まとめ

「琴奨菊」

「琴奨菊」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 3/15 19:24
大相撲

琴奨菊後援会3月で解散 部屋開設なら新後援会も

大関昇進を祝う水上パレードで、笑顔を見せる琴奨菊(手前中央)=2011年10月、福岡県柳川市

 福岡県柳川市出身で昨年11月に引退した大相撲の元大関琴奨菊の秀ノ山親方を応援してきた地元の「琴奨菊後援会」が3月末で解散する。15日に市内で開いた総会で承認された。

2020 11/24 19:12
大相撲

元大関琴奨菊、地元の激励に感謝

 故郷の福岡県柳川市を訪問し、写真に納まる元大関琴奨菊の秀ノ山親方(中央)=24日午後、柳川市役所

 大相撲の元大関琴奨菊の秀ノ山親方(36)が24日、故郷の福岡県柳川市を訪れた。市役所で面会した金子健次市長に現役引退を報告した上で「苦しい時も地元の人たちの激励のおかげで続けてこられた」と感謝の気持ちを伝えた。

2020 11/16 8:00
大相撲

琴奨菊 相撲に導いた恩人の仏前にも「引退」の知らせ

引退会見で目を閉じる琴奨菊関(日本相撲協会提供)

 日本相撲協会は15日、元大関で西十両3枚目の琴奨菊関(36)=本名菊次(きく  つぎ)一弘、福岡県柳川市出身、佐渡ケ嶽部屋=の現役引退と年寄「秀ノ山」襲名を発表した。 琴奨菊関の父菊次一典さん(65)は「長く相撲を取れたのも、親方の教えを最後まで守ったから。

2020 11/16 8:00
大相撲

「血が出てるし、もうやめていいよ」琴奨菊、3歳長男の言葉も決断後押し

引退会見に臨んだ琴奨菊関(日本相撲協会提供)

 「最後まで自分を信じてやれた」-。日本相撲協会は15日、元大関で西十両3枚目の琴奨菊関(36)=本名菊次(きく  つぎ)一弘、福岡県柳川市出身、佐渡ケ嶽部屋=の現役引退と年寄「秀ノ山」襲名を発表した。

2020 11/15 15:53
大相撲

琴奨菊が引退会見「全てやった」

 日本相撲協会は15日、元大関で西十両3枚目の琴奨菊(36)=本名菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋=の現役引退と、年寄「秀ノ山」の襲名を発表した。同日の臨時理事会で承認した。

2020 11/15 11:14
大相撲

琴奨菊の引退と年寄「秀ノ山」襲名を正式発表

優勝賜杯を手にし、関係者らに祝福され笑顔の琴奨菊=2016年1月

 日本相撲協会は15日、元大関琴奨菊(36)=福岡県柳川市出身、佐渡ケ嶽部屋=の現役引退と年寄「秀ノ山」の襲名を発表した。 同日午後1時半からオンラインによる会見に臨み、親方として新たなスタートを切る。

2020 11/15 10:39
大相撲

元大関琴奨菊の現役引退を発表

 琴奨菊

 日本相撲協会は15日、元大関で西十両3枚目の琴奨菊(36)=本名菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋=の現役引退と、年寄「秀ノ山」の襲名を発表した。同日の理事会で承認した。

2020 11/15 6:00
大相撲

琴奨菊が引退意向 前ソフトバンク内川「この1週間が刺激くれた」

九州場所で琴奨菊関(右)を激励し握手を交わす内川選手=2017年11月12日

 琴奨菊が現役引退の意向を固めたことについて、打者と投手の心理を聞いては家族ぐるみで付き合うプロ野球前福岡ソフトバンクの内川聖一は「お互いに高め合える存在だったので寂しいし、残念です。でも十両に落ちた時点ではなく、十両で相撲を取ってくれたこの1週間が僕に刺激を与えてくれました。

2020 11/15 6:00
大相撲

記者が語る琴奨菊 土俵で追究し人柄は笑顔通り、苦境でも相撲愛は変わらず

ファンの大歓声に万歳しながら優勝パレードに出発する琴奨菊(右)。旗手は琴勇輝=2016年1月、東京・両国国技館(撮影・冨永豊)

 支度部屋で話を聞く大相撲の取材はコロナ禍で一変した。リモート取材。

2020 11/15 6:00
大相撲

引退意向の琴奨菊「最後にやりたい」、あの時の琴バウアーは土俵への別れだった

初優勝を喜ぶ(左から)父菊次一典さん、母美恵子さん琴奨菊関、妻の祐未さん=2016年1月、東京・両国国技館(撮影・冨永豊)

 大相撲の元大関で西十両3枚目の琴奨菊関(36)=福岡県柳川市出身=が現役引退の意向を固めた。15年ぶりの十両で再起を目指した今場所は、けがと闘い続けた琴奨菊を象徴する苦しい土俵が続いた。

2020 11/14 20:57
大相撲

琴奨菊に同級生「かっくん、お疲れさま」、柳川市長「市民の誇り」

ファンの大歓声に万歳しながら優勝パレードに出発する琴奨菊(右)。旗手は琴勇輝=2016年1月、東京・両国国技館(撮影・冨永豊)

 琴奨菊関が引退の意向を固めたことに、故郷の福岡県柳川市や九州の関係者から惜しむ声が相次いだ。 同市の東宮永小の同級生で今も親交がある山田照広さん(37)は「さみしい気持ちもあるが、かっくん、お疲れさまと言ってあげたい」と話し「強い横綱たちを相手に大関としてよく闘った。

2020 11/14 20:51
大相撲

琴奨菊引退意向 「最後まで諦めず」と八角理事長ねぎらう、付け人だった琴恵光は「熱い気持ちを忘れない」

大関昇進を決め笑顔でポーズをとる琴奨菊=2011年9月、千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋(撮影・大泉謙也)

 引退する意向が明らかになった元大関の琴奨菊を、八角理事長(元横綱北勝海)は「けがが多かったけど、最後の最後まで諦めずに土俵に上がり、やりきったんじゃないかな」とねぎらった。2016年初場所の優勝と個性的ながぶり寄りと馬力が印象に残っているという。

2020 11/14 19:03
大相撲

貴景勝、照ノ富士が7戦全勝

 貴景勝(左)が押し出しで隠岐の海を下す=両国国技館

 大相撲11月場所7日目(14日・両国国技館)横綱、大関陣でただ一人出場の大関貴景勝は隠岐の海を力強く押し出し、7戦全勝とした。元大関の小結照ノ富士は若隆景をすくい投げで下して同じく7連勝。

2020 11/14 11:25
大相撲

琴奨菊の現役生活「大好きな相撲を追究できた」 16年は白鵬ら横綱3連破でV

11月場所6日目、千代ノ皇(左)に寄り切りで敗れた琴奨菊(撮影・安藤由華)

 最後まで「大好きな相撲を追究できた」と振り返る現役生活だった。大相撲の元大関で西十両3枚目の琴奨菊(36)=佐渡ケ嶽部屋、福岡県柳川市出身=が現役引退の意向を固めた。

2020 11/14 10:31
大相撲

引退意向の元大関・琴奨菊 16年初場所で優勝、幕内718勝(史上6位)

11月場所6日目、千代ノ皇(左)に寄り切りで敗れた琴奨菊(撮影・安藤由華)

 大相撲の元大関で西十両3枚目の琴奨菊(36)=本名・菊次一弘、佐渡ケ嶽部屋、福岡県柳川市出身=が現役引退の意向を固めたことが11月場所7日目の14日、日本相撲協会関係者の話で分かった。 琴奨菊は9月の秋場所2日目の取組で左ふくらはぎを痛めた。

2020 11/14 9:56
大相撲

関取最年長の元大関・琴奨菊が現役引退へ 幕内転落も「勝てば幕内に上がれる」…復帰ならず

11月場所3日目、琴奨菊(左)は下手投げで石浦に敗れる(撮影・冨永豊)

 大相撲の元大関で西十両3枚目の琴奨菊(36)=福岡県柳川市出身、佐渡ケ嶽部屋=が現役引退の意向を固めたことが14日、日本相撲協会関係者の話で分かった。11月場所はここまで1勝5敗と振るわなかった。

2020 11/14 9:51
大相撲

元大関の琴奨菊引退へ

 琴奨菊

 大相撲の元大関で西十両3枚目の琴奨菊(36)=本名菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋=が現役引退の意向を固めたことが11月場所7日目の14日、日本相撲協会関係者の話で分かった。協会理事会の承認を経て、年寄「秀ノ山」を襲名する見通し。

2020 11/13 6:00
大相撲

負傷抱える元大関琴奨菊4敗目…十両でも苦闘続く

琴奨菊

 元大関で西十両3枚目から再起を目指す琴奨菊(福岡県柳川市出身)は、錦木に突き落とされて1勝4敗。土俵上に戻る際には時間をかけ、花道で付け人の肩を借りるなど、先場所苦しんだ左ふくらはぎ負傷の影響をうかがわせた。

2020 10/30 16:58
大相撲

元大関の琴奨菊、再入幕へ意欲

 再入幕に意欲を燃やす元大関の琴奨菊(左)=千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋(日本相撲協会提供)

 大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)で、2005年春場所以来15年ぶりに十両に転落した元大関の琴奨菊が30日、電話取材に応じ「正直悔しい。まだまだ力を出していないぞと。

2020 10/20 17:29
大相撲

36歳の琴奨菊が現役続行へ

 ぶつかり稽古で胸を出す琴奨菊(右)=20日、千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋

 大相撲の元大関で11月場所(11月8日初日・両国国技館)は十両転落が確実となっている琴奨菊(36)=本名菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋=が20日、千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋で代表取材に応じ「勝てば幕内に上がれる。自分の中で可能性を感じるからやっている。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング