まとめ

「素根輝」

「素根輝」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 12/9 19:25
柔道

古賀稔彦総監督が語った素根の強さ 母校で東京五輪代表決定会見

柔道女子78キロ超級の東京五輪代表に内定し、会見で笑顔の(左から)大橋博・創志学園理事長、素根輝、古賀稔彦環太平洋大総監督(撮影・軸丸雅訓)

 柔道女子78キロ超級で東京五輪代表に決まった素根輝(19)=福岡県久留米市出身=が9日、在籍する岡山市の環太平洋大で会見し「決まった瞬間はほっとした気持ちが大きかったけど、これからは責任と覚悟を持って練習に取り組む」と金メダルへの決意を語った。 会見に同席したバルセロナ五輪71キロ級金メダルの古賀稔彦総監督からは「彼女は相手が組み手を妥協したところで技を瞬時に選択できる。

2019 12/9 18:58
柔道

柔道の素根「必ず金メダルを」

 岡山市の環太平洋大で花束を贈られ笑顔の素根輝。右は総監督を務める古賀稔彦氏=9日

 柔道日本勢で男女を通じて最初の東京五輪代表に決まった女子78キロ超級の素根輝(19)が9日、在学する岡山市の環太平洋大で記者会見に臨み「必ず東京五輪で金メダルを取れるように、また努力していきたい」と決意を述べた。  8月の世界選手権と11月のグランドスラム(GS)大阪大会で優勝し、五輪切符をつかんだ。

2019 12/5 14:21
柔道

柔道、原沢久喜・新井千鶴ら代表

 原沢久喜

 全日本柔道連盟は5日、東京五輪代表選考会の一つであるマスターズ大会(12~14日・青島=中国)の日本代表を発表し、男子は100キロ超級で世界選手権2位の原沢久喜や100キロ級のウルフ・アロン、60キロ級の永山竜樹が選ばれた。90キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪覇者のベイカー茉秋も入った。

2019 11/25 6:00
柔道

柔道素根ライバルに感謝 初対戦から3年で逆転五輪代表

女子78キロ超級で優勝し、金メダルを手に笑顔の素根輝(中央)。右は3位の朝比奈沙羅(撮影・軸丸雅訓)

 素根輝(環太平洋大)が女子78キロ超級で初優勝を果たし、東京五輪代表に内定した。8月の世界選手権も制していた素根は、大会後に全日本柔道連盟の強化委員会で出席者全員を賛成を得て代表入り。

2019 11/25 6:00
柔道

柔道素根「悔しさが強くした」代表落選乗り越え五輪切符

東京五輪の柔道女子78キロ超級代表に内定し、感激の表情を見せる素根輝(撮影・軸丸雅訓)

 女子78キロ超級で今夏の世界選手権を制した素根輝(環太平洋大)が優勝し、来年の東京五輪代表に決まった。試合後に全日本柔道連盟の強化委員会が協議し、出席者全員が賛成した。

2019 11/24 20:25
柔道

素根輝「満場一致」の柔道五輪代表第1号 強化委で全員が賛成

女子78キロ超級の延長戦で、キューバ・オルティス(右)から技ありを奪い優勝を決めた素根輝(撮影・軸丸雅訓)

 女子78キロ超級の素根輝(環太平洋大)が来年の東京五輪代表に決まった。今夏の世界選手権で初優勝した素根はGS大阪も初制覇。

2019 11/24 19:14
柔道

柔道五輪代表第1号決まるか 素根輝がGS大阪Vで条件満たす

女子78キロ超級2回戦で中国選手から体落としで一本を奪う素根輝(上)(撮影・軸丸雅訓)

 今夏の世界選手権を制した女子78キロ超級の素根輝(環太平洋大)が初優勝した。試合後に行われる全日本柔道連盟(全柔連)の強化委員会で来年の東京五輪代表入りが協議される。

2019 11/21 19:43
柔道

どうなる柔道66キロ級 五輪代表争う「丸山VS阿部」は決勝で

今夏の世界選手権男子66キロ級表彰式で、金メダルを手にする丸山城志郎(左)と3位の阿部

 柔道の東京五輪代表選考を兼ねたグランドスラム(GS)大阪大会(22~24日・丸善インテックアリーナ大阪)の組み合わせが21日決まり、激しい代表争いで注目される男子66キロ級の丸山城志郎(ミキハウス)と阿部一二三(日体大)の新旧世界選手権王者は決勝まで当たらないトーナメントになった。 今夏の世界選手権を制した丸山と女子52キロ級の阿部詩(同)、女子78キロ超級の素根輝(環太平洋大)が今大会も優勝した場合、五輪代表に決まる可能性がある。

2019 11/21 19:34
柔道

阿部詩と素根輝、五輪決定なるか 立ちはだかる不気味な存在

阿部詩(左)と素根輝

 柔道の東京五輪代表選考を兼ねたグランドスラム(GS)大阪大会(22~24日・丸善インテックアリーナ大阪)の組み合わせが21日決まった。 今夏の世界選手権を制した丸山と女子52キロ級の阿部詩(同)、女子78キロ超級の素根輝(環太平洋大)が今大会も優勝した場合、五輪代表に決まる可能性がある。

2019 11/21 19:22
柔道

阿部詩いざ五輪切符へ「覚悟を決めて」同い年の親友とともに

GS大阪大会に向け最終調整する阿部詩(右)

 柔道のグランドスラム大阪大会は22日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で開幕する。今夏の世界選手権覇者が今大会も制した場合、その日の全階級終了後に全日本柔道連盟が強化委員会を開催。

2019 11/9 16:40
柔道

柔道の朝比奈が異例の医学部合格

 朝比奈沙羅

 柔道女子78キロ超級で2018年世界選手権を制した朝比奈沙羅(パーク24)が独協医大の医学部医学科のAO入試に合格したことが9日、分かった。トップ選手では異例の医学部合格を果たし、文武両道で来年の東京五輪を目指す。

2019 11/4 6:00
柔道

素根に久留米市スポーツ大賞 競輪・中野氏以来33年ぶり2人目

久留米市スポーツ大賞を受賞し、大久保市長(右から2人目)らと記念撮影する素根(同3人目)

 柔道の世界選手権女子78キロ超級で優勝した素根輝(環太平洋大)=福岡県久留米市出身=が3日、同市スポーツ大賞を受賞した。元競輪選手の中野浩一氏が1986年に受賞して以来、33年ぶり2人目。

2019 11/1 6:00
柔道

柔道の「天才少女」大逆転で東京五輪へ 急激に成長した高3古賀若菜

4月の全日本選抜柔道体重別選手権で優勝した古賀若菜

 来年の東京五輪の柔道日本代表選考会を兼ねた講道館杯全日本体重別選手権は2、3日、千葉市の千葉ポートアリーナで行われる。女子48キロ級で大逆転代表入りを目指すのが、4月の全日本選抜体重別選手権などシニアの大会で結果を出してきた18歳で世界ランキング(10月28日現在)28位の古賀若菜(福岡・南筑高3年)だ。

2019 9/13 6:00
柔道

世界柔道Vの素根、母校で700人に金メダル披露

母校南筑高で江頭校長(右)から花束を渡される柔道女子78キロ超級の素根

 柔道女子78キロ超級の素根輝(環太平洋大)が12日、母校の南筑高(福岡県久留米市)で世界選手権の個人戦初優勝を報告し、在校生約700人に金メダルを披露した。江頭彰校長らから花束を渡されると「みなさんの応援が力になりました」と感謝。

2019 9/3 6:00
柔道

福岡育ちコンビ五輪1番手浮上 丸山と素根、柔道世界選手権で初出場金メダル

男子66キロ級決勝で優勝して金メダルを手にする丸山城志郎(左)。右は3位の阿部一二三

 1日に閉幕した柔道の世界選手権(日本武道館)で福岡・沖学園高出身で男子66キロ級の丸山城志郎(ミキハウス)と福岡・南筑高を今春卒業した女子78キロ超級の素根輝(環太平洋大)が初出場で金メダルを獲得し、2020年東京五輪代表の争いでライバルをリードした。丸山は3連覇を狙った阿部一二三(日体大)に直接対決で勝ち、素根は銅メダルだった朝比奈沙羅(パーク24)を結果で上回り、序列を逆転させた。

2019 9/2 21:15
柔道

柔道、阿部詩や丸山らが1位

 国際柔道連盟(IJF)は2日、最新の世界ランキングを発表し、1日終了の世界選手権(日本武道館)で2連覇を果たした女子52キロ級の阿部詩(日体大)、男子66キロ級で初出場優勝を達成した丸山城志郎(ミキハウス)が1位に躍り出た。阿部は3位から、丸山は2位からの浮上。

2019 9/1 6:00
柔道

福岡から岡山へ家族も一部移住でサポート 世界柔道Vの素根

女子78キロ超級決勝で初優勝を決め、客席に向かって手を振る素根輝

 女子78キロ超級を個人戦初出場の素根輝(19)が制し、東京五輪代表へ近づいた。 今春、福岡県久留米市の南筑高から環太平洋大に進学。

2019 9/1 6:00
柔道

素根が阿部詩と誓った約束 世界柔道で19歳がともに金

女子78キロ超級決勝で、キューバのイダリス・オルティス(右)を破り優勝した素根輝

 女子78キロ超級で福岡県久留米市出身の素根輝(19)=環太平洋大=が決勝で2012年ロンドン五輪金のオルティス(キューバ)を破り、金メダルを獲得した。 頂上決戦で先に二つ目の指導を受けた。

2019 9/1 6:00
柔道

素根、家族が支えた 岡山の大学進学後、母と兄も転居 「東京五輪もみんなで金」

女子78キロ超級で初優勝し、表彰台で金メダルを手に笑顔の素根輝

 柔道の世界選手権の女子78キロ超級を個人戦初出場の素根輝(あきら)選手(19)が制し、東京五輪代表へ近づいた。今春、福岡県久留米市の南筑高から環太平洋大に進学。

2019 8/31 20:52
柔道

素根が金メダル、朝比奈は銅 柔道世界選手権

女子78キロ超級、キューバのイダリス・オルティス(右)を破り、優勝した素根輝

 女子78キロ超級で福岡県久留米市出身の素根輝(19)=環太平洋大=が決勝で2012年ロンドン五輪金のオルティス(キューバ)を破り、金メダルを獲得した。 2連覇を狙った朝比奈沙羅(22)=パーク24=は銅メダルに終わり、世界選手権で初優勝した素根は2020年東京五輪の同級代表の争いでも優位に立った。

PR

PR

注目のテーマ