まとめ

「稀勢の里」

「稀勢の里」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 11/7 19:17
大相撲

元嘉風の中村親方「気持ち悪い」 九州場所前夜祭で本音トーク

「対談コーナー」で会場を盛り上げ、笑顔を見せる(左から)荒磯親方、中村親方、琴奨菊、豊ノ島(撮影・佐藤雄太朗)

 10日に初日を迎える大相撲九州場所の前夜祭(西日本新聞社など後援)が7日、本場所の会場でもある福岡市の福岡国際センターで行われた。 土俵上での対談コーナーには荒磯親方(元横綱稀勢の里)、先場所を最後に現役を引退した中村親方(元関脇嘉風)、琴奨菊、豊ノ島の30歳代の親方、関取が登場した。

2019 10/28 7:26
大相撲

朝山新三役、貴景大関復帰

 朝乃山

 日本相撲協会は28日、一年納めの大相撲九州場所(11月10日初日・福岡国際センター)の新番付を発表し、先場所10勝の朝乃山が新小結に昇進し、西の2番目に就いた。2006年九州場所(稀勢の里、黒海、安美錦、露鵬)以来13年ぶりの4小結。

2019 10/26 17:15
大相撲

荒磯親方が早大大学院に合格

 荒磯親方

 1月の大相撲初場所限りで引退した荒磯親方(33)=元横綱稀勢の里、本名萩原寛、茨城県出身=が早稲田大大学院に合格したことが26日、分かった。来年4月に入学し、スポーツ科学研究科の修士課程1年制でスポーツマネジメントなどを研究する。

2019 9/29 19:18
大相撲

元稀勢の里が引退相撲

 断髪式で田子ノ浦親方(左)に大銀杏を切り落とされる元横綱稀勢の里の荒磯親方=29日午後、両国国技館

 1月の大相撲初場所限りで現役を引退した荒磯親方(33)=元横綱稀勢の里、本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=の引退相撲が29日、東京都墨田区の両国国技館で開かれ、断髪式では元横綱3代目若乃花の花田虎上氏や元横綱日馬富士のダワーニャム・ビャンバドルジ氏ら約300人が別れのはさみを入れた。  荒磯親方は父の萩原貞彦氏や同年代の力士にはさみを入れてもらう際、涙を流す一幕もあり、最後は師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)に大銀杏を切り落とされた。

2019 8/24 16:40
大相撲

荒磯親方、最後の綱打ち

 引退相撲で使う新しい綱を締める荒磯親方(中央)=24日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋

 1月の大相撲初場所限りで現役を引退した荒磯親方(元横綱稀勢の里)が、引退相撲(9月29日・両国国技館)で締める綱を作る「綱打ち」が24日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で行われた。荒磯親方は締め心地について「ちょうどいい太さ、感触。

2019 7/17 19:43
大相撲

大相撲、4大関不在で理事長陳謝

 高安の休場で白鵬の不戦勝となり、土俵上に掲げられた垂れ幕=17日、名古屋市のドルフィンズアリーナ

 大相撲名古屋場所11日目の17日、西大関高安(29)=本名高安晃、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が左肘の負傷により休場し、昭和以降初めて4大関不在となった。日本相撲協会関係者からは残念がる声などが相次いだ。

2019 7/9 18:22
大相撲

荒磯親方、200人と握手会

 握手会でファンと握手する荒磯親方(右)=ドルフィンズアリーナ

 大相撲名古屋場所3日目の9日、荒磯親方(元横綱稀勢の里)がドルフィンズアリーナで特典付き入場券購入者との握手会を行い、約200人のファンと触れ合った。  握手会は2日目から4日目まで3日間行われ、升席B(4人一組)の購入者が対象となる。

2019 6/29 18:08
大相撲

新小結の竜電、精力的に11番

 二所ノ関一門の連合稽古で汗を流す竜電=名古屋市の二所ノ関部屋宿舎

 大相撲の新小結、竜電が29日、名古屋市天白区の二所ノ関部屋で行われた二所ノ関一門の連合稽古で11番相撲を取り、琴奨菊らへの素早い攻めが光った。3日間の連合稽古で計53番も取るなど名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)を前に体を精力的に動かし「しっかり稽古できた」とうなずいた。

2019 6/4 16:27
大相撲

大相撲、南三陸町で震災復興祈願

 東日本大震災からの復興を願い、土俵入りを披露する横綱鶴竜関=4日、宮城県南三陸町

 日本相撲協会は4日、東日本大震災からの復興を祈願するイベントを宮城県南三陸町で行い、大相撲の横綱鶴竜関が総合体育館「ベイサイドアリーナ」で約1500人に鎮魂の土俵入りを披露した。  芝田山広報部長(元横綱大乃国)や荒磯親方(元横綱稀勢の里)らも握手会などで地域住民と交流した。

2019 5/27 19:19
大相撲

鶴竜が6月に横綱土俵入り、宮城

 横綱鶴竜

 日本相撲協会は27日、東日本大震災からの復興を祈願し、6月4日に宮城県南三陸町の総合体育館「ベイサイドアリーナ」で実施する横綱土俵入りを鶴竜が行うと発表した。この他、握手会などを実施し、荒磯親方(元横綱稀勢の里)も参加する。

2019 5/23 11:50
大相撲

大相撲名古屋場所の前売り券発売

 大相撲名古屋場所の前売り券売り場でファンサービスをする荒磯親方=23日午前、名古屋市

 大相撲名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)に向けた前売り券の販売が23日に始まり、名古屋市内の売り場では発売開始の午前10時前に相撲ファンら約100人が列を作った。  売り場には今年引退した荒磯親方(元横綱稀勢の里)が訪れた。

2019 5/20 19:49
大相撲

元稀勢の里、握手会がスタート

 来場者(右)と握手する元稀勢の里の荒磯親方=20日、東京・両国国技館(日本相撲協会提供)

 東京・両国国技館で行われている大相撲夏場所9日目の20日、荒磯親方(元横綱稀勢の里)が特典付きチケット購入者との握手会に臨んだ。握手できる対象者は9日目からの3日間で升席C(4人一組)60席が限定。

2019 5/2 18:27
大相撲

高安、元稀勢に1勝20敗 圧倒されるも前向きに

 荒磯親方(手前)と稽古で相撲を取る高安=2日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋

 大相撲夏場所(12日初日・両国国技館)で初優勝を目指す大関高安は2日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で荒磯親方(元横綱稀勢の里)と21番続けて取り、1勝20敗に終わった。1月の初場所限りで引退した兄弟子に圧倒されたが「思い切り当たることはできた。

2019 4/29 19:04
大相撲

新大関貴景勝、夏場所へ意欲新た 春巡業終了、元稀勢あいさつ

 新大関として臨んだ春巡業を終えた貴景勝=29日、水戸市

 大相撲の春巡業は29日、水戸市で行われ、25日間の日程が終了した。新大関として臨んだ22歳の貴景勝は四股などの基本運動を中心に稽古をこなして長丁場を終えた。

2019 4/23 19:56
大相撲

元稀勢の里の特別展開始 変わらぬ人気、相撲博物館

 荒磯親方の特別展で写真を見る来館者=23日午後、東京都墨田区

 1月の大相撲初場所で引退した荒磯親方(元横綱稀勢の里)の特別展が23日、東京・両国国技館内の相撲博物館で始まった。担当者によると、来館者は少なくとも普段の3、4倍とみられ変わらぬ人気ぶりを示した。

2019 4/22 19:17
大相撲

大相撲の荒磯親方、特別展を内覧 化粧まわしなど80点、感慨深げ

 特別展の内覧会に出席した荒磯親方=22日、東京都墨田区

 大相撲の荒磯親方(元横綱稀勢の里)は22日、自身の特別展開始を翌日に控え、会場となる東京・両国国技館内の相撲博物館で内覧した。1月の初場所で引退した同親方は、化粧まわしや締め込みなど約80点の展示品をじっくり見詰め「一つ一つに魂がこもっている。

2019 3/16 21:16
大相撲

荒磯親方、初の本場所解説 寡黙から一転、口調滑らか

 本場所で初めてテレビ中継の解説を務めた荒磯親方=16日、エディオンアリーナ大阪

 1月の大相撲初場所限りで引退した荒磯親方(元横綱稀勢の里)が春場所7日目の16日、本場所で初めてテレビ中継の解説を務めた。幕内の取組前からスーツ姿で画面に登場。

2019 3/11 1:20
大相撲

荒磯親方、職務デビュー 人気変わらず、寄せ書きも

 大相撲春場所で初日の職務を終えた元横綱稀勢の里の荒磯親方=10日、エディオンアリーナ大阪

 1月の大相撲初場所限りで現役を引退した荒磯親方(元横綱稀勢の里)が10日、春場所初日で本場所での職務デビューを果たした。エディオンアリーナ大阪内にはファンからの寄せ書き用ボードも設置され、相変わらずの人気ぶりを示した。

2019 3/6 16:22
大相撲

高安、順調な仕上がり 時津風部屋へ出稽古で23番

 時津風部屋へ出稽古し、逸ノ城(右)に立ち合いでぶつかる高安=大阪市

 大相撲春場所(10日初日・エディオンアリーナ大阪)で初優勝を目指す大関高安は6日、大阪市東成区の時津風部屋へ出稽古し、順調な仕上がり具合を見せた。同じく出稽古に来た平幕逸ノ城らと23番取って17勝6敗とし「できる限りやろうと思った。

2019 3/2 17:02
大相撲

白鵬、鶴竜が奉納土俵入り 5年ぶりの2横綱、大阪

 大相撲春場所を前に、奉納土俵入りを披露する横綱白鵬=2日、大阪市の住吉大社

 大相撲春場所(10日初日・エディオンアリーナ大阪)を前に白鵬、鶴竜の両横綱が2日、大阪市住吉区の住吉大社で奉納土俵入りを行い、約2300人の前で白鵬は不知火型、鶴竜は雲竜型を披露した。 先場所で稀勢の里(現荒磯親方)が引退し、2014年春場所以来の2横綱になった。

PR

PR

注目のテーマ