まとめ

「下野由貴」 (2ページ目)

「下野由貴」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 4/19 23:32
HKT48

再開した生誕祭、コールの幻聴が聞こえてきた HKT月イチ報告(上)

3月の活動を振り返ったHKT48の(左から)武田智加、秋吉優花、下野由貴、今村麻莉愛(撮影・古川泰裕)

 5月12日の14枚目シングル「君とどこかへ行きたい」発売に向け、「つばめ」と「みずほ」の「W選抜」で動くHKT48。活動拠点の「西日本シティ銀行 HKT48劇場」では、ファンがメンバーの誕生日を祝う「生誕祭」や、16人出演の正規チーム公演が順次再開されている。

2021 4/15 15:02
HKT48

HKT新曲は「君とどこかへ行きたい」ジャケ写はJR九州の全面協力で撮影

田中美久ら「つばめ選抜」が電車の窓から顔をのぞかせるタイプA(c)Mercury

 HKT48は15日、14枚目シングル(5月12日発売)のタイトルを「君とどこかへ行きたい」と発表、全6種類のジャケット写真を公開した。いずれもJR九州の全面協力の下、九州の駅や車両内で撮影した。

2021 4/2 23:32
HKT48

「私にはまだHKTが必要」下野、生誕祭&劇場1000回達成のWお祝い

「生誕祭」でファンに思いを伝えるHKT48の下野由貴。右は劇場公演出演1000回記念のレリーフ(撮影・古川泰裕)=2021年4月2日

 劇場公演出演1000回を達成したHKT48の下野由貴の偉業をたたえる記念セレモニーが2日、「西日本シティ銀行 HKT48劇場」(福岡市中央区)であった。この日は下野の23歳の誕生日で、ファンが祝う生誕祭も同時に開催された。

2021 3/30 19:34
HKT48

【HKT2月の名言】劇はじ演出担当が伝えた最後のメッセージ

「劇はじ」で演出を担当した下野由貴。コント劇では久々に演者として舞台に立った(撮影・古川泰裕)=2021年3月25日

 HKT48メンバーの心に残る「名言」を、特命担当記者が勝手に選ぶ月イチ企画。2月はメンバーが俳優から裏方まで全てを手掛けたオンライン企画「HKT48、劇団はじめます。

2021 3/24 0:10
HKT48

HKTコント劇、福岡凱旋が初日! アフターコントで豊永がクララ熱演

福岡凱旋公演の初日を迎えたコラボコント劇、客席は笑いに包まれた(撮影・古川泰裕)

 HKT48とコントユニット「大人のカフェ」のコラボコント劇「恋のストラテジー」福岡凱旋(がいせん)公演が23日、福岡市・天神のイムズホールで始まった。初日ということもありアドリブこそ控えめだったが、主演の豊永阿紀を中心に息の合ったやりとりで客席の笑いを誘った。

2021 3/22 22:40
HKT48

みんなのパワー実感、もっといろんなことできる HKT月イチ報告(下)

劇はじの4カ月を総括するHKT48の(左から)地頭江音々、武田智加、馬場彩華、坂口理子(撮影・古川泰裕)

 HKT48のメンバーが裏方から出演まで全てを手掛けたオンライン演劇企画「HKT48、劇団はじめます」(劇はじ)。総括する座談会の最後は、「不本意アンロック」を上演した劇団「ごりらぐみ」のプロデューサー・武田智加(18)と地頭江音々(20)が、「ゼロからのものづくり」に挑んだ日々を振り返る。

2021 3/22 22:38
HKT48芸能

馬場の成長にりこぴ太鼓判「キャプテン向き」 HKT月イチ報告(中)

「劇はじ」の2劇団のプロデューサーとして、立ち上げから上演までの4カ月を振り返ったHKT48の(左から)地頭江音々、武田智加、馬場彩華、坂口理(撮影・古川泰裕)

 HKT48のメンバーが裏方から出演まで制作の全てを手掛けたオンライン演劇企画「HKT48、劇団はじめます」(劇はじ)の総括対談。「ミュン密」と「ごりらぐみ」という2劇団で、それぞれプロデューサーを務めた坂口理子(26)と馬場彩華(16)、武田智加(18)と地頭江音々(20)が、悪戦苦闘の4カ月を振り返る。

2021 3/22 22:34
HKT48芸能

「青春だった、私たち」劇はじの4カ月振り返る HKT月イチ報告(上)

「劇はじ」について振り返ったHKT48の(左から)地頭江音々、武田智加、馬場彩華、坂口理子(撮影・古川泰裕)

 14枚目シングルの表題曲を歌う「W選抜」を発表したHKT48。5月12日のリリースへ向け、制作やプロモーションも本格化していきそうだ。

2021 3/20 20:47
HKT48

HKT劇場で「生誕祭」再開 昨年中止の武田「本当にうれしい」

再開された「生誕祭」でファンに思いを伝えるHKT48の武田智加(中央)(撮影・古川泰裕)

 HKT48メンバーの誕生日をファンが祝う「生誕祭」が20日、「西日本シティ銀行 HKT48劇場」(福岡市)で再開された。新型コロナウイルスの感染拡大により昨年2月23日以降中止されてきたが、今年3月から有観客公演を再開したことで「復活」した。

2021 3/14 20:02
HKT48

HKT相次いだ卒業発表 重い決断、できるのは本人だけ

森保まどかの卒業発表を受けて涙を流す松岡はな(中央)。栗原紗英(左)と豊永阿紀(右)は驚きを隠せない(撮影・古川泰裕)=2021年3月6日

 48グループのメンバーは、卒業発表から巣立ちのその日までが一番きれいになる、と言われる。アイドル人生の最後に見せる閃光(せんこう)のような輝きが、そう見せるのかもしれない。

2021 3/7 6:00
HKT48

HKT森保まどか10年目の決断 卒業発表「世界見たい」

卒業を発表したHKT48の森保まどか(撮影・古川泰裕)=6日午後6時半

 HKT48の1期生・森保まどか(23)が6日、「西日本シティ銀行 HKT48劇場」(福岡市)で開かれた「博多なないろ」公演で、グループからの卒業を発表した。今後については未定。

2021 3/6 21:08
HKT48

「よう数えましたね」ファンに感謝 HKT下野が劇場公演1000回達成

劇場公演への出演1000回を達成したHKT48の下野由貴(撮影・古川泰裕)

 HKT48の1期生・下野由貴(22)が6日、「西日本シティ銀行 HKT48劇場」で開催された「博多なないろ」公演で、劇場公演出演1000回を達成した。事前に「いつもと変わらない普通の1日」と話していた通り、特別な演出はなかったが、自身が中心となって決めた「チームレッド」のセットリストで、いつも通りに全力のパフォーマンスを披露した。

2021 3/5 19:36
HKT48

HKT下野、公演1000回へ ファンの笑顔で「コンプレックスを誇りに」

6日に劇場公演1000回を達成するHKT48の下野由貴(撮影・古川泰裕)

 HKT48チームKⅣの下野由貴(22)が6日、「西日本シティ銀行 HKT48劇場」で開催される「博多なないろ」公演で、劇場公演出演1000回を達成する。HKTでは上野遥に続き2人目、全国6カ所に拠点を置くAKB48グループでもまだ4人目の偉業だ。

2021 2/28 23:30
HKT48

「宝物のような時間」HKT『劇はじ』涙の千秋楽 駆け抜けた20公演

劇団「ミュン密」の千秋楽公演で追加された卒業式のシーン

 裏方から俳優まで、制作の全てをメンバーが手がけるオンライン演劇企画「HKT48、劇団はじめます。」(劇はじ)が28日、千秋楽を迎えた。

2021 2/20 17:27
HKT48

「泣けた」「ここで伏線が…」HKT『劇はじ』開演、驚きの声

「水色アルタイル」冒頭の1シーン。高校のオンライン授業という設定で見せる場面には裏方メンバーの姿も

 裏方から俳優まで、制作の全てをHKT48のメンバーが手掛けるオンライン演劇企画「HKT48、劇団はじめます。」が20日に初日を迎えた。

2021 2/18 23:30
HKT48

笑いが止まらない、なっぴに「人形の呪い」 HKT月イチ報告(中)

オンライン演劇企画「劇はじ」のユニークなエピソードも披露してくれたHKT48の(左から)渕上舞、小田彩加、運上弘菜、神志那結衣(撮影・古川泰裕)

 メンバーが裏方から俳優まで全てを担う「HKT48、劇団はじめました。」(劇はじ)が20日に初日を迎える。

2021 2/18 23:00
HKT48

「劇はじ」特集、作品の推しメン見つけて HKT月イチ報告(上)

オンライン演劇企画「劇はじ」について語り尽くしたHKT48の(左から)渕上舞、小田彩加、運上弘菜、神志那結衣(撮影・古川泰裕)

 西日本シティ銀行(福岡市)のイメージキャラクターに就任し、テレビCMもスタートするなど、地元との連携が活発なHKT48。メンバーが企画から上演まで手掛け、20日に初日を迎えるオンライン演劇企画「HKT48、劇団はじめます。

2021 2/16 13:00
HKT48

「HKTがより熱い集団に」 『劇はじ』がもたらす変化と可能性

劇団「ミュン密」の運上弘菜(左)と小田彩加。それぞれ役者と宣伝・広報を担う

 20日に初日を迎える「HKT48、劇団はじめます。」(劇はじ)。

2021 1/27 20:21
HKT48

「ただ純粋に作品と触れ合って」劇はじ演出の下野、芽瑠が意気込み

劇団「ミュン密」で演出を担当する田島芽瑠(撮影・古川泰裕)

 HKT48のメンバーが全てを手掛けるオンライン演劇「HKT48、劇団はじめます。」(以下「劇はじ」)のチケット販売が始まった27日、「ごりらぐみ」「ミュン密」の2劇団でそれぞれ演出を手掛ける2人がコメントを発表した。

2021 1/25 22:15
HKT48

「博多なないろ」ちょっとピリついたクリスマス HKT月イチ報告(中)

2020年12月の活動を振り返ったHKT48の(左から)伊藤優絵瑠、渡部愛加里、栗原紗英、熊沢世莉奈

 1期生の熊沢世莉奈(23)、3期生の栗原紗英(24)、ドラフト3期生の伊藤優絵瑠(17)、渡部愛加里(16)が振り返る2020年師走のHKT48。座談会の話題は、緊急事態宣言下でも配信限定で開催されている「博多なないろ」公演に。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング