まとめ

「琴奨菊」

「琴奨菊」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 10/30 16:58
大相撲

元大関の琴奨菊、再入幕へ意欲

 再入幕に意欲を燃やす元大関の琴奨菊(左)=千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋(日本相撲協会提供)

 大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)で、2005年春場所以来15年ぶりに十両に転落した元大関の琴奨菊が30日、電話取材に応じ「正直悔しい。まだまだ力を出していないぞと。

2020 10/20 17:29
大相撲

36歳の琴奨菊が現役続行へ

 ぶつかり稽古で胸を出す琴奨菊(右)=20日、千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋

 大相撲の元大関で11月場所(11月8日初日・両国国技館)は十両転落が確実となっている琴奨菊(36)=本名菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋=が20日、千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋で代表取材に応じ「勝てば幕内に上がれる。自分の中で可能性を感じるからやっている。

2020 10/1 6:00
大相撲

「至誠一貫で相撲道にまい進」正代が大関昇進

大関昇進の伝達を受け、タイを手に写真に納まる正代=30日、東京都墨田区の時津風部屋(代表撮影)

 日本相撲協会は30日、東京都墨田区の両国国技館で11月場所(11月8日初日、両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、秋場所で優勝した東関脇正代関(28)=本名・正代直也、熊本県宇土市出身、時津風部屋=の大関昇進を決めた。 協会は同区の時津風部屋に鏡山理事(元関脇多賀竜)ら使者を派遣し、昇進を伝達。

2020 9/29 19:12
大相撲

正代「四字熟語」の口上「かまないように」

正代

 大相撲秋場所で熊本県出身力士初の優勝を果たし、大関昇進を確実にした関脇正代(熊本県宇土市出身)が29日、電話取材に応じ、30日の昇進伝達式の口上に「四文字熟語」を入れて決意を示すことを明らかにした。 「今後の自分の生き方に当てはまる言葉。

2020 9/29 6:00
大相撲

琴奨菊、現役続行「もう1回、四股を踏んで頑張ります、と」佐渡ケ嶽親方

琴奨菊

 元大関の琴奨菊(福岡県柳川市出身)が現役を続行し、再起を目指す。師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)が28日、明らかにした。

2020 9/27 20:58
大相撲

琴奨菊は進退明言せず「しっかり自分で判断していきたい」

琴奨菊(左)は寄り切りで照強に敗れる(撮影・大泉謙也)

 元大関で西前頭11枚目の琴奨菊(福岡県柳川市出身)は照強に寄り切られた。 左ふくらはぎの肉離れで休場、再出場し2勝10敗3休。

2020 9/26 19:12
大相撲

琴奨菊の幕内残留絶望 関取最年長36歳、攻めるも7連敗

竜電(手前)に上手投げで敗れた琴奨菊(撮影・大泉謙也)

 頭から当たり、左を差して前へ出た。琴奨菊(福岡県柳川市出身)は得意の「がぶり寄り」の構えも見せたが、ふくらはぎを痛めている左足が浮いてしまい、竜電の上手投げに転がされた。

2020 9/25 18:54
大相撲

琴奨菊6連敗 力なく土俵を割り「気持ちが急いでいる」

逸ノ城(奥)が送り出しで琴奨菊を破る(撮影・大泉謙也)

 当たって前へ出たところで逸ノ城にいなされ、送り出された。再出場した7日目に勝った後は6連敗。

2020 9/23 18:48
大相撲

琴奨菊、36歳同士の福岡対決も黒星「弱いところ出た」

琴奨菊は寄り切りで松鳳山に敗れる(撮影・伊東昌一郎)

 左ふくらはぎの肉離れで厳しい土俵が続く琴奨菊は36歳同士の同県対決でも白星をつかめなかった。 1月生まれで福岡県柳川市出身の琴奨菊は、2月生まれで築上町出身の松鳳山に寄り切られて2勝6敗3休。

2020 9/22 18:59
大相撲

琴奨菊負け越し 幕内残留へ厳しい土俵続く オンライン取材応じず

石浦に下手投げで敗れた琴奨菊(撮影・冨永豊)

 下手投げで転がされた。左ふくらはぎの肉離れで休場し、7日目から再出場した琴奨菊は2勝5敗3休で負け越し。

2020 9/21 21:01
大相撲

琴奨菊がオンライン取材の模範 関取最年長「験を変えて」

徳勝龍に突き落としで敗れた琴奨菊(撮影・冨永豊)

 左からすくいながら出たところを、徳勝龍に突き落とされた。琴奨菊は3勝目を手にできなかった。

2020 9/20 19:29
大相撲

負傷の琴奨菊にさらなるピンチ 左ふくらはぎ悪化か、顔をしかめ土俵割る

琴奨菊(右)は寄り切りで豊昇龍に敗れる(撮影・冨永豊)

 肉離れを起こした左ふくらはぎの状態が、さらに悪化したようだ。琴奨菊(福岡県柳川市出身)は左を差して前へ出る場面もあったが、豊昇龍に右上手を許して寄られると顔をしかめ、自ら力を抜くように土俵を割った。

2020 9/19 20:27
大相撲

琴奨菊が再出場、故障乗り越え白星 親方に送った動画

再出場の琴奨菊は炎鵬の腰砕けで2勝目を挙げる(撮影・伊東昌一郎)

 現状を受け入れ、最善を尽くす。土俵で培ったその信念、覚悟を映す厳しい表情。

2020 9/18 14:59
大相撲

幕内琴奨菊が19日から再出場

 左ふくらはぎを痛め、大相撲秋場所を3日目から休場していた西前頭11枚目の琴奨菊(36)=本名菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋=が7日目の19日から再出場することが18日、決まった。平幕炎鵬との対戦が組まれた。

2020 9/15 18:52
大相撲

36歳琴奨菊が休場 十両転落危機にも前向き「1秒でも早く戻る」

秋場所2日目、明生(左)に寄り切りで敗れ左膝に手をやる琴奨菊=14日

 元大関で西前頭11枚目の琴奨菊(36)=福岡県柳川市出身=が左ふくらはぎの負傷で3日目から休場した。師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)ら関係者によると、再出場の意欲を強く示し「1秒でも早く土俵に戻るための休場。

2020 9/15 10:19
大相撲

秋場所3日目、幕内琴奨菊が休場

 琴奨菊

 大相撲の元大関で西前頭11枚目の琴奨菊(36)=本名菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋=が秋場所3日目の15日、休場した。初黒星を喫した2日目の明生戦で左ふくらはぎを痛めていた。

2020 7/14 6:00
大相撲

大相撲九州場所“消滅”にファン衝撃「福岡に力士のいない11月が想像できない」

満員御礼となった昨年の九州場所初日

 日本相撲協会は13日、臨時理事会を開き、11月8日に福岡市の福岡国際センターで初日を迎える予定だった九州場所を東京・両国国技館で開催すると発表した。大人数での移動、長期滞在による新型コロナウイルス感染拡大を避けるため。

2020 4/20 20:14
大相撲

豊島引退に「お疲れさま」と琴奨

 琴奨菊

 大相撲の元大関で関取最年長の36歳、琴奨菊が20日、電話取材に応じ、小学生時代からのライバルで同学年の元関脇豊ノ島の現役引退を惜しんだ。「何が何でも(もう一度)対戦したかったが…。

2020 3/18 18:06
大相撲

発熱の千代丸、再出場で黒星

 琴奨菊(右)が寄り切りで千代丸を破る=エディオンアリーナ大阪

 大相撲春場所11日目の18日、発熱により8日目から休場し、新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査で陰性だった西前頭15枚目の千代丸(28)=鹿児島県出身、九重部屋=が再出場し、東前頭13枚目の琴奨菊に寄り切られて黒星を喫した。成績は5勝4敗2休。

2020 3/17 17:56
大相撲

コロナ陰性の千代丸は再出場へ

 発熱により大相撲春場所を休場し、新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査で陰性だった西前頭15枚目の千代丸(28)=本名木下一樹、鹿児島県出身、九重部屋=が17日、春場所11日目の18日から再出場することを決めた。日本相撲協会は力士ら協会員に感染者が一人でも出た場合、無観客開催の場所を中止するが、このまま継続される。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング