まとめ

「熊沢世莉奈」

「熊沢世莉奈」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 11/25 23:54
HKT48

村重、秋吉、坂口が「矢島美容室」 歌ってしゃべってHKT9周年前夜祭

HKT9周年前夜祭で「矢島美容室」に扮(ふん)した(左から)秋吉優花、村重杏奈、坂口理子(撮影・古川泰裕)

 11月26日に活動9周年を迎えるHKT48が25日、「西日本シティ銀行 HKT48劇場」で前夜祭を開いた。加入期ごとに六つのグループに分かれて思い出話に花を咲かせたり、カラオケを楽しんだりして、グループの「誕生日」前夜を盛り上げた。

2020 11/20 12:05
HKT48

幻の曲、驚きのセンター…未来につなぐ「虹の橋」 HKTなないろ公演

記念撮影するチームレッドとチームイエロー=11月6日

 「西日本シティ銀行 HKT48劇場」(福岡市中央区)で6日、「博多なないろ」公演がスタートした。HKTのメンバー48人をくじ引きで七つのグループに分ける、かつてない試み。

2020 11/6 22:01
HKT48

「一からみんなでつくった」HKT新劇場の新企画「なないろ公演」開幕

「博多なないろ」公演初日、アンコールで元気よく跳びはねる運上弘菜(中央)らメンバー(撮影・古川泰裕)

 HKT48の新常設劇場「西日本シティ銀行 HKT48劇場」(福岡市中央区地行浜)で6日夜、活動中の全メンバー48人をくじ引きで七つのグループにシャッフルした「博多なないろ公演」が始まった。初日は田中美久(19)や松岡はな(20)らが所属する「チームレッド」と、運上弘菜(22)や坂口理子(26)らの「チームイエロー」が登場。

2020 11/2 22:26
HKT48

HKT次回公演は6日から 7チームに分かれ「博多なないろ」公演

新劇場こけら落とし公演の最終リハーサルで「早送りカレンダー」を歌う坂本りの(左)と竹本くるみ(撮影・三笘真理子)

 HKT48は2日、新劇場での今後の公演日程を発表した。6日からスタートし、10、12、15日まで発表している。

2020 11/1 14:30
HKT48

HKT48 メンバ一名鑑

HKT48 西スポ独自のメンバー名鑑を紹介します。

2020 10/18 19:18
HKT48

HKT新劇場、こけら落としは11月2日 活動中の全メンバー48人出演

「西日本シティ銀行 HKT48劇場」の初日日程を発表した1期生7人。(左から)本村碧唯、下野由貴、今田美奈、熊沢世莉奈、森保まどか、松岡菜摘、村重杏奈(c)Mercury

 福岡市を中心に活動するアイドルグループHKT48は18日、ペイペイドーム(同市中央区地行浜)横の娯楽施設「BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス・イーゾ・フクオカ)」1階に設けた新常設劇場での初回公演を11月2日に開くと発表した。活動中の全メンバー48人が出演する記念公演で観客も入れる。

2020 8/18 0:05
HKT48

ふいに壊れる日常…アイドルをしている意味とは HKT月イチ報告(下)

激動の時代に「アイドルでいること」の意味とは-。時間を忘れて語り合った(左から)宮﨑想乃、熊沢世莉奈、松岡菜摘、坂口理子

 7月17日にお披露目された新しい専用劇場「西日本シティ銀行 HKT48劇場」について、松岡菜摘(24)、熊沢世莉奈(23)、坂口理子(26)、宮崎想乃(19)の座談会は続く。新たなステージで過ごす日々について期待が膨らむ中、旧専用劇場を知る3人はかつてのホームに刻んだ思い出を振り返る。

2020 8/18 0:03
HKT48

「ここで卒業するんだ」ベールを脱いだ新劇場 HKT月イチ報告(中)

新劇場への思いを語り合ったHKT48の(左から)宮﨑想乃、熊沢世莉奈、松岡菜摘、坂口理子

 7月17日にお披露目された「西日本シティ銀行 HKT48劇場」。完成したばかりの何もないステージで、いち早くパフォーマンスを披露したチームHキャプテン松岡菜摘(24)は何を感じたのか。

2020 8/18 0:00
HKT48

始球式「さしこちゃんより飛んで良かった」 HKT月イチ報告(上)

7月の活動を振り返ったHKT48の(左から)宮﨑想乃、熊沢世莉奈、松岡菜摘、坂口理子(撮影・古川泰裕)=2020年8月6日

 歌に焦点を当てた配信限定ライブなど依然としてオンラインでの活動が主軸となる中、HKT48は7月17日、新たな活動拠点となる福岡市中央区地行浜の「西日本シティ銀行 HKT48劇場」で報道陣向けのお披露目ライブを開いた。下旬には、JR九州とのコラボレーションによる観光キャンペーン「みんなの九州プロジェクト-九州を元気に!-」も発表。

2020 8/14 10:00
HKT48

あふれる才能、HKT豊永阿紀は新劇場のカギ握る「5ツールプレーヤー」

配信限定ライブのリハーサルで歌うHKT48の豊永阿紀。その表現力はグループ随一だ=2020年7月3日(撮影・古川泰裕)

 歌詞をかみしめるように握りしめた拳を少しずつ開き、前に伸ばした。7月12日、HKT48の配信限定「THE LIVE」第2弾。

2020 7/21 0:02
HKT48

博多座楽屋や車から、市村が365日連続動画配信 HKT月イチ報告(中)

6月の活動を振り返ったHKT48の(左から)坂口理子、松本日向、市村愛里、森保まどか

 コロナ禍による活動自粛から再開への助走となった6月を、森保まどか(22)、坂口理子(25)、松本日向(19)、市村愛里(19)が振り返る月イチ活動報告。中編では、動画配信サイト「SHOWROOM」の365日連続配信を達成した市村が、その裏側を告白。

2020 7/5 20:54
HKT48

「可能性を感じて」変わるHKT、再開ライブで見せた先を目指す意欲 

リハーサルで「あなたがいてくれたから」を歌う村重杏奈(中央)

 7月5日、福岡市内のレッスン場で動画配信限定のライブを開催し、パフォーマンス活動を再開させたHKT48。ライブ開幕と同時に響かせた村重杏奈、坂本愛玲菜、坂口理子によるアカペラの「青春の出口」の歌い出しには、「これまでのHKT」にとどまることに満足せず、さらに先を目指すというグループの意欲が表れていた。

2020 7/5 19:53
HKT48

HKTライブ再開、いきなりアカペラ 「あなたがいてくれたから」で涙

配信限定ライブで「青春の出口」を歌う(左から)村重杏奈、坂本愛玲菜、坂口理子(c)Mercury

 HKT48が5日、新型コロナウイルスの影響で休止していたパフォーマンス活動を再開した。福岡市内のレッスン場で配信限定のライブ「HKT48 THE LIVE~STUDIO LIVE SONG Vol.1~」を開催。

2020 5/8 11:18
HKT48

【HKT4月の迷言】熊沢世莉奈しりとりトップバッターで「生写真!」

しりとりをいきなり終わらせたHKT48の熊沢世莉奈

 思わず「ふふっ」と笑ってしまうHKT48メンバーの「迷言」を毎月、特命担当記者が独断と偏見で決めてしまうこの企画。一部ネットでは「記者と机が会話している」と言われていますが、デスク(48歳)は実存しており「最近、家でもネットでも存在感が薄い」とすねています。

2020 4/8 13:53
HKT48

【HKT3月の迷言】師のジェラシー「もう知らない」と弟子へ破門宣言

ちょっとした勘違いから、まな弟子の上島楓に「破門」を出したHKT48の上野遥

 暗いニュースが目立つ中、思わず笑ってしまうHKTメンバーの迷言を、特命担当が勝手に選ぶコーナー。3月は、劇場を中心に人気を集めるあの「師弟」から選びました。

2020 3/10 0:00
HKT48

まいこむ卒業 がむしゃらだった研究生時代 HKT月イチ活動報告(中)

2月の活動を振り返ったHKT48の(左から)今田美奈、山下エミリー、秋吉優花、森保まどか

 今田美奈(23)、森保まどか(22)、秋吉優花(19)、山下エミリー(21)の4人が2月の活動を振り返る座談会。第二の故郷・フィリピンを満喫した山下は、撮影の出来にも自信を見せる。

2020 3/5 12:04
HKT48

ハイクラス9人、最高に魅了するダンスを HKTのユニット「Lit charm」

2月に開いた2回目の単独イベントで記念撮影に臨む「Lit charm」。(左から)熊沢世莉奈、下野由貴、坂口理子、上野遥、竹本くるみ、本村碧唯、今村麻莉愛、松岡はな、今田美奈

 チームKⅣキャプテン本村碧唯を中心としたユニット「Lit charm(リットチャーム)」が活動を本格化させている。現在、HKT48では四つの公式ユニットが活動中だが、よりダンスに重点を置き個性を際立たせる。

2020 2/5 0:00
HKT48

ダンスで魅了し笑わせて、ユニットが好評 HKT月イチ活動報告(上)

1月の活動を振り返ったHKT48の(左から)山下エミリー、深川舞子、竹本くるみ、本村碧唯

 新年早々、激動の日々を送ったHKT48。恒例の成人式には9人が参加、エース田中美久は1月23日、初のソロライブに挑んだ。

2020 1/11 12:00
HKT48

さらば博多のMC番長、「地獄」経て磨いたトーク HKT田中菜津美が卒業

卒業公演で笑顔を見せるHKT48の田中菜津美=福岡市・天神

 HKT48の1期生・田中菜津美(19)が11日の劇場公演で卒業した。8年間、最大の武器である切れ味鋭いトークでグループを支え続けてきた博多のMC番長。

2019 11/9 4:00
HKT48

AKB舞台「仁義なき戦い」、博多座で9日開幕 総勢47人出演、大半は男役 「芝居でグループの魅力を」

舞台「仁義なき戦い~」の通し稽古で乱闘シーンを演じるAKB48の横山由依(正面手前)=福岡市博多区の博多座

 博多座(福岡市)の開場20周年を記念するAKB48グループの特別公演が9日、開幕する。目玉の第1部は昭和の任侠映画にちなんだ舞台。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング