まとめ

「桃田賢斗」 (2ページ目)

「桃田賢斗」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 3/3 9:33
スポーツ

バドミントン桃田、山口ら決勝へ ドイツ・オープン

 バドミントンのドイツ・オープンは2日、ミュルハイムで各種目の準決勝が行われ、シングルスで男子は桃田賢斗がデンマーク選手に2―1で逆転勝ちし、西本拳太も台湾選手を2―1で破って決勝に進んだ。女子は山口茜がマレーシア選手に2―0で勝って決勝進出。

2019 3/1 11:21
スポーツ

バド、桃田や奥原ら8強入り ドイツ・オープン

 シングルス2回戦でプレーする桃田賢斗=2月28日、ミュルハイム(ゲッティ=共同)

 バドミントンのドイツ・オープンは2月28日、ミュルハイムで各種目の2回戦が行われ、シングルスで男子の桃田賢斗(NTT東日本)、女子の奥原希望(太陽ホールディングス)山口茜(再春館製薬所)らが勝って準々決勝に進んだ。 ダブルスは男子で園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)など、女子で高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)など、混合で渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)が8強入りした。

2019 2/28 12:06
スポーツ

バド、桃田と奥原らが2回戦へ ドイツ・オープン

 バドミントンのドイツ・オープン シングルス1回戦に勝利した桃田賢斗=ミュルハイム(AP=共同)

 バドミントンのドイツ・オープンは27日、ミュルハイムで各種目の1回戦が行われ、シングルスで男子の桃田賢斗(NTT東日本)、女子の奥原希望(太陽ホールディングス)山口茜(再春館製薬所)らが勝って2回戦に進んだ。 ダブルスでは女子の高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が韓国ペアを、福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)がインドネシアのペアをそれぞれ下した。

2019 2/17 18:58
スポーツ

バドS/Jリーグ、女子は再春館 男子、トナミ運輸が優勝

 女子決勝で日本ユニシスに勝利した再春館製薬所の山口茜=サイデン化学アリーナ

 バドミントンのS/Jリーグのプレーオフは17日、さいたま市のサイデン化学アリーナで決勝が行われ、女子は再春館製薬所が2連覇を狙った日本ユニシスに2―1で勝ち、2季ぶり2度目の優勝を果たした。男子はトナミ運輸がNTT東日本を2―1で退け、3季連続9度目の頂点に立った。

2019 2/16 18:58
スポーツ

バド、日本ユニシスなど決勝へ S/Jリーグのプレーオフ

 女子準決勝で北都銀行に勝利し、タッチする日本ユニシスの高橋礼(右)、松友組=サイデン化学アリーナ

 バドミントンのS/Jリーグのプレーオフは16日、さいたま市のサイデン化学アリーナで上位4チームによる準決勝が行われ、女子は日本ユニシスと再春館製薬所が決勝に進んだ。男子決勝はトナミ運輸とNTT東日本の顔合わせとなった。

2019 1/27 18:24
スポーツ

バドミントン、タカマツが優勝 男子単は桃田が準優勝

 バドミントンのインドネシア・マスターズは27日、ジャカルタで各種目の決勝が行われ、女子ダブルスで高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が韓国のペアに2―0でストレート勝ちし、優勝した。男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)はデンマーク選手に1―2で敗れて準優勝だった。

2019 1/27 0:09
スポーツ

バド、桃田・タカマツが決勝へ インドネシア・マスターズ

 バドミントンのインドネシア・マスターズは26日、ジャカルタで各種目の準決勝が行われ、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)がデンマーク選手を2―0で下し、決勝へ進んだ。女子ダブルスは高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)がインドネシアのペアに2―1で勝ち、決勝へ進んだ。

2019 1/26 8:56
スポーツ

バドミントン、桃田らが4強入り インドネシア・マスターズ

 桃田賢斗

 バドミントンのインドネシア・マスターズは25日、ジャカルタで各種目の準々決勝が行われ、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)、女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)と永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)、混合ダブルスの渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)が準決勝に進んだ。

2019 1/24 21:56
スポーツ

バドミントン、桃田ら準々決勝へ インドネシア・マスターズ

 バドミントンのインドネシア・マスターズは24日、ジャカルタで各種目の2回戦が行われ、シングルスは男子の桃田賢斗(NTT東日本)が準々決勝に進出し、女子の山口茜(再春館製薬所)は敗退した。 ダブルスは女子の高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)や永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)、男子の園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)や遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)、混合の渡辺、東野有紗組(日本ユニシス)が8強入りした。

2019 1/24 0:22
スポーツ

バドミントン、桃田ら2回戦進出 インドネシア・マスターズ

 バドミントンのインドネシア・マスターズは23日、ジャカルタで各種目の1回戦が行われ、シングルスで男子の桃田賢斗(NTT東日本)、西本拳太、常山幹太(ともにトナミ運輸)が勝ち、2回戦に進んだ。女子では山口茜(再春館製薬所)高橋沙也加(日本ユニシス)が勝ち上がったが、奥原希望(太陽ホールディングス)は敗退した。

2019 1/17 11:26
スポーツ

バド、桃田は西本に敗れる マレーシア・マスターズ

 桃田賢斗(左)西本拳太

 バドミントンのマレーシア・マスターズは16日、クアラルンプールで行われ、男子シングルス1回戦で世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)は西本拳太(トナミ運輸)に1―2で敗れた。 女子シングルス1回戦では奥原希望(太陽ホールディングス)が高橋沙也加(日本ユニシス)にストレート勝ち。

2018 12/16 19:41
スポーツ

バド、タカマツが4年ぶり優勝 桃田、奥原は敗れる

 女子ダブルスで優勝し、トロフィーを手に笑顔の高橋礼(右)、松友組=広州(共同)

 【広州共同】バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナル最終日は16日、中国の広州で各種目の決勝が行われ、女子ダブルスで2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が李紹希、申昇チャン組(韓国)にストレート勝ちし、4年ぶり2度目の優勝を果たした。 シングルスは男子で3年ぶりの頂点を狙った世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)が世界2位の石宇奇(中国)に0―2で屈した。

2018 12/15 21:25
スポーツ

バド、奥原が山口を破り決勝へ WTファイナル、男子の桃田快勝

 男子シングルス準決勝 孫完虎と対戦する桃田賢斗=広州(共同)

 【広州共同】バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナル第4日は15日、中国の広州で各種目の準決勝が行われ、女子シングルスで3年ぶりの優勝を目指す奥原希望(日本ユニシス)は2連覇を狙った山口茜(再春館製薬所)を2―0で破り、決勝へ進んだ。男子シングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)は孫完虎(韓国)に2―0で快勝した。

2018 12/15 0:54
スポーツ

山口―奥原の日本人対決 桃田は韓国選手と準決勝

 【広州共同】バドミントンのワールドツアー・ファイナル準決勝組み合わせ抽選が14日、中国の広州で行われ、女子シングルスは2連覇を目指す山口茜(再春館製薬所)と奥原希望(日本ユニシス)の日本人対決となった。男子シングルスで1次リーグを3戦全勝で通過した世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)は孫完虎(韓国)と対戦する。

2018 12/13 23:24
スポーツ

桃田、奥原ら準決勝進出 バド、ナガマツらも2連勝

 女子シングルス1次リーグでタイ選手を破り、ガッツポーズする奥原希望=広州(共同)

 【広州共同】バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナル第2日は13日、中国の広州で1次リーグが行われ、男子シングルスでB組の桃田賢斗(NTT東日本)はカンタプホン・ワンチャロエン(タイ)を2―0で下して2連勝とし、準決勝進出を決めた。 女子シングルスでB組の奥原希望(日本ユニシス)もラチャノック・インタノン(タイ)に2―1で逆転勝ちし、2連勝で1次リーグを突破した。

2018 12/12 20:52
スポーツ

バド桃田、奥原が白星発進 タカマツも初戦で勝利

 男子シングルス1次リーグ インド選手と対戦する桃田賢斗=広州(共同)

 【広州共同】バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナルは12日、中国の広州で開幕し1次リーグが行われ男子シングルスのB組で世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)はサミール・ベルマ(インド)に2―0で快勝し白星発進した。 女子シングルスでB組の奥原希望(日本ユニシス)もカナダ選手にストレート勝ちしたが、2連覇を狙うA組の山口茜(再春館製薬所)は世界選手権2位のシンドゥ・プサルラ(インド)に0―2で敗れた。

2018 12/11 18:52
スポーツ

バド桃田「いつも通り最善を」 11日WTファイナル開幕

 試合会場で調整する桃田賢斗=広州(共同)

 【広州共同】バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナルは12日に中国の広州で開幕する。日本勢は11日、試合会場で調整し、3年ぶりの出場で優勝を狙う男子シングルスの世界ランキング1位、桃田賢斗(NTT東日本)は「楽しみながらプレーしたい。

2018 12/11 15:13
スポーツ

来年のバド代表に桃田、奥原ら 協会選出

 日本バドミントン協会は11日、来年の日本代表を発表し、シングルスは男子で世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)や女子で2017年世界選手権女王の奥原希望(日本ユニシス)や山口茜(再春館製薬所)らがA代表に選ばれた。 ダブルスの女子は世界ランク1位の福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)やリオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)、8月の世界選手権を制した永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)ら、男子は園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)らがA代表入りした。

2018 12/11 1:22
スポーツ

バド、永原・松本組を表彰 世界連盟「最も成長した選手」に

 世界バドミントン連盟の「最も成長した選手」に選ばれた永原(左)、松本組=広州(共同)

 【広州共同】世界バドミントン連盟(BWF)は10日、中国の広州で今季の表彰選手を発表し、女子ダブルスで8月の世界選手権を制した永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)が「最も成長した選手」に選ばれた。昨年の福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)に続く受賞。

2018 12/10 23:35
スポーツ

バド桃田、強敵少ないB組に ツアーファイナル組み合わせ抽選

 桃田賢斗(左)、山口茜(右)

 【広州共同】バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナルは10日、広州で1次リーグの組み合わせ抽選が行われ、男子シングルスで世界選手権覇者の桃田賢斗(NTT東日本)は比較的強敵が少ないB組に入った。2連覇を目指す女子シングルスの山口茜(再春館製薬所)は世界ランキング1位の戴資穎(台湾)らと同じA組で、奥原希望(日本ユニシス)はB組となった。

PR

PR

注目のテーマ