まとめ

「堺萌香」 (2ページ目)

「堺萌香」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 2/20 17:27
HKT48

「泣けた」「ここで伏線が…」HKT『劇はじ』開演、驚きの声

「水色アルタイル」冒頭の1シーン。高校のオンライン授業という設定で見せる場面には裏方メンバーの姿も

 裏方から俳優まで、制作の全てをHKT48のメンバーが手掛けるオンライン演劇企画「HKT48、劇団はじめます。」が20日に初日を迎えた。

2021 2/18 23:00
HKT48

「劇はじ」特集、作品の推しメン見つけて HKT月イチ報告(上)

オンライン演劇企画「劇はじ」について語り尽くしたHKT48の(左から)渕上舞、小田彩加、運上弘菜、神志那結衣(撮影・古川泰裕)

 西日本シティ銀行(福岡市)のイメージキャラクターに就任し、テレビCMもスタートするなど、地元との連携が活発なHKT48。メンバーが企画から上演まで手掛け、20日に初日を迎えるオンライン演劇企画「HKT48、劇団はじめます。

2021 2/16 13:00
HKT48

「HKTがより熱い集団に」 『劇はじ』がもたらす変化と可能性

劇団「ミュン密」の運上弘菜(左)と小田彩加。それぞれ役者と宣伝・広報を担う

 20日に初日を迎える「HKT48、劇団はじめます。」(劇はじ)。

2021 1/27 19:27
HKT48

HKTオンライン演劇「劇はじ」のチケット販売開始 メイン画像も公開

「ごりらぐみ」による「不本意アンロック」のキービジュアル

 HKT48のメンバーが企画から出演まで全てを手掛けるオンライン演劇「HKT48、劇団はじめます」(以下「劇はじ」)のチケット販売が27日、始まった。チケットはオンラインで購入するデジタル式で、一般が2800円、18歳以下は500円。

2021 1/22 11:30
HKT48

【HKT12月の名言】あたらしいげきじょうで とべるといいなぁ

劇場公演で堺萌香から豪快にぶん投げられ、高々と宙を舞うくまのぬいぐるみ(撮影・古川泰裕)=2019年8月3日

 HKT48メンバーの心に残る一言を、特命担当記者が独断で選ぶ月イチ企画。2020年12月は、新型コロナウイルス禍の中、メンバーの大事な相方が発した新年への思いを選びました。

2020 12/17 18:01
HKT48

【Fの推し増し】脚本の「鬼才」2人の世界観に期待 HKT「#劇はじ」見どころ

「#劇はじ」で上演する2作品のティザー画像

 HKT48のオンライン演劇プロジェクト「#劇はじ」の概要が17日、発表された。年末のさまざまな行事と並行しながら、2月の上演に向け各部門の担当者は駆けずり回っている最中だという。

2020 11/20 12:05
HKT48

幻の曲、驚きのセンター…未来につなぐ「虹の橋」 HKTなないろ公演

記念撮影するチームレッドとチームイエロー=11月6日

 「西日本シティ銀行 HKT48劇場」(福岡市中央区)で6日、「博多なないろ」公演がスタートした。HKTのメンバー48人をくじ引きで七つのグループに分ける、かつてない試み。

2020 11/6 22:01
HKT48

「一からみんなでつくった」HKT新劇場の新企画「なないろ公演」開幕

「博多なないろ」公演初日、アンコールで元気よく跳びはねる運上弘菜(中央)らメンバー(撮影・古川泰裕)

 HKT48の新常設劇場「西日本シティ銀行 HKT48劇場」(福岡市中央区地行浜)で6日夜、活動中の全メンバー48人をくじ引きで七つのグループにシャッフルした「博多なないろ公演」が始まった。初日は田中美久(19)や松岡はな(20)らが所属する「チームレッド」と、運上弘菜(22)や坂口理子(26)らの「チームイエロー」が登場。

2020 11/5 20:50
HKT48

【Fの推し増し】名曲連発、HKT東京ライブは「エモさ」満載の神セトリ

「誰より手を振ろう」を歌う上野遥(撮影・古川泰裕)

 HKT48は11月4、5の両日、東京・恵比寿ガーデンホールで開かれた「アイアライブ2020」に出演した。今年1月以来となる東京公演で、“再会”を待ちわびていたファンの心を揺さぶったのが「エモさ」満載のセットリストだった。

2020 11/4 22:17
HKT48

センター地頭江「おしゃべりジュークボックス」初披露 HKT10カ月ぶり東京! 

東京で今年1月以来のライブを開き「おしゃべりジュークボックス」を初披露したHKT48(撮影・古川泰裕)

 11月2日に新常設劇場のグランドオープンを迎えたばかりのHKT48が4日、東京・恵比寿ガーデンホールで「アイアライブ2020」に出演した。グループとしては今年1月以来となる東京でのコンサート。

2020 11/2 22:26
HKT48

HKT次回公演は6日から 7チームに分かれ「博多なないろ」公演

新劇場こけら落とし公演の最終リハーサルで「早送りカレンダー」を歌う坂本りの(左)と竹本くるみ(撮影・三笘真理子)

 HKT48は2日、新劇場での今後の公演日程を発表した。6日からスタートし、10、12、15日まで発表している。

2020 11/1 14:30
HKT48

HKT48 メンバ一名鑑

HKT48 西スポ独自のメンバー名鑑を紹介します。

2020 9/15 0:12
HKT48

福岡応援ソングに参加、家族で「はあぁぁ!」 HKT月イチ報告(下)

お菓子を食べながら、会話に花を咲かせる豊永阿紀

 渕上舞(23)、堺萌香(22)、豊永阿紀(20)、栗山梨奈(19)による座談会もいよいよ終盤戦。ロケも舞台もスタッフも、北九州市にこだわった映画「めぐり逢(あ)わせの法則」で主演する豊永が、炎天下の北九州で肌を焼きながら熱演した日々や、豊永家の一大事となった福岡応援ソング「Beat goes on」のレコーディングについて熱っぽく語った。

2020 9/15 0:08
HKT48

「ハイ!ハイ!」メンバーからコールが自然発生 HKT月イチ報告(中)

8月の活動を振り返ったHKT48の(左から)豊永阿紀、堺萌香、栗山梨奈、渕上舞

 8月を振り返るHKT48の渕上舞(23)、堺萌香(22)、豊永阿紀(20)、栗山梨奈(19)の座談会。8月30日に出演したオンラインの音楽イベント「@JAM ONLINE FESTIVAL 2020」で、この夏初めて本格的なステージパフォーマンスを披露した豊永は、メンバーから自然発生した曲中の動きについて解説する。

2020 9/15 0:00
HKT48

「自分の声を大事にしよう」THE LIVEで意識変化 HKT月イチ報告(上)

8月の活動を振り返ったHKT48の(左から)豊永阿紀、堺萌香、栗山梨奈、渕上舞

 8月30日に出演したオンラインの音楽イベント「@JAM ONLINE FESTIVAL 2020」で最新シングル「3-2」をステージで初披露したHKT48。4月22日のリリース以来、満を持してのパフォーマンスは統制の取れた美しいダンスで、画面の向こうのファンを魅了した。

2020 3/10 0:00
HKT48

Chouは夜景、Lit charmはカーレース⁉ HKT月イチ活動報告(下)

笑顔を見せるHKT48の(左から)今田美奈、山下エミリー、秋吉優花、森保まどか

 掘れば掘るほど、どんどん出てくる深川舞子=まいこむの思い出話。「平和の象徴」と呼ばれるほど優しい性格ながら、その天然ぶりは枚挙にいとまがない。

2020 1/15 0:00
HKT48

殻を破った19年 新劇場へ「みんなで目標決めたい」 HKT月イチ報告(下)

2020年の抱負を語り合ったHKT48の(左から)堺萌香、栗原紗英、上野遥、下野由貴

 HKT48メンバー4人の座談会「月イチ活動報告」。最後は、新劇場が開館する2020年について、1期生の下野由貴(21)、2期生の上野遥(20)、3期生の栗原紗英(23)、4期生の堺萌香(21)が熱い思いを語ります。

2020 1/15 0:00
HKT48

アドリブ磨いた「仁義なき戦い」 代役にも積極的 HKT月イチ報告(中)

手で「2020」を作るHKT48の(左から)堺萌香、栗原紗英、上野遥、下野由貴

  HKT48の2019年を振り返り、20年への展望を語るメンバー4人の座談会。続いては、博多座で上演されたAKB48グループの舞台「仁義なき戦い」(11月)に出演した4期生の挑戦からスタート。

2020 1/15 0:00
HKT48

「初心に戻ってやるんだ」相次ぐ卒業、逆風に一丸 HKT月イチ報告(上)

2020年のえとに合わせ、ネズミのポーズを決めるHKT48の(左から)堺萌香、栗原紗英、上野遥、下野由貴

 1期生・田中菜津美の卒業から始まった、HKT48の2020年。たぐいまれな機転とトーク力を見せていた「MC番長」との別れがグループにもたらす影響は小さくはないが、〝ポストなつみかん〟を狙う次世代の成長も著しい。

2019 12/31 20:00
HKT48

【8位】博多座で仁義なきアドリブ?〈HKT48 10大ニュース2019〉

舞台「仁義なき戦い」で熱演を見せたHKT48の村重杏奈=2019年11月、福岡市博多区

 11月、福岡市の博多座にAKB48の横山由依や岡田奈々、向井地美音らグループの主要メンバーが集結。昭和の名作映画「仁義なき戦い」の舞台化に挑んだ。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング