まとめ

「内村航平」

「内村航平」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 12/8 17:51
スポーツ

内村プロデュースで「大運動会」 東京五輪で復活へ故郷で笑顔

自身がプロデュースした運動会で綱引きに参加する内村(右から3人目)

 体操男子個人総合で五輪2連覇中の内村航平(リンガーハット)=長崎県諫早市出身=が8日、長崎市内で自身のプロデュースによる「大運動会」を開いた。親子46組、92人が参加。

2019 12/1 6:00
スポーツ

内村「自分としてはいい」 東京五輪代表選考基準、演技の安定感重視

トークショーに臨んだ内村

 体操男子個人総合で五輪2連覇中の内村航平(リンガーハット)=長崎県諫早市出身=が30日、11月15日に日本体操協会が発表した東京五輪代表選考基準について「個人総合ができる選手にかなり有利な選考方法になった。自分としてはいい選考方法なのかなと感じている」と歓迎し、自身4度目の大舞台へ「死ぬ気でやる」と覚悟を語った。

2019 11/30 17:22
スポーツ

体操・内村が論じた「エレガンス」と「美しい」の違い トークショーの観客を魅了

トークショーに臨んだ内村

 体操男子個人総合で五輪2連覇中の内村航平(リンガーハット)=長崎県諫早市出身=が30日、大阪市内でトークショーに出席し、「エレガンス」という言葉について、「『美しい』と『エレガンス』は違う」と持論を展開。説得力のあるトークで多くの観客を感嘆させた。

2019 11/15 6:00
スポーツ

松岡修造が斬るオリンピアンの心の裏側 重圧弱い渡辺、恋が力の坂井

西日本新聞社を訪れ、東京五輪の日本代表にエールを送った松岡修造応援団長

 キーワードは「待ってろ東京」!! 2020年東京五輪で日本代表選手団の公式応援団長を務める元プロテニス選手の松岡修造さん(52)がこのほど福岡市内で本紙の単独インタビューに応じた。熱血応援の“原点”となった柳川高(福岡県柳川市)2年時の思い出を語ったほか、スポーツキャスターとして取材し続ける五輪を目指す選手たちに前向きになるよう呼びかけ、国民全体にも熱いメッセージを送った。

2019 8/30 6:00
スポーツ

内村航平「楽しさ」取り戻した 少年時代思い出す“出会い”も

約4カ月ぶりの実戦復帰について語る内村航平

 体操男子個人総合で五輪2連覇中の内村航平(リンガーハット)=長崎県諫早市出身=が、30日開幕の全日本シニア選手権(福井県営体育館)で4月の全日本個人総合選手権以来となる実戦復帰を果たす。29日は前日会見に臨み、腰痛を発症していることを明かした。

2019 8/22 6:00
スポーツ

内村航平、両肩の痛み和らぎ手応え 全日本シニアから復活へ

両肩の痛みが和らぎ、練習に熱を込める内村

 体操男子の個人総合で五輪を2連覇している内村航平(リンガーハット)が30日に開幕する全日本シニア選手権(福井)から復活への道を歩みだす。 4月の全日本個人総合選手権で予選落ち。

2019 7/24 6:00
スポーツ

体操内村のおにぎりを握る男 佐藤コーチの献身サポート

会話を交わす内村(右)と佐藤コーチ

 体操男子の個人総合で五輪を2連覇している内村航平(リンガーハット)を支えるのは、1学年下の佐藤寛朗コーチ(30)だ。タッグを組んで3年目。

2019 7/24 6:00
スポーツ

体操内村「波乱しかない」東京への道 五輪1年前インタビュー

インタビューに応じる内村

 体操男子の個人総合で五輪を2連覇している内村航平(リンガーハット)が2020年東京五輪の開幕まで1年となる24日を前に単独インタビューに応え、自国で迎える自身4度目の五輪挑戦に強い意欲を示した。30歳の内村は4月の全日本個人総合選手権で予選落ち。

2019 7/14 20:16
スポーツ

キング内村航平が「運動会」に込めた思い 障害物競走に体操器具

子どもたちの前で鉄棒の演技を披露する内村

 体操男子個人総合で五輪2連覇中の内村航平(長崎県諫早市出身)が14日、東京都内で所属先のリンガーハットが主催するイベント「リンガーハット ゴールドラッシュキャンペーンPresents 内村航平Produce親子大運動会」に出席した。 約50組の親子と内村が約2時間、一緒に大玉転がしや玉入れ、綱引き、障害物競走を楽しみ、実際の演技を見せるエキシビションも行った。

2019 7/11 6:00
スポーツ

森末氏 体操内村ヘエール 二水会で講演

都内で開かれた二水会の7月例会で出席者を前に身ぶり手ぶりを交えて講演する森末慎二氏

 九州の企業や自治体の在京責任者でつくる「二水会」(西日本新聞社主宰)の7月例会が10日、都内であり、元体操選手でスポーツコメンテーターの森末慎二氏(62)が講演した。 1984年ロサンゼルス五輪で男子鉄棒の金などメダル3個を獲得した森末氏は、当時の思い出や2020年東京五輪体操競技の展望も語った。

2019 6/26 17:42
スポーツ

体操の内村「痛みに耐える体に」

 公開練習を終え、報道陣の質問に答える内村航平=東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター

 体操男子で世界選手権(10月・シュツットガルト=ドイツ)代表入りを逃した内村航平(リンガーハット)が26日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで練習を公開した。痛めている両肩について「徐々に良くなっているが、痛みなくできることはないと思っている。

2019 5/17 17:55
スポーツ

体操NHK杯、18日開幕 谷川翔、初制覇へ意欲

 体操のNHK杯を前に記者会見する谷川翔=武蔵野の森総合スポーツプラザ

 体操の世界選手権(10月・シュツットガルト=ドイツ)代表選考会を兼ねた個人総合のNHK杯は東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで18日に女子、19日に男子が行われる。男子は4月の全日本選手権を2連覇した谷川翔が17日、公式練習に臨み「NHK杯(のトロフィー)をもらっている姿を想像すると、しっくりくる。

2019 4/28 15:25
スポーツ

体操・内村が種目別決勝を棄権

内村航平

 内村航平(リンガーハット)が28日の床運動決勝を棄権した。26日の個人総合予選は14・000点の種目別6位で出場権を得たが、個人総合予選の平行棒で左腕を痛めたため。

2019 4/28 6:00
スポーツ

体操内村が種目別決勝を棄権

内村航平

 内村航平(リンガーハット)が28日の床運動決勝を棄権した。26日の個人総合予選は14・000点の種目別6位で出場権を得たが、個人総合予選の平行棒で左腕を痛めたため。

2019 4/26 20:52
スポーツ

内村は予選落ち代表厳しく 体操全日本選手権が開幕

 男子個人総合予選 平行棒で落下し、肩に手をやる内村航平=高崎アリーナ

 体操の世界選手権(10月・シュツットガルト=ドイツ)代表選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権は26日、群馬県の高崎アリーナで開幕して予選が行われ、男子で五輪2連覇の内村航平(リンガーハット)が6種目合計80・232点で37位に終わり、上位30人による28日の決勝に進めなかった。両肩痛の影響もあり、あん馬や平行棒の落下などミスが目立った。

2019 4/26 6:00
スポーツ

内村「首から下全部痛い」 床以外は難度落としV挑む 全日本体操26日開幕

全日本選手権への意気込みを語る内村航平

 体操の世界選手権(10月4~13日、ドイツ・シュツットガルト)代表選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権が26日、群馬県高崎市の高崎アリーナで開幕する。25日は同アリーナで前日練習と有力選手の記者会見があり、男子で五輪個人総合2連覇中の内村航平(リンガーハット)=長崎県諫早市出身=が両肩に痛みがあることを明かした。

2019 4/25 19:19
スポーツ

全日本体操、26日開幕へ 両肩痛の内村「ぎりぎりの状態」

 個人総合の全日本選手権を前に記者会見する内村航平=25日、高崎アリーナ

 体操の世界選手権(10月・シュツットガルト=ドイツ)代表選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権は26日、群馬県の高崎アリーナで開幕する。25日は公式練習が行われ、男子は昨年3位で連覇が「10」で止まった内村航平が両肩の痛みで技の難度を下げる意向を明らかにした。

2019 3/11 16:34
スポーツ

五輪「金30個」楽観視できず 主力競技で底上げ必要

 2020年東京五輪の開幕まで12日で500日。日本オリンピック委員会(JOC)は日本選手団として史上最多の金メダル30個獲得を目標に設定したが、本番へ向けて楽観視できない状況だ。

2019 2/13 21:23
スポーツ

体操、内村選手「刺激しかない」 東京で日中合同合宿

 体操男子の日中合同合宿で、白井健三選手(手前)に指導する内村航平選手=13日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター

 体操男子で日本と中国のトップ選手による合同合宿が13日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで公開され、日本のエース内村航平選手(リンガーハット)は「試合をやっているんじゃないかという目で練習している。何をとっても刺激でしかない」と2020年東京五輪団体総合で金メダルを争うライバルの強さを肌で感じた様子だった。

2019 2/3 19:42
スポーツ

体操、内村らが中国合宿から帰国 「強さの謎がちょっと解けた」

 中国での合同合宿から帰国し、感想を語る体操男子の内村航平=3日、羽田空港

 体操男子で五輪個人総合2連覇の内村航平(リンガーハット)らが3日、ライバル中国のトップ選手とともに北京で行っていた合同合宿を終えて羽田空港に帰国し、内村は「中国が(普段の練習で)何をやっているのか、なんで強いのか、謎がちょっと解けた」と収穫を口にした。 約1週間の合同合宿で、中国の選手は休みの日が少ないにもかかわらず、練習でミスをすることがほとんどなかったという。

PR

PR

注目のテーマ