まとめ

「全国中学駅伝」

「全国中学駅伝」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2018 12/17 6:01
スポーツ

福岡・浅川、九州勢女子で最高 全国中学駅伝

15位でゴールする浅川中のアンカー中山田彩佳

 女子の九州勢は浅川の15位が最高だった。1区で27位と出遅れたが、以後は順位を下げることがなく、追い上げを見せたことに「ガタガタ行ってしまうかと思ったけど、よく粘りました」と大田監督。

2018 12/17 6:00
スポーツ

福岡・曽根2年連続3位 全国中学駅伝

ガッツポーズで写真に納まる3位の曽根中チーム

 第26回全国中学駅伝は16日、滋賀県野洲市の希望が丘文化公園内で男子6区間18キロ、女子5区間12キロで行われ、桂(京都)が史上初のアベック優勝を果たした。男子は56分33秒の大会新記録で初優勝。

2018 12/17 6:00
スポーツ

熊本・松橋“混成メンバー”で初入賞 全国中学駅伝

三島中のアンカーとデッドヒートを繰り広げて5位入賞のゴールをする松橋中の徳澄遼仁(右)

 7年ぶりに男女アベック出場の松橋は、男子が5位で初めて入賞した。各部の夏の大会が終わった後、有望選手を集めて本格的に駅伝チームの強化に乗り出した。

2018 12/16 6:00
スポーツ

全国中学駅伝16日号砲 10回目出場の福岡・曽根“節目”のVへ

男子で5年連続10回目の全国中学駅伝に意気込む福岡・曽根

 第26回全国中学校駅伝は16日、滋賀県野洲市の希望が丘文化公園内のコース(男子6区間18キロ、女子5区間12キロ)で行われる。レースに先立ち、15日は野洲市総合体育館で開会式があり、昨年3位で、22年ぶりの優勝を目指す男子の曽根(福岡)は今大会が5年連続10回目の出場となり、10回出場の特別表彰を受けた。

2018 2/6 6:37
スポーツ

女子・浅川A(福岡)3連覇 西日本中学駅伝 男子は曽根A2位

笑顔でゴールする女子の浅川Aのアンカー露口莉那

 第15回西日本中学駅伝競走大会(西日本新聞社など共催)は4日、福岡県大牟田市のイオンモール大牟田発着のコースであった。女子(5区間、12キロ)は浅川A(福岡)が3連覇を果たし、男子(5区間、15キロ)は三原五A(広島)が初優勝した。

PR

PR

注目のテーマ