まとめ

「鶴竜」

「鶴竜」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 11/22 11:44
大相撲

九州場所、十両臥牙丸が休場

 大相撲九州場所13日目の22日、西十両12枚目の臥牙丸(32)=本名ジュゲリ・ティムラズ、ジョージア出身、木瀬部屋=が休場した。両膝に不安を抱え、12日目まで1勝11敗と精彩を欠いていた。

2019 11/12 9:10
大相撲

平幕友風が右膝重傷で休場

 友風

 大相撲の西前頭3枚目友風(24)=本名南友太、神奈川県出身、尾車部屋=が九州場所3日目の12日、日本相撲協会に「右膝関節脱臼で靱帯損傷を伴う。治療期間は現在のところ未定」との診断書を提出し、休場した。

2019 11/10 18:49
大相撲

大相撲、御嶽と白鵬は白星発進

 御嶽海(奥)が引き落としで妙義龍を下す=福岡国際センター

 大相撲九州場所初日(10日・福岡国際センター)成績次第で大関昇進の可能性がある関脇御嶽海は平幕妙義龍を引き落として白星発進した。  休場明けの横綱白鵬は小結北勝富士をはたき込んだ。

2019 11/10 10:11
大相撲

大相撲、横綱鶴竜が初日から休場

 横綱鶴竜

 大相撲の東横綱鶴竜=モンゴル出身、陸奥部屋=が九州場所初日の10日、日本相撲協会に「腰椎すべり症再発で14日間程度の安静療養が必要」との診断書を提出して休場した。最高位の力士が初日から休む異例の事態で、一年納めの場所は白鵬の一人横綱となった。

2019 11/9 16:37
大相撲

大相撲、御嶽海らの闘いに注目

 大相撲九州場所を前に行われた土俵祭り=9日、福岡国際センター

 一年納めの大相撲九州場所は10日に福岡国際センターで初日を迎える。先場所優勝の関脇御嶽海は成績次第で大関昇進の可能性があり、闘いぶりが注目される。

2019 11/8 11:14
大相撲

先場所V御嶽海は初日に妙義龍

 御嶽海

 日本相撲協会は8日、大相撲九州場所(10日初日・福岡国際センター)の取組編成会議を開き、2日目までの取組を決めた。先場所に2度目の優勝を果たし、成績次第では大関昇進の可能性がある関脇御嶽海は初日に平幕妙義龍、2日目に小結北勝富士との対戦が組まれた。

2019 11/7 19:17
大相撲

元嘉風の中村親方「気持ち悪い」 九州場所前夜祭で本音トーク

「対談コーナー」で会場を盛り上げ、笑顔を見せる(左から)荒磯親方、中村親方、琴奨菊、豊ノ島(撮影・佐藤雄太朗)

 10日に初日を迎える大相撲九州場所の前夜祭(西日本新聞社など後援)が7日、本場所の会場でもある福岡市の福岡国際センターで行われた。 土俵上での対談コーナーには荒磯親方(元横綱稀勢の里)、先場所を最後に現役を引退した中村親方(元関脇嘉風)、琴奨菊、豊ノ島の30歳代の親方、関取が登場した。

2019 11/6 15:45
大相撲

鶴竜、九州場所出場を明言

 朝稽古で豊山(右)を攻める鶴竜=福岡県志免町の時津風部屋宿舎

 大相撲の横綱鶴竜が6日、福岡県志免町の時津風部屋で出稽古し、平幕豊山を相手に15戦全勝と、九州場所(10日初日・福岡国際センター)を前に順調な調整ぶりを披露した。先場所途中休場の要因となった左膝は「完璧ではない」としたが、九州場所の出場については「もちろん(出る)」と明言した。

2019 11/2 16:55
大相撲

白鵬、鶴竜が奉納土俵入り

 福岡市博多区の住吉神社で土俵入りを奉納する白鵬。左は炎鵬

 大相撲九州場所(10日初日・福岡国際センター)を前に白鵬、鶴竜の両横綱が2日、福岡市博多区の住吉神社で土俵入りを奉納した。約5千人の見物客の前で、白鵬は不知火型、鶴竜は雲竜型を披露した。

2019 10/28 17:00
大相撲

新小結朝乃山が場所前に抱負

 大相撲九州場所の番付表を手にする新小結の朝乃山=28日、福岡市の高砂部屋宿舎

 大相撲九州場所(11月10日初日・福岡国際センター)の新番付が発表された28日、新小結に昇進した25歳の朝乃山が福岡市中央区の高砂部屋で記者会見し「小結で終わらない。もっと上の番付がある」と意欲を新たにした。

2019 10/28 7:26
大相撲

朝山新三役、貴景大関復帰

 朝乃山

 日本相撲協会は28日、一年納めの大相撲九州場所(11月10日初日・福岡国際センター)の新番付を発表し、先場所10勝の朝乃山が新小結に昇進し、西の2番目に就いた。2006年九州場所(稀勢の里、黒海、安美錦、露鵬)以来13年ぶりの4小結。

2019 9/30 18:39
大相撲

白鵬が12年ぶり2度目V

 第78回全日本力士選士権で優勝し笑顔の横綱白鵬=両国国技館

 大相撲の第78回全日本力士選士権は30日、東京・両国国技館で行われ、幕内トーナメントは秋場所途中休場の横綱白鵬が決勝で平幕北勝富士を寄り切り、2007年以来12年ぶり2度目の優勝を果たした。  同じく秋場所途中休場の横綱鶴竜は1回戦敗退。

2019 9/27 18:19
大相撲

横綱鶴竜ら陸奥部屋へ転属

 横綱鶴竜

 日本相撲協会は27日、井筒親方(元関脇逆鉾)の死去に伴い、横綱鶴竜ら井筒部屋の力士3人、床山1人の陸奥部屋への転属を承認したと発表した。陸奥部屋は井筒部屋と同じ時津風一門。

2019 9/25 12:32
大相撲

大相撲の井筒親方と最後の別れ

 遺影が飾られた井筒親方の祭壇=25日午前、東京都墨田区の井筒部屋

 大相撲の元関脇逆鉾で、16日に58歳で死去した井筒親方=本名福薗好昭、鹿児島県出身=の葬儀・告別式が25日、東京都墨田区の井筒部屋で時津風一門葬として執り行われ、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)や弟子の横綱鶴竜関らが最後の別れを惜しんだ。  井筒親方は父で師匠の先代井筒親方(元関脇鶴ケ嶺)譲りのもろ差しが武器で三賞を9度受賞した人気力士。

2019 9/24 18:42
大相撲

元逆鉾、井筒親方の通夜営まれる

 通夜会場の祭壇に掲げられた、大相撲の元関脇逆鉾の井筒親方の遺影=24日午後、東京都墨田区の井筒部屋

 大相撲の元関脇逆鉾で、16日に58歳で急逝した井筒親方=本名福薗好昭、鹿児島県出身=の通夜が24日、東京都墨田区の井筒部屋で営まれ、弟子の横綱鶴竜関や日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)ら関係者が早過ぎる別れを惜しんだ。  井筒親方は父で師匠の先代井筒親方(元関脇鶴ケ嶺)譲りのもろ差し名人で鳴らし、三賞を9度受賞するなど技巧派の人気力士だった。

2019 9/23 19:37
大相撲

横審、優勝の御嶽海を高評価

 横綱審議委員会の定例会合に臨む矢野弘典委員長(右から4人目)、日本相撲協会の八角理事長(左から3人目)ら=23日午後、東京都中央区

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は23日、東京都内で定例会合を開き、大相撲秋場所で2度目の優勝を果たした関脇御嶽海に高評価を与えた。矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は大関昇進について「有言実行でやってほしい。

2019 9/22 18:31
大相撲

大相撲、関脇御嶽海が2度目優勝

 大相撲秋場所千秋楽の優勝決定戦で貴景勝(左)を寄り切りで破った関脇御嶽海。2度目の優勝を果たした=22日、東京・両国国技館

 大相撲秋場所千秋楽は22日、東京都墨田区の両国国技館で行われ、東関脇御嶽海(26)=本名大道久司、長野県出身、出羽海部屋=が12勝3敗で並んだ西関脇貴景勝との優勝決定戦を制し、7場所ぶり2度目の優勝を果たした。本割では小結遠藤に勝っていた。

2019 9/15 18:50
大相撲

貴景、御嶽破り6勝目

 貴景勝(左)が押し出しで御嶽海を破る=両国国技館

 大相撲秋場所8日目(15日・両国国技館)1場所での大関復帰を目指す関脇貴景勝は関脇御嶽海を押し出して6勝目を挙げた。御嶽海は2敗目。

2019 9/15 8:36
大相撲

大相撲、鶴竜休場で横綱不在に

 横綱鶴竜

 大相撲の東横綱鶴竜(34)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が秋場所8日目の15日、日本相撲協会に「左膝内側側副靱帯損傷疑いで約2週間の安静加療を要する見込み」との診断書を提出して休場した。西横綱白鵬も2日目から休んでおり、今年1月の初場所以来の最高位不在となった。

2019 9/14 18:47
大相撲

鶴竜が3連敗、貴景勝も連敗

 友風(左)がはたき込みで鶴竜を破る=両国国技館

 大相撲秋場所7日目(14日・両国国技館)横綱鶴竜は平幕友風にはたき込まれ、3連敗で4勝3敗となった。友風は鶴竜から2場所連続の金星獲得。

PR

PR

注目のテーマ