まとめ

「プロ野球契約更改」 (14ページ目)

「プロ野球契約更改」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2017 12/9 6:00
ソフトバンク

ソフトB摂津が引退覚悟の更改 「ダメなら最後」

契約更改交渉を終え、代理人(右)と記者会見に臨む摂津

 摂津が「引退覚悟」で節目のプロ10年目に臨む決意を示した。8日の契約更改交渉で現状維持の4億円でサインした右腕は、3年契約の最終年となる来季に向けて「最後の契約なので、ダメなら最後という強い気持ちを持って臨みたい。

2017 12/9 6:00
ソフトバンク

ソフトB寺原、年明けはグアムトレ「しっかり体つくる」 700万円ダウンで更改

契約を更改し記者の質問に答える寺原

 ベテラン寺原が、17年目となる来季の巻き返しを誓った。700万円ダウンとなる4500万円で契約を更改。

2017 12/7 6:00
ソフトバンク

ソフトB吉村、背水20%減 4000万円で更改

20%減の年俸4000万円でサインし、会見に臨む吉村

 吉村裕基外野手(33)が6日、1000万円ダウンの年俸4000万円で契約更改した。今季はわずか8試合出場。

2017 12/6 6:00
ソフトバンク

ソフトB城所が「待機中」返上へ開幕ダッシュだ 現状維持で契約最終年

契約更改後の記者会見で口元を引き締める城所

 来季が2年契約の最終年となる城所が現状維持の4000万円プラス出来高で更改した。レギュラーシーズンは2試合の出場にとどまったが、クライマックスシリーズ(CS)で存在感を発揮。

2017 12/5 17:13
西武

大ブレークの西武・山川が保留 契約更改サインせず 自己最多23発「一度持ち帰ってから」

契約更改を保留し、さえない表情で会見する西武・山川

 西武の山川穂高内野手(26)が5日、本拠地メットライフドーム内で契約更改交渉に臨み保留した。交渉後の会見で「(サインは)していません。

2017 12/5 6:00
西武

西武おかわり1億3000万円減 単年2億8000万円でサイン

 今季が4年契約最終年だった主砲中村は、新たに単年の年俸2億8000万円で契約を結んだ。今季は背中の張りや腰痛に苦しんだ影響もあり、115試合に出場して打率2割1分7厘、27本塁打、79打点。

2017 12/4 14:44
西武

西武・今井は現状維持の1300万円でサイン 故障に泣いた1年目、来季雪辱誓う

プロ1年目を終え、初の契約更改交渉に臨んだ西武・今井

 来季2年目を迎える西武・今井達也投手(19)が4日、埼玉県所沢市のメットライフドーム内で、初めての契約更改交渉に臨み、現状維持の1300万円(金額は推定)でサインした。 今季は2010年菊池以来となる、高卒新人での1軍キャンプメンバーに抜てきされた。

2017 12/2 6:00
ソフトバンク

ソフトB上林、浮かない契約更改 規定打席&2桁弾も失速反省

大幅増でサインするも、会見では厳しい表情を崩さなかった上林

 福岡ソフトバンクの上林誠知外野手(22)が1日、ヤフオクドーム内で契約更改交渉に臨み、2700万円増の年俸3500万円で更改した。約4・4倍の大幅アップに破顔一笑と思いきや、会見では終始浮かない表情。

2017 12/2 6:00
ソフトバンク

ソフトB岡本“息切れ”反省 1400万円で更改

微増で来季の契約を更改した岡本

 岡本がシーズンを通しての活躍を誓った。今季は6月15日の巨人戦でプロ初ホールド、同18日の広島戦でプロ初勝利をマーク。

2017 11/24 6:33
西武

西武・十亀は1000万円増、来季先発の軸に 契約更改

 西武・十亀が来季チームの先発の軸となることを誓った。  1000万円増の年俸6000万円で契約を更改。

2017 11/21 9:42
ソフトバンク

ソフトB笠谷、新人王宣言 4選手が契約更改

 福岡ソフトバンクの契約更改交渉が20日、福岡県筑後市の若鷹寮であり、4選手が交渉してサインした。1軍デビュー戦を含む3試合に登板した笠谷は、10万円増の年俸540万円で更改。

2017 11/12 6:00
西武

西武・本田13日侍戦に先発 現状維持でサイン

 右腕本田が13日の侍ジャパンとの練習試合(清武SOKKEN)で先発する。来季3年目の24歳。

2017 11/12 6:00
ソフトバンク

ソフトB16選手と契約更改

 福岡ソフトバンクは11日までに16選手と契約更改交渉を終えた。開幕直前に支配下選手登録され、1軍初出場を果たした曽根海成内野手(22)は10万円増の560万円でサインした。

2016 12/22 6:14
ソフトバンク

ホークス本多2年契約 現状維持1億8000万円

 本多が現状維持の1億8000万円で来季の契約を更改した。3年契約が今季で切れ、新たに2年契約を結んだ。

2016 12/10 8:45
ソフトバンク

摂津中継ぎも 現状維持の4億円

 今季まで5年連続で開幕投手を務めた福岡ソフトバンクの摂津正投手(34)が9日、来季は先発と救援の「二段構え」で臨む考えを明かした。この日、ヤフオクドーム内で契約更改交渉に臨み、3年契約の2年目となる来季を現状維持の年俸4億円プラス出来高払いでサイン。

2016 12/1 6:00
ソフトバンク

V逸寒波直撃!? ホークス契約更改1日から本格スタート

 ホークス選手の懐を“V逸寒波”が直撃しそうだ。福岡ソフトバンクの契約更改交渉が、きょう1日から本格的にスタートする。

2016 11/17 6:00
ソフトバンク

ホークス笠原、同学年・正義に対抗心 50万円増、600万円で更改

 宮崎市内で契約交渉に臨んだ笠原が50万円増の600万円で更改した。4年目の今季はウエスタン・リーグで9勝、118奪三振をマークし2冠。

2016 11/4 9:03
ソフトバンク

ホークス契約更改スタート 斐紹80万円増1060万円で判 細川退団ピンチをチャンスに 正捕手つかむ

守備練習に励む斐紹(中央)

 福岡ソフトバンクの契約更改交渉が3日、秋季キャンプを行っている宮崎市内の選手宿舎で始まり、初日は4選手が交渉、サインした。6年目で初めて開幕マスクをかぶった斐紹捕手(23)は80万円増の年俸1060万円で更改した。

2016 11/4 6:25
ソフトバンク

石川現状維持でサイン 「創価大後輩・田中に負けない」

 現状維持でサインした石川がプロ初登板を来季のノルマとした。育成で入団して3年目の今季は7月に支配下入り。

2015 12/19 6:00
ソフトバンク

中田は現状維持 来季勝ち星増やす 9500万円で更改

 来季が4年契約の3年目となる中田賢一投手(33)が18日、ヤフオクドーム内で契約更改し、現状維持の年俸9500万円プラス出来高払いでサインした。9勝の今季は自身初の2年連続2桁勝利を逃したが、シーズンを通して先発ローテを守って155回1/3を投げ、プロ11年目で初めて2年連続で規定投球回をクリアした。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング