まとめ

「素根輝」

2019 8/21 6:00
柔道

78超級は「素根VS朝比奈」一騎打ち/東京五輪代表への道

素根(左)と朝比奈

 柔道の個人代表は各階級1人ずつとなる。 選考は3段階に分かれ、(1)今年の世界選手権(25日から、東京・日本武道館)優勝者が11月のグランドスラム(GS)大阪大会も制し、強化委員会で出席者の3分の2以上の賛成を得れば代表入りが決定(2)来年2月のGSデュッセルドルフ大会(ドイツ)終了時点で、その階級の1、2番手の差が圧倒的に開いていると強化委の3分の2以上が判断すれば決定(3)来年4月の全日本選抜体重別選手権(福岡)で最終選考-の順に決める。

2019 8/21 6:00
柔道

小さな体で「3倍努力」した最強女王【柔道・素根輝の素顔】

小学3年のとき、福岡県行橋市での柔道大会後に取材を受ける輝(家族提供)

 柔道女子78キロ超級の素根輝(環太平洋大1年)は19歳ながら、紛れもない“現役国内最強女子”だ。今年4月に全日本選抜体重別選手権を3連覇し、体重無差別の全日本女子選手権も2連覇。

2019 7/29 1:10
柔道

柔道GP大会、梅木真美が優勝


                  女子78キロ級2回戦組み手を争う梅木真美(右)=ザグレブ(共同)

 【ザグレブ共同】柔道のグランプリ大会最終日は28日、ザグレブで男女計5階級が行われ、男子100キロ超級は世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)代表で2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜(百五銀行)が決勝でゲラ・ザーリシビリ(ジョージア)に延長の末に一本負けし2位だった。  世界選手権女子78キロ超級代表の19歳、素根輝(環太平洋大)は初戦の2回戦から4試合を勝ち進み、決勝は不戦勝。

2019 7/24 6:00
金鷲旗

富士学苑 手堅く頂点 主将黒田の1勝守り切る 金鷲旗高校柔道

【女子決勝・富士学苑‐敬愛】敬愛の貫目(下)から内股で技ありを奪う富士学苑の黒田

 勝負の分かれ目と自覚していた。中堅同士が激突した敬愛との決勝。

2019 7/24 6:00
金鷲旗

【動画あり】富士学苑初V 全国選手権と2冠/金鷲旗高校柔道女子

金鷲旗高校柔道大会で初優勝し、胴上げされる富士学苑の黒田主将

 富士学苑(山梨)が初優勝を飾り3月の全国選手権との2冠を達成した。敬愛(福岡)との決勝で中堅の黒田亜紀(3年)が一本勝ち。

2019 7/23 6:00
金鷲旗

日本代表 金鷲旗が礎 素根、ウルフ、丸山… 歓喜、涙、全て糧に

2017年金鷲旗の決勝で5人抜きを達成し、胴上げされる南筑の素根

 オープン参加で行われている金鷲旗は、東京五輪代表の有力候補で8月25日開幕の世界選手権(日本武道館)に臨む日本代表もその舞台を踏んだ。男女個人代表18人のうち、男子60キロ級の2人を除く16人が出場。

2019 7/23 6:00
金鷲旗

南筑3連覇ならず 48キロ級大将古賀、100キロ投げた

比嘉(埼玉栄・下)を攻める古賀(南筑)

 3連覇を目指したノーシードの南筑(福岡)が、春の全国選手権準優勝の埼玉栄に惜敗した。4月の全日本選抜体重別選手権48キロ級を制した大将古賀若菜(3年)が体重100キロの相手副将に優勢勝ちするなど健闘。

2019 6/22 20:32
柔道

柔道女子、東海大が12年ぶりV


                  決勝の副将戦で優勢勝ちした東海大の立川桃(左)。優勝を決定づけた=日本武道館

 団体戦で争う柔道の全日本学生優勝大会第1日は22日、東京・日本武道館で行われ、体重別の女子5人制は東海大が決勝で6年連続10度目の優勝を狙った山梨学院大を3―0で破り、12年ぶり5度目の頂点に立った。  昨年3位の国士舘大、世界選手権(8月25日~9月1日)78キロ超級代表の素根輝を擁する環太平洋大が3位。

2019 6/15 2:00
柔道

162センチ素根が目指す「小さくても金」

兄の勝さん(右)に背中を押されながらランニングメニューをこなす素根

 柔道の世界選手権(8~9月・日本武道館)に出場する女子日本代表が北海道旭川市内で行っている合宿で78キロ超級で初出場する素根輝(環太平洋大)=福岡県久留米市出身=が金メダルに向けた秘策を練っている。15日まで行う合宿で増地克之監督と直接組み合って指導を受けるなど、自身より大きい相手への対策に入念に取り組む。

2019 5/6 6:00
柔道スポーツ

素根、初出場V誓う 世界柔道代表が意気込み

 柔道の世界選手権(8~9月、東京・日本武道館)に出場する男女の日本代表が5日、東京都内で記者会見し、女子78キロ超級で個人戦初出場の素根輝(環太平洋大)=福岡県久留米市出身=が金メダル獲得を誓った。試合会場は、来年の東京五輪と同じ。

2019 5/3 16:33
スポーツ柔道

柔道女子代表が合宿公開 素根「責任持って練習を」

強化合宿で練習する素根輝=埼玉県朝霞市

 柔道の世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)女子日本代表が3日、埼玉県朝霞市の自衛隊体育学校での強化合宿を報道陣に公開し、78キロ超級で初の個人戦代表となった18歳の素根輝(環太平洋大)は「しっかりと責任感を持って練習に取り組まなければ」と決意を新たにした。 4月21日の全日本女子選手権決勝では、同じ階級で昨年世界女王の朝比奈沙羅(パーク24)を破って2連覇。

2019 4/29 22:28
スポーツ柔道

世界柔道、男子最重量級に原沢 日本代表が出そろう

記者会見する全柔連の金野潤強化委員長(左)と男子の井上康生監督=29日、東京都千代田区の日本武道館

 全日本柔道連盟(全柔連)は29日、世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)の男子100キロ超級代表に昨年3位で2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜(百五銀行)を選んだと発表した。29日の全日本選手権は準々決勝で敗退したが、2月のグランドスラム大会制覇など国際大会の実績が評価された。

2019 4/21 19:36
スポーツ柔道

柔道女子、18歳の素根輝がV2 全日本、世界覇者の朝比奈破る

決勝で朝比奈沙羅(右)を破り2連覇の素根輝=横浜文化体育館

 体重無差別で争う柔道の全日本女子選手権は21日、世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)女子78キロ超級代表最終選考会を兼ねて横浜文化体育館で行われ、18歳の素根輝が決勝で昨年世界選手権同級覇者で22歳の朝比奈沙羅を下し、史上初の初出場優勝だった昨年に続いて2連覇を達成した。 大会連覇は2010年に9連覇を果たした塚田真希以来。

2019 4/21 19:01
柔道

世界女王5連勝でやっと悲願 18歳の柔道素根が初代表

2連覇を果たし、満面の笑みを浮かべる素根輝

 ◆全日本女子柔道選手権(21日・横浜文化体育館) 世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)の代表選考会を兼ねた大会で18歳の素根輝(環太平洋大)が2連覇を達成し、女子78キロ超級で初の代表入りを果たした。同級の昨年の世界選手権覇者、朝比奈沙羅(パーク24)も代表に選ばれ、日本は女子の最重量級を2枠で挑むことになった。

2019 4/8 6:59
柔道スポーツ

17歳古賀高校生V YAWARAちゃん以来

山崎珠美(左)に大内刈りを決めて優勝した古賀若菜

 ◆全日本選抜柔道体重別選手権最終日 女子48キロ級(7日・福岡国際センター) 女子は48キロ級に17歳で初出場の古賀若菜(福岡・南筑高3年)が初優勝した。同級では田村亮子(福岡工大付高出身)以来となる高校生女王に輝き「令和」のヒロイン候補に躍り出た。

2019 4/7 6:19
柔道スポーツ

素根10代で3連覇 全日本選抜体重別柔道・女子78キロ超級 ライバル朝比奈に4連勝

延長戦で朝比奈(下)を破り優勝した素根輝

◆全日本選抜柔道体重別選手権第1日 女子78キロ超級(6日・福岡国際センター) 新師弟コンビで3連覇!! 柔道の世界選手権東京大会(8月25日~9月1日・日本武道館)代表最終選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権第1日は6日、福岡国際センターで男女計7階級が行われ、女子78キロ超級は18歳の素根輝(環太平洋大)=福岡県久留米市出身=が決勝で昨年の世界女王の朝比奈沙羅(パーク24)に延長の末に優勢勝ちし、3年連続3度目の優勝を飾った。10代で3連覇以上を達成したのは1993~96年の阿武教子以来。

2019 4/7 6:19
柔道スポーツ

素根、平成最後の女王に  “平成の三四郎”古賀総監督の助言を力に精神面急成長

3連覇を達成し、笑顔の素根

 ◆全日本選抜柔道体重別選手権第1日 女子78キロ超級(6日・福岡国際センター) 試合時間は9分に差し掛かろうとしていた。素根はライバルの疲れを見抜いた。

2019 4/6 18:13
スポーツ柔道

柔道体重別、原沢が2度目の優勝 18歳の素根V3

男子100キロ超級決勝佐藤和哉(左)を破り優勝した原沢久喜=福岡国際センター

 柔道の世界選手権東京大会(8月25日~9月1日・日本武道館)代表最終選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権第1日は6日、福岡国際センターで男女計7階級が行われ、男子100キロ超級は2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜が決勝で佐藤和哉を延長戦で指導3を奪って退け、3年ぶり2度目の優勝を果たした。 女子で78キロ超級は18歳の素根輝が決勝で昨年の世界女王の朝比奈沙羅を延長の末に優勢勝ちし、3連覇を達成した。

2019 4/6 16:46
柔道スポーツ

素根が24年ぶりの10代3連覇 選抜体重別柔道

延長戦で朝比奈沙羅(手前)から技ありを奪い、優勝した素根輝=6日、福岡市博多区の福岡国際センター

 ◆全日本選抜柔道体重別選手権第1日 女子78キロ超級(6日・福岡国際センター) 18歳の素根輝(環太平洋大)が24年ぶりとなる10代での3連覇を達成した。今春に地元・福岡の南筑高から岡山市にある環太平洋大に入学した素根の決勝の相手は昨年と同じく朝比奈沙羅(パーク24)。

2019 4/6 6:00
柔道

素根3連覇で世界へ 憧れ阿武以来に挑む 柔道全日本選抜体重別6日開幕

会見で意気込みを語る素根輝

 柔道の世界選手権(8月25日開幕、日本武道館)の日本代表最終選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権は6、7日、福岡市の福岡国際センターで開催される。大会開幕を前日に控えた5日は注目選手が福岡市内で会見。

PR

PR

注目のテーマ