銀行 HKT48劇場」について、松岡菜摘(24)、熊沢世莉奈(23)、坂口理子(26)、宮崎想乃(19)の座談会は続く。新たなステージで過ごす日々について期待が膨らむ中、旧専用劇場を知る3人はかつてのホームに刻んだ思い出を振り返る。

2020 8/18 0:03
HKT48

「ここで卒業するんだ」ベールを脱いだ新劇場 HKT月イチ報告(中)

新劇場への思いを語り合ったHKT48の(左から)宮﨑想乃、熊沢世莉奈、松岡菜摘、坂口理子

 7月17日にお披露目された「西日本シティ銀行 HKT48劇場」。完成したばかりの何もないステージで、いち早くパフォーマンスを披露したチームHキャプテン松岡菜摘(24)は何を感じたのか。

2020 8/18 0:00
HKT48

始球式「さしこちゃんより飛んで良かった」 HKT月イチ報告(上)

7月の活動を振り返ったHKT48の(左から)宮﨑想乃、熊沢世莉奈、松岡菜摘、坂口理子(撮影・古川泰裕)=2020年8月6日

 歌に焦点を当てた配信限定ライブなど依然としてオンラインでの活動が主軸となる中、HKT48は7月17日、新たな活動拠点となる福岡市中央区地行浜の「西日本シティ銀行 HKT48劇場」で報道陣向けのお披露目ライブを開いた。下旬には、JR九州とのコラボレーションによる観光キャンペーン「みんなの九州プロジェクト-九州を元気に!-」も発表。

2020 7/28 10:20
HKT48

【6月の迷言】「あれ、え、私今狙われてる?」劇場の女神、暗殺の危機

事務所で「何か」を向けられた上野遥(撮影・古川泰裕)=2020年7月

 HKT48メンバーの笑える“迷言”を特命担当記者が独断で選ぶ企画。記者とデスクのやりとりで進む当コーナー、一部ネットで「しゃべる机シリーズ」と呼ばれ、ひそかな人気を呼んでいるとか。

2020 7/21 0:04
HKT48

はるばる九州へ、大事なのは「タイミング」 HKT月イチ報告(下)

カメラに笑顔を見せる坂口理子(撮影・古川泰裕)=9日午後4時32分

 新型コロナウイルス禍から日常を取り戻しつつある福岡で、少しずつそのベールを脱ぎつつある「新生HKT48」。森保まどか(22)、坂口理子(25)、松本日向(19)、市村愛里(19)が6月の活動を振り返る月イチ活動報告の最後は、7月5日からスタートした配信限定ライブに出演した坂口が歌うことへの意識の変化を語る。

2020 7/21 0:02
HKT48

博多座楽屋や車から、市村が365日連続動画配信 HKT月イチ報告(中)

6月の活動を振り返ったHKT48の(左から)坂口理子、松本日向、市村愛里、森保まどか

 コロナ禍による活動自粛から再開への助走となった6月を、森保まどか(22)、坂口理子(25)、松本日向(19)、市村愛里(19)が振り返る月イチ活動報告。中編では、動画配信サイト「SHOWROOM」の365日連続配信を達成した市村が、その裏側を告白。

2020 7/21 0:00
HKT48

自粛明けのレッスン、訪れた変化に戸惑いも HKT月イチ報告(上)

6月の活動を振り返ったHKT48の(左から)坂口理子、松本日向、市村愛里、森保まどか

 7月に入り配信限定のライブを開催し、パフォーマンス活動を本格的に再開させたHKT48。会場はレッスン場、出演は10人と少人数ではあったが、個々のメンバーの特長を生かすという新運営会社「Mercury」の方向性が垣間見えたステージとなった。

2020 7/5 20:54
HKT48

「可能性を感じて」変わるHKT、再開ライブで見せた先を目指す意欲 

リハーサルで「あなたがいてくれたから」を歌う村重杏奈(中央)

 7月5日、福岡市内のレッスン場で動画配信限定のライブを開催し、パフォーマンス活動を再開させたHKT48。ライブ開幕と同時に響かせた村重杏奈、坂本愛玲菜、坂口理子によるアカペラの「青春の出口」の歌い出しには、「これまでのHKT」にとどまることに満足せず、さらに先を目指すというグループの意欲が表れていた。

2020 7/5 19:53
HKT48

HKTライブ再開、いきなりアカペラ 「あなたがいてくれたから」で涙

配信限定ライブで「青春の出口」を歌う(左から)村重杏奈、坂本愛玲菜、坂口理子(c)Mercury

 HKT48が5日、新型コロナウイルスの影響で休止していたパフォーマンス活動を再開した。福岡市内のレッスン場で配信限定のライブ「HKT48 THE LIVE~STUDIO LIVE SONG Vol.1~」を開催。

2020 5/18 20:30
HKT48

3位は2015年MVP渕上「素の思いそのまま」 HKT月イチ活動報告7周年 

2015年に最多の6回登場し「西スポ的MVP」となった渕上舞。特別紙面を手に笑顔=15年12月

 2020年5月で7周年を迎えた西日本スポーツの連載「HKT48の月イチ活動報告」。毎月の活動を振り返る企画の特別版として、これまで登場した回数の多いメンバー上位4人のアンケート回答を掲載します。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング