プロ野球担当記者コラム
連載

「プロ野球担当記者コラム」

「プロ野球担当記者コラム」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 2/22 6:00
ソフトバンク

柳田と相部屋のソフトバンク谷川原、丸刈り頭の決意/プロ野球番記者コラム

休日練習する谷川原=2月5日

 丸刈り頭から今季にかける思いが伝わってくる。5年目の谷川原だ。

2020 2/19 6:00
ソフトバンク

城島氏が回想「数えるぐらいしか」かつての高知キャンプでの光景/プロ野球番記者コラム

城島アドバイザー

 ソフトバンクの宮崎春季キャンプは今年も盛況だ。週末にもなると2万人を超えるファンが目当ての選手を一目見ようと訪れる。

2020 2/15 6:00
ソフトバンク

超一流だからこその悩み/プロ野球番記者コラム

ブルペンを終えた和田(右)に助言を送る工藤監督(撮影・佐藤桂一)=2月12日

 キャンプ中の楽しみの一つがゴルフだ。練習休日に都合が合えば報道陣もラウンド機会に恵まれることがある。

2020 2/11 6:00
ソフトバンク

高まる球団拡張の可能性/プロ野球番記者コラム

王会長(右)と話す城島アドバイザー

 春季キャンプは、15年ぶりにホークスに復帰した城島球団会長付特別アドバイザーが、滞在した第2クールまで話題をさらった。連日、ユニークな切り口で持論を展開したが、個人的には初日に「冗談抜きで2、3チームできる」と充実した戦力を前に漏らした言葉が印象に残っている。

2020 2/6 6:00
ソフトバンク

ドラ1入団の吉住が「千賀2世」に刺激 倉野コーチ「化ける可能性ある」/プロ野球番記者コラム

ソフトバンク・尾形

 今キャンプは育成選手で唯一A組の投手陣に抜てきされ、「千賀2世」とも評される3年目の尾形が注目されている。その一方、B組で目の色を変えている尾形の同期生がいる。

2019 9/24 6:00
ソフトバンク

田中笑顔なき2軍優勝/プロ野球番記者コラム

ソフトバンク・田中

 ホークス2軍が3年ぶりにウエスタン・リーグ優勝を果たした。今季2軍で主にセットアッパーとして25試合に登板した3年目の田中。

2019 9/23 6:00
ソフトバンク

PSで復活を期す「51番」/プロ野球番記者コラム

ソフトバンク・上林

 西武とのマッチレースも大詰めの20日。上林が出場選手登録を抹消された。

2019 9/20 6:00
ソフトバンク

ホーム2戦 地の利生かせ/プロ野球番記者コラム

9回2死一、二塁、代打川島(手前左)が二飛に倒れ、重苦しい雰囲気のソフトバンクベンチ=18日楽天戦

 ヤフオクドームで行われた9日のロッテ戦で、ホークスの今季主催試合の観客動員数が250万人を突破した。68試合目での突破は球団史上最速だったという。

2019 9/19 6:00
ソフトバンク

死力尽くす姿に思い重ね/プロ野球番記者コラム

MGCの男子で14位に終った設楽悠太

 こんなに見応えのあるレースを見たのは初めてだった。15日に行われた東京五輪の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)だ。

2019 9/17 6:00
ソフトバンク

再加速の鍵は2人の右腕/プロ野球番記者コラム

2軍戦で5回2/3を2失点に抑えたバンデンハーク。1軍復帰に向けて順調ぶりをアピールした=9月12日

 激しさが日に日に増しているパ・リーグのペナント争い。 昨季のリーグ王者西武とのマッチレースに臨んでいるソフトバンクも、厳しい戦いを強いられている。

2019 9/16 6:00
ソフトバンク

猛省しかない「酷な質問」/プロ野球番記者コラム

ソフトバンク・東浜

 取り返しのつかない行動を取ってしまった。先日、筑後のファーム施設で練習を終えた東浜に声を掛けた。

2019 9/13 6:00
ソフトバンク

どちらの「悔しさ」勝るか/プロ野球番記者コラム

ロッテに敗れて西武のリーグ優勝が決まり、最後に一礼して引き揚げる工藤監督=2018年09月30日

 どちらの「悔しさ」が勝るか、の戦いだ。11日の天王山初戦で敗れたホークスは79日ぶりに首位から転落。

2019 9/10 6:00
ソフトバンク

デッドヒート制する鍵は/プロ野球番記者コラム

今後の日程

 2017年8月にホークス担当となり、シーズン終盤を取材するのは3度目のこと。優勝争いの佳境で、ホークスはより強さを発揮するイメージがある。

2019 9/6 8:26
ソフトバンク

消化試合なし過酷V戦線/プロ野球番記者コラム

楽天に3連勝し、ナインを迎える工藤監督

 昨季のリーグ王者西武とのマッチレースとなっている今季のパ・リーグペナント争い。昨年は追う側、今年は追われる側として、しびれる9月を迎えている工藤監督が、ふと漏らした。

2019 9/5 6:00
ソフトバンク

15年目中田の熱投に期待/プロ野球番記者コラム

ウオーミングアップで、ダッシュする中田

 ベテランらしい落ち着いた表情とは対照的に、魂のこもった熱い投球を見せてくるだろう。5日、15年目の中田が今季初登板初先発する。

2019 9/4 6:00
ソフトバンク

“後輩”素根の快挙に続け/プロ野球番記者コラム

ソフトバンク・牧原

 福岡県久留米市東部の田主丸町は大いに沸いているだろう。8月31日の柔道世界選手権女子78キロ超級で素根輝(環太平洋大1年)が個人戦初出場初優勝を果たした。

2019 9/2 6:00
ソフトバンク

救援陣支える陰の立役者/プロ野球番記者コラム

ソフトバンク・松田遼

 ここまでもつれるシーズンになろうとは。ホークスは西武と最大8.5あったゲーム差を詰められたかと思えば、オリックスは最大9.5ゲームあった日本ハムを逆転し最下位を脱出。

2019 8/31 6:00
ソフトバンク

佳境見据えた岩崎の抹消/プロ野球番記者コラム

ソフトバンク・岩崎

 前向きな出場選手登録の抹消だった。右肘の故障から復帰した岩崎だ。

2019 8/26 6:00
ソフトバンク

規定投球回見直す時期?/プロ野球番記者コラム

ソフトバンク・千賀

 いわゆる「10傑」が成り立たない状況が続いている。23日に千賀がリーグ最速でシーズンの規定投球回(143回)に到達したのだが、パ・リーグでは25日現在の規定投球回に達している投手すら10人に満たない。

2019 8/24 6:00
ソフトバンク

雨天中止「0」あるかも/プロ野球番記者コラム

 試合開始前に雨は上がり、空には虹がかかった。23日のロッテ戦。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング