まとめ

「早田ひな」

「早田ひな」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 10/4 0:22
スポーツ

卓球、戸上・宇田組が準決勝へ

 卓球のアジア選手権は3日、ドーハで行われ、男子ダブルスで戸上隼輔、宇田幸矢組(明大)が香港ペアを下して準決勝に進出した。女子ダブルスでは長崎美柚(日本生命)安藤みなみ(トップ名古屋)組が4強入りしたが、佐藤瞳、芝田沙季組(ミキハウス)は準々決勝で敗退した。

2021 9/8 7:00
スポーツ

「九州にも卓球熱を」Tリーグ9日開幕 新規参入の九州アスティーダ初年度V狙う

九州アスティーダの有延主将(右)と川面社長

 卓球のTリーグは、9月9日に男子、10日に女子が開幕する。今季から女子に福岡を拠点とする九州アスティーダが新規参入。

2021 6/18 17:06
スポーツ

卓球、早田と安藤が代表権獲得

 卓球のアジア選手権代表に決まった早田ひな(左)と安藤みなみ=旭市総合体育館

 卓球のアジア選手権(9月・ドーハ)の代表選考会は18日、千葉県の旭市総合体育館で女子が行われ、早田ひな(日本生命)と安藤みなみ(トップ名古屋)が準決勝で勝ち代表権を獲得した。準決勝では早田が長崎美柚(日本生命)に、安藤は芝田沙季(ミキハウス)にそれぞれ3―0で勝利した。

2021 3/4 6:00
スポーツ

「早田ひな物語ですね」夢見た五輪、パリのヒロイン候補の今

プレーオフ・ファイナルで第5試合のシングルスに勝利し、優勝を決めた日本生命・早田=2月27日

 卓球のTリーグ女子で最優秀選手(MVP)に輝いた早田ひな(日本生命)=北九州市出身=が2024年パリ五輪に向けての戦いを始めた。3月から新型コロナウイルスの影響で中断していた国際大会が再開。

2021 2/27 19:01
スポーツ

早田がリーグMVP、第3試合で敗れた相手に雪辱「早田ひな物語ですね」

MVPに選ばれ笑顔を見せる日本生命・早田(撮影・冨永豊)

 卓球Tリーグのプレーオフ・ファイナル最終日は27日、東京都のアリーナ立川立飛で女子が行われ、レギュラーシーズン2位の日本生命が同1位の神奈川を3-2で破り、リーグ創設1季目から3連覇を達成した。日本生命は第1試合のダブルスで平野、前田組が浜本、長崎組に2-1で勝利したが、シングルスは森が石川に1-3、早田が木村に1-3と連敗。

2021 2/6 19:31
スポーツ

卓球の早田ひな、スポーツ大使に 「ふぐ料理や皿倉山」北九州の魅力さっそくPR

北九州市スポーツ大使に委嘱された早田ひな選手。右は北橋健治市長

 北九州市は6日、同市戸畑区出身で卓球日本代表の早田ひな選手(20)に市スポーツ大使を委嘱した。八幡東区の市立総合体育館であったノジマTリーグ公式戦の前に委嘱式を開いた。

2021 1/17 12:49
スポーツ

伊藤美誠、石川佳純が決勝進出

 女子シングルスで決勝進出を決めた伊藤美誠=丸善インテックアリーナ大阪

 卓球の全日本選手権最終日は17日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、女子シングルス準決勝で東京五輪代表の伊藤美誠(スターツ)が前回女王の早田ひな(日本生命)を4―3で退けた。五輪代表の石川佳純(全農)は木原美悠(エリートアカデミー)に4―2で勝ち、2大会連続の決勝進出を決めた。

2021 1/16 12:29
スポーツ

卓球女子は伊藤、石川が4強

 女子シングルス準々決勝でストレート勝ちした伊藤美誠=丸善インテックアリーナ大阪

 卓球の全日本選手権第6日は16日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で男女シングルスの準々決勝が行われ、東京五輪代表勢は女子の伊藤美誠と石川佳純が4強入りを決め、男子の張本智和、丹羽孝希はともに敗れた。  女子は前回女王の早田ひなと16歳の木原美悠が準決勝進出。

2021 1/15 14:49
スポーツ

卓球、伊藤や張本ら8強入り

 女子シングルスで準々決勝進出を決めた伊藤美誠=丸善インテックアリーナ大阪

 卓球の全日本選手権第5日は15日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪でシングルスの上位シード勢初戦となる4回戦から6回戦までが行われ、女子の東京五輪代表は伊藤美誠(スターツ)と石川佳純(全農)が順当に準々決勝に進んだが、平野美宇(日本生命)は6回戦で木原美悠(エリートアカデミー)にストレートで敗れた。前回覇者の早田ひな(日本生命)はベスト8入りした。

2021 1/11 15:58
スポーツ

全日本卓球、無観客で開幕

 無観客で始まった卓球の全日本選手権=丸善インテックアリーナ大阪

 卓球の全日本選手権は11日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で開幕した。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため会場は無観客で、ダブルスは実施しない。

2020 7/28 18:31
スポーツ

卓球、石川と平野の参加発表

 石川佳純、平野美宇

 卓球のTリーグは28日、無観客で開催する9月14日のオールスター戦に、東京五輪代表で女子の石川佳純(全農)と平野美宇(日本生命)が参加すると発表した。世界選手権団体戦(来年2~3月・韓国)女子代表の佐藤瞳(ミキハウス)は不参加となった。

2020 1/20 6:00
スポーツ

五輪逃して初の日本女王 早田ひな「自分は変われる」で代表2人連破

早田ひな

 早田ひな(19)=日本生命=が悲願の初優勝を果たした。 準決勝で3年連続3冠が懸かっていた伊藤美誠(19)=スターツ=に4-3、初めて進んだ決勝では過去4度優勝の石川佳純(29)=全農=に4-1といずれも東京五輪代表の2人に勝利。

2019 11/1 6:00
スポーツ

早田ひな「どこに住んでるか分からない」苦境の五輪代表候補が漏らした本音

東京五輪代表を目指す早田ひな(撮影・軸丸雅訓)

 卓球の東京五輪代表争いが大詰めを迎えている。男女それぞれ三つの出場枠をかけ、選手たちは世界各国のプロツアーを転戦中。

2019 4/30 20:55
スポーツ

世界卓球メダリストが帰国 石川「吉村君に感謝」

 卓球の世界選手権から帰国し、花束を手にポーズをとる(左から)橋本帆乃香、佐藤瞳、石川佳純、吉村真晴、伊藤美誠=30日、羽田空港

 卓球の世界選手権個人戦の混合ダブルスで準優勝し、3大会連続でメダルを獲得した吉村真晴(名古屋ダイハツ)石川佳純(全農)組らが30日、羽田空港に帰国し、石川は「3大会決勝でプレーでき、吉村君に感謝したい」と語り、吉村真は「(東京五輪に)出るためには死ぬ気で戦っていかないといけない。また石川さんと組めれば最高」と意気込みを語った。

2019 4/29 11:05
スポーツ

世界卓球、誤審疑惑に抗議 日本協会、ビデオ判定導入を要望

 女子ダブルス決勝 得点したかに見えたポイントがカウントされず抗議する伊藤(手前左)、早田組=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦の女子ダブルス決勝(28日・ブダペスト)で伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組が判定を不服として主審に訴えながら受け入れられなかった問題で、日本協会が藤重貞慶会長名で国際連盟(ITTF)に抗議文を提出し、ビデオ判定の導入を要望したことが28日、関係者の話で分かった。 審判の質の向上も求めた。

2019 4/28 23:17
スポーツ

世界卓球で伊藤・早田組は銀 女子ダブルス決勝で逆転負け

 女子ダブルス決勝で中国ペアに敗れた伊藤(左)、早田組=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦最終日は28日、ブダペストで行われ、女子ダブルス決勝は前回銅メダルで第1シードの伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組が第2シードの孫穎莎、王曼イク組(中国)に2―4で逆転負けした。日本人同士のペアでは1971年大会の平野美恵子、阪本礼子組以来、48年ぶりの銀メダルを獲得した。

2019 4/28 5:40
スポーツ

女子複は伊藤、早田組が決勝へ 世界卓球、日本勢対決制す

 女子ダブルス準決勝でプレーする伊藤美誠(手前)、早田ひな組=27日、ブダペスト(ロイター=共同)

 【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦第7日は27日、ブダペストで行われ、日本勢対決となった女子ダブルス準決勝は、前回銅メダルで第1シードの伊藤美誠、早田ひな組が第3シードの佐藤瞳、橋本帆乃香組に4―2で勝ち、日本人同士のペアでは48年ぶりの決勝進出を果たした。 28日(日本時間同日夜)の決勝で第2シードの孫穎莎、王曼イク組(中国)と対戦し、67年大会の森沢幸子、広田佐枝子組以来、日本ペアで52年ぶりの金メダルを目指す。

2019 4/26 9:01
スポーツ

卓球、女子複伊藤・早田組ら4強 混合複は銀メダル以上

 女子ダブルスで準決勝進出を決め、笑顔で引き揚げる伊藤(右)、早田組=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦第5日は25日、ブダペストで行われ、女子ダブルスで前回2017年大会3位の伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組と、佐藤瞳、橋本帆乃香組(ミキハウス)が4強入りして表彰台を決めた。3位決定戦がなく、銅メダル以上が確定した。

2019 4/25 8:28
スポーツ

吉村真、石川組が「銅」以上確定 世界卓球で3大会連続

 混合ダブルス準々決勝 プレーする吉村真(右)、石川組=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦第4日は24日、ブダペストで行われ、混合ダブルス準々決勝で前回優勝の吉村真晴、石川佳純組はスロバキアのペアに4―2で競り勝ち、3位決定戦がないため銅メダル以上が決まった。2015年大会の「銀」と合わせて3大会連続の表彰台で、今大会日本勢初のメダル確定となった。

2019 4/25 1:49
スポーツ

世界卓球、張本智和が16強 水谷隼と伊藤美誠は敗退

 男子シングルス3回戦でプレーする張本智和=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦第4日は24日、ブダペストで行われ、シングルス3回戦で男子は張本智和がマルコス・フレイタス(ポルトガル)に4―0で快勝し、丹羽孝希とともに16強入りした。水谷隼は鄭栄植(韓国)に3―4で惜敗。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング