まとめ

「清水梨央」

「清水梨央」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 9/8 21:03
HKT48

「またここで会うために」HKT48、「博多なないろ」で公演再開 新たな曲も

無観客、配信限定で劇場公演を再開したHKT48(写真は昨年11月の公演)(撮影・古川泰裕)

 HKT48は8日、福岡市の「西日本シティ銀行 HKT48劇場」で、無観客の配信限定で劇場公演を再開した。6、7人のチームごとに行う「博多なないろ」公演。

2021 8/31 14:05
HKT48

生誕祭でネタにされた特命担当記者「Fさんか!」 HKT48、7月の迷言

22歳の生誕祭公演でパフォーマンスをするHKT48の山内祐奈(撮影・古川泰裕)=2021年7月8日

 HKT48メンバーが残した「クスッ」と笑える一言を、特命担当記者が勝手に決める月イチ企画。7月は、チームTⅡメンバーの誕生日を祝う「生誕祭」から、特命記者がいじられた企画を選びました。

2021 7/13 0:10
HKT48

1期も5期も「やった」、歌いながら「空気椅子」 HKT月イチ報告(下)

6月の活動を振り返ったHKT48の(左から)坂本りの、清水梨央、秋吉優花、本村碧唯(撮影・古川泰裕)

 「宮脇咲良との1カ月」を振り返る座談会も佳境に。「古参ファン」が感涙した6月27日の壮行会の話題が続く。

2021 7/13 0:05
HKT48

咲良が教えてくれた、自分たちがまず楽しもう! HKT月イチ報告(中)

6月の活動を振り返ったHKT48の(左から)坂本りの、清水梨央、秋吉優花、本村碧唯(撮影・古川泰裕)

 脱線を繰り返しながら「宮脇咲良との1カ月」を振り返る座談会。話題はようやく6月19日の卒業コンサートへ。

2021 7/13 0:00
HKT48

ロッカーに推しのサイン、清水「うれしすぎ」 HKT月イチ報告(上)

6月の活動を振り返ったHKT48の(左から)坂本りの、清水梨央、秋吉優花、本村碧唯(撮影・古川泰裕)

 5月29日の森保まどかに続き、6月19日のマリンメッセ福岡のコンサートで宮脇咲良を送り出したHKT48。連続した1期生の巣立ちは、数々の名場面をグループの歴史に刻み、忘れられない思い出をファンとメンバーの心に残した。

2021 5/29 23:21
HKT48

「完全燃焼できました」HKT森保まどか「人生の第2楽章」に終止符

森保まどか(左から4人目)の卒業コンサートで「手をつなぎながら」を披露したHKT48の1期生(c)Mercury

 HKT48の1期生・森保まどか(23)が29日、北九州市のソレイユホールで開催された卒業コンサート「みんな元気にしとった?」に出演、「たくさんの巡り合いに感謝したい」と約10年のアイドル人生を「完奏」した。笑顔と汗、涙に彩られた人生の「第2楽章」を駆け抜け、まっさらな「第3楽章」を奏で始める。

2021 4/15 15:02
HKT48

HKT新曲は「君とどこかへ行きたい」ジャケ写はJR九州の全面協力で撮影

田中美久ら「つばめ選抜」が電車の窓から顔をのぞかせるタイプA(c)Mercury

 HKT48は15日、14枚目シングル(5月12日発売)のタイトルを「君とどこかへ行きたい」と発表、全6種類のジャケット写真を公開した。いずれもJR九州の全面協力の下、九州の駅や車両内で撮影した。

2021 4/13 22:49
HKT48

「もっと元気と笑顔を」HKTがチーム公演再開 新劇場で初、TⅡが躍動

再開した「手をつなぎながら」公演で全員そろってポーズを取るチームTⅡのメンバーたち(撮影・古川泰裕)

 HKT48は13日、「西日本シティ銀行 HKT48劇場」(福岡市)で、正規メンバー16人による有観客での「チーム公演」を約1年2カ月ぶりに再開した。新型コロナウイルス禍以前の従来通りの通常公演を再開するのは、全国の姉妹グループでも最速という。

2021 3/6 21:08
HKT48

「よう数えましたね」ファンに感謝 HKT下野が劇場公演1000回達成

劇場公演への出演1000回を達成したHKT48の下野由貴(撮影・古川泰裕)

 HKT48の1期生・下野由貴(22)が6日、「西日本シティ銀行 HKT48劇場」で開催された「博多なないろ」公演で、劇場公演出演1000回を達成した。事前に「いつもと変わらない普通の1日」と話していた通り、特別な演出はなかったが、自身が中心となって決めた「チームレッド」のセットリストで、いつも通りに全力のパフォーマンスを披露した。

2021 2/15 20:31
HKT48

村重&松本が爆笑司会、HKT「劇はじ」不参加メンバー配信イベント

カラオケ企画でMVPを獲得した伊藤優絵瑠(c)Mercury

 HKT48は15日、「とりま集合!」と題した配信イベントを始めた。メンバーが裏方から俳優まで制作のすべてを手がけるオンライン演劇企画「HKT48、劇団はじめます。

2020 11/25 23:54
HKT48

村重、秋吉、坂口が「矢島美容室」 歌ってしゃべってHKT9周年前夜祭

HKT9周年前夜祭で「矢島美容室」に扮(ふん)した(左から)秋吉優花、村重杏奈、坂口理子(撮影・古川泰裕)

 11月26日に活動9周年を迎えるHKT48が25日、「西日本シティ銀行 HKT48劇場」で前夜祭を開いた。加入期ごとに六つのグループに分かれて思い出話に花を咲かせたり、カラオケを楽しんだりして、グループの「誕生日」前夜を盛り上げた。

2020 11/20 12:05
HKT48

幻の曲、驚きのセンター…未来につなぐ「虹の橋」 HKTなないろ公演

記念撮影するチームレッドとチームイエロー=11月6日

 「西日本シティ銀行 HKT48劇場」(福岡市中央区)で6日、「博多なないろ」公演がスタートした。HKTのメンバー48人をくじ引きで七つのグループに分ける、かつてない試み。

2020 11/6 22:01
HKT48

「一からみんなでつくった」HKT新劇場の新企画「なないろ公演」開幕

「博多なないろ」公演初日、アンコールで元気よく跳びはねる運上弘菜(中央)らメンバー(撮影・古川泰裕)

 HKT48の新常設劇場「西日本シティ銀行 HKT48劇場」(福岡市中央区地行浜)で6日夜、活動中の全メンバー48人をくじ引きで七つのグループにシャッフルした「博多なないろ公演」が始まった。初日は田中美久(19)や松岡はな(20)らが所属する「チームレッド」と、運上弘菜(22)や坂口理子(26)らの「チームイエロー」が登場。

2020 11/5 20:50
HKT48

【Fの推し増し】名曲連発、HKT東京ライブは「エモさ」満載の神セトリ

「誰より手を振ろう」を歌う上野遥(撮影・古川泰裕)

 HKT48は11月4、5の両日、東京・恵比寿ガーデンホールで開かれた「アイアライブ2020」に出演した。今年1月以来となる東京公演で、“再会”を待ちわびていたファンの心を揺さぶったのが「エモさ」満載のセットリストだった。

2020 11/4 22:17
HKT48

センター地頭江「おしゃべりジュークボックス」初披露 HKT10カ月ぶり東京! 

東京で今年1月以来のライブを開き「おしゃべりジュークボックス」を初披露したHKT48(撮影・古川泰裕)

 11月2日に新常設劇場のグランドオープンを迎えたばかりのHKT48が4日、東京・恵比寿ガーデンホールで「アイアライブ2020」に出演した。グループとしては今年1月以来となる東京でのコンサート。

2020 11/2 22:26
HKT48

HKT次回公演は6日から 7チームに分かれ「博多なないろ」公演

新劇場こけら落とし公演の最終リハーサルで「早送りカレンダー」を歌う坂本りの(左)と竹本くるみ(撮影・三笘真理子)

 HKT48は2日、新劇場での今後の公演日程を発表した。6日からスタートし、10、12、15日まで発表している。

2020 11/1 14:30
HKT48

HKT48 メンバ一名鑑

HKT48 西スポ独自のメンバー名鑑を紹介します。

2020 5/18 20:00
HKT48

4位芽瑠「ずっとずっとHKTのそばにいて」  月イチ活動報告7周年

2014年5月の連載、(左から)松岡菜摘、田島芽瑠、本村碧唯の3人が登場

 2020年5月で7周年を迎えた西日本スポーツの連載「HKT48の月イチ活動報告」。毎月の活動を振り返る企画の特別版として、登場した回数の多いメンバー4人のアンケート回答を掲載します。

2019 3/6 9:12
HKT48

会議室に7時間「R24」自ら構成 い~っぱい考えました!! 「博多リフレッシュ」開演

2月の活動を振り返ったHKT48の(左から)上野遥、朝長美桜、清水梨央、森保まどか

●月イチ活動報告 5期研究生14人がバックダンサーなどで劇場公演に登場するようになり、春の風が吹き始めたHKT48。2月23日に2期生で結成された「R24」がセルフプロデュース公演「博多リフレッシュ」をスタートさせた一方、28日には冨吉明日香が卒業を発表。

2018 3/8 9:07
HKT48

萌える春 切ない春 メンバー2人の卒業… 「らしさ」全開ツアー開幕

2月の活動を振り返ったHKT48の(左から)坂口理子、田島芽瑠、清水梨央、森保まどか

●月イチ活動報告 1年ぶりとなるコンサートツアー「これが博多のやり方だ!」を神戸でスタートさせたHKT48。初日から「全員1曲センター」や「寸劇」、映像を多用した演出など、サブタイトル通り「らしさ」全開のステージで、1万人のファンを魅了した。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング