まとめ

「植木南央」

「植木南央」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 10/23 23:16
芸能HKT48

HKT48、11月26、27日に10周年記念特別公演 1期生、節目に発表 

お披露目10周年の日に特別番組を配信したHKT48の1期生=写真は7月24日(撮影・古川泰裕)

 HKT48がお披露目10周年を迎えた23日、1期生6人が福岡市の「西日本シティ銀行 HKT48劇場」から記念特別番組を生配信した。番組の最後には、11月26、27日にグループの10年を前期と後期に分け、公演やシングル曲を披露する10周年記念特別公演を開催することも発表した。

2021 6/27 21:20
HKT48

宮脇咲良、「原点」のHKT劇場でさよなら 「壮行会」に1期生11人集結

アンコールで歌う1期生。(左から)田中菜津美、中西智代梨、植木南央、下野由貴、村重杏奈、宮脇咲良、松岡菜摘、本村碧唯、今田美奈、熊沢世莉奈、深川舞子(c)Mercury

 HKT48を卒業した宮脇咲良(23)の「壮行会」が27日、福岡市の「西日本シティ銀行 HKT48劇場」で開かれた。HKTとしてデビュー当初に歌っていた曲を数多く披露し、さながら「特別公演」の様相となったイベントには、卒業生を含め1期生11人が集結。

2021 4/28 12:00
HKT48

【HKT3月の名言】オイモチャン初選抜「一度も諦めたことはなかった」

チームTⅡの公演で笑顔を見せるHKT48の堺萌香(撮影・古川泰裕)=2021年4月13日

 HKT48の特命担当記者が、心の琴線に触れたメンバーの「名言」を独断で選ぶ月イチ企画。数多くの名言候補が出た3月。

2021 4/19 23:36
HKT48

生誕祭のケーキ…思い出すのはあのメンバー HKT月イチ報告(下)

3月の活動を振り返ったHKT48の(左から)武田智加、秋吉優花、下野由貴、今村麻莉愛(撮影・古川泰裕)

 HKT48の下野由貴(23)、秋吉優花(20)、今村麻莉愛(17)、武田智加(18)が3月の活動を振り返る座談会も最終盤へ。秋吉はAKB48グループの歌自慢が集ったライブ、武田はアンバサダーを務める映画の撮影で得た経験を語る。

2021 4/19 23:34
HKT48

聞いていた同期の卒業…隣で泣きそうだった HKT月イチ報告(中)

3月の活動を振り返ったHKT48の(左から)武田智加、秋吉優花、下野由貴、今村麻莉愛(撮影・古川泰裕)

 HKT48の3月の出来事を下野由貴(23)、秋吉優花(20)、今村麻莉愛(17)、武田智加(18)が振り返る座談会。昇格する5期生4人に期待を寄せながら、話題は1期生・森保まどか(23)の卒業発表へ。

2021 3/14 20:02
HKT48

HKT相次いだ卒業発表 重い決断、できるのは本人だけ

森保まどかの卒業発表を受けて涙を流す松岡はな(中央)。栗原紗英(左)と豊永阿紀(右)は驚きを隠せない(撮影・古川泰裕)=2021年3月6日

 48グループのメンバーは、卒業発表から巣立ちのその日までが一番きれいになる、と言われる。アイドル人生の最後に見せる閃光(せんこう)のような輝きが、そう見せるのかもしれない。

2020 8/25 11:13
HKT48

【HKT7月の名言】なんか植木のこと思い出しちゃった~THE LIVEより

植木南央(中央)の卒業公演で涙を見せる村重杏奈(左)(撮影・古川泰裕)=2019年7月31日

 ファンの心を震わせるHKT48メンバーの名言を、特命担当記者Fが毎月勝手に選んでしまうコーナー。7月は、歌にフォーカスした配信限定ライブ「THE LIVE」の一幕から。

2020 7/5 19:53
HKT48

HKTライブ再開、いきなりアカペラ 「あなたがいてくれたから」で涙

配信限定ライブで「青春の出口」を歌う(左から)村重杏奈、坂本愛玲菜、坂口理子(c)Mercury

 HKT48が5日、新型コロナウイルスの影響で休止していたパフォーマンス活動を再開した。福岡市内のレッスン場で配信限定のライブ「HKT48 THE LIVE~STUDIO LIVE SONG Vol.1~」を開催。

2020 5/18 20:30
HKT48

3位は2015年MVP渕上「素の思いそのまま」 HKT月イチ活動報告7周年 

2015年に最多の6回登場し「西スポ的MVP」となった渕上舞。特別紙面を手に笑顔=15年12月

 2020年5月で7周年を迎えた西日本スポーツの連載「HKT48の月イチ活動報告」。毎月の活動を振り返る企画の特別版として、これまで登場した回数の多いメンバー上位4人のアンケート回答を掲載します。

2020 1/11 12:00
HKT48

さらば博多のMC番長、「地獄」経て磨いたトーク HKT田中菜津美が卒業

卒業公演で笑顔を見せるHKT48の田中菜津美=福岡市・天神

 HKT48の1期生・田中菜津美(19)が11日の劇場公演で卒業した。8年間、最大の武器である切れ味鋭いトークでグループを支え続けてきた博多のMC番長。

2019 12/31 23:30
HKT48

【2位】卒業― 思い出が、未来を作る〈HKT48 10大ニュース2019〉

卒業公演でファンに手を振る冨吉明日香=2019年3月、福岡市・天神

 指原莉乃を筆頭に、6人の卒業生を見送った2019年のHKT48。1期生の兒玉遥と植木南央、2期生の冨吉明日香、駒田京伽、岩花詩乃。

2019 8/1 6:00
HKT48

「ありがとうえき」HKT植木南央が卒業 メンバーの涙腺崩壊

卒業公演を終え、客席に手を振るHKT48の植木南央=31日午後8時41分

 8年間ありがとうえき-。HKT48チームK4の1期生・植木南央(21)が7月31日、福岡市のスカラエスパシオホールで行われた「制服の芽」公演でグループを卒業。

2019 7/22 6:00
HKT48

HKT「指原支配人から卒業」 4年半ぶり九州ツアー

4年半ぶりの九州ツアーをスタートさせたHKT48

 新たな伝説の1ページへ―。約4年半ぶり2度目となるHKT48の九州7県ツアー「あの支配人からの、卒業。

2019 7/4 6:00
HKT48

HKT植木南央が卒業へ 山あり谷ありのアイドル人生

HKT48卒業を発表した1期生の植木南央=6月21日

 HKT48チームK4の植木南央(21)が2日、福岡市のパピヨン24ガスホールで行われた劇場公演で、グループからの卒業を発表した。今後の進路については具体的に明かさなかったものの「これからは芸能界とはまた違った形で、人を笑顔にできたら」と語った。

2019 4/14 9:23
HKT48

HKT48指原 ラスト劇場公演 涙と笑顔「頼んだよ」

自身最後の劇場公演で涙を流すHKT48の指原莉乃

 今月28日に横浜スタジアムのコンサートで卒業を控えるHKT48の指原莉乃(劇場支配人兼任)が13日、福岡市のパピヨン24ガスホールで開かれた自身最後の劇場公演に出演した。客席だけでなくホールのロビーにも詰め掛けたファン、そして大切な後輩たちに見守られながら、11年間立ち続けた「劇場」のステージを巣立っていった。

2019 4/13 18:58
HKT48

HKT48指原がラスト劇場公演 「村重ゴリラ」捕獲にびっくり

自身最後の劇場公演に出演したHKT48の指原莉乃(中央)

 今月28日に卒業を控えるHKT48の指原莉乃(26=劇場支配人兼任)が13日、福岡市のパピヨン24ガスホールで開かれた自身最後の劇場公演に出演した。 開演直後からわき起こった盛大な「りのちゃん」コール。

2019 1/1 6:00
HKT48

白目で失神寸前! けが人続出、メンバー公演奮闘 HKT48・18年10大ニュース(上)

2018年の10大ニュースを振り返ったHKT48の(左から)植木南央、深川舞子、下野由貴

 明けましておめでとうございます。今年1発目のHKT48は、大きな出来事が相次いだ2018年の10大ニュースを一挙に発表!! みんなで汗をかいたあのステージや、笑顔と涙が交錯したあの舞台、そして出会いと別れ…。

2019 1/1 6:00
HKT48

さっしー卒業…どうなるどうする私たち!? HKT48・18年10大ニュース(下)

植木南央(左)のトークに爆笑する下野由貴(中)と深川舞子

 明けましておめでとうございます。今年1発目のHKT48は、大きな出来事が相次いだ2018年の10大ニュースを一挙に発表!! みんなで汗をかいたあのステージや、笑顔と涙が交錯したあの舞台、そして出会いと別れ…。

2018 7/4 9:04
HKT48

「博多の女」燃えた総選挙 ナゴヤ決戦100以内に19人ランクイン メンバーもファンも家族も団結したばい

6月の活動を振り返ったHKT48の(左から)小田彩加、栗原紗英、下野由貴、運上弘菜

●月イチ活動報告 初めて世界的規模に枠を広げて行われた選抜総選挙で、100位以内に19人がランクインしたHKT48。残念ながら1位の旗を4年連続で持ち帰ることはできなかったが、矢吹奈子、田中美久という、これからのHKTを背負う若手がそろって選抜に入るなど、数々の収穫もあった。

2018 6/17 8:56
HKT48

咲良3位「さっしーごめんなさい」 女王の旗引き継げず… HKT48昨年超え19人ランクイン

 AKB48グループの「第10回世界選抜総選挙」開票イベントが16日、名古屋市のナゴヤドームで開票され、HKT48は宮脇咲良が3位。自身最後と決めた総選挙で有終の美は飾れなかったが、博多のエースとして堂々たる戦いぶりを見せた。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング