まとめ

「桃田賢斗」 (6ページ目)

「桃田賢斗」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2018 7/27 10:08
スポーツ

バド日本代表、世界選手権へ出発 連覇狙う奥原「わくわく」

 中国の南京での世界選手権へ出発を前に、取材に応じる奥原希望=27日、羽田空港

 中国の南京で30日に開幕するバドミントンの世界選手権に臨む日本代表が27日、羽田空港から出発し、女子シングルスで2連覇を目指す奥原希望(日本ユニシス)は「すごくわくわくしている。準備はしっかりできたと思う」と力を込めた。

2018 7/19 18:11
スポーツ

バド女王奥原、挑戦者の姿勢強調 世界選手権の日本代表が会見

 世界選手権への意気込みを述べる奥原希望(中央)=19日午後、東京都港区

 バドミントンの世界選手権(30日~8月5日、中国・南京)に出場する日本代表選手が19日、東京都内で記者会見し、昨年の前回大会でシングルスの日本勢で初めて金メダルを獲得した女子の奥原希望(日本ユニシス)は「昨年の女王とは全く思っていない。自分がどこまで通用するか思い切りやりたい」と挑戦者の気持ちで臨む姿勢を強調した。

2018 7/9 19:42
スポーツ

バド桃田、優勝が「自信に」 インドネシアから帰国

 バドミントンのインドネシア・オープン男子シングルスを制し、帰国した桃田賢斗=9日、羽田空港

 バドミントンのインドネシア・オープン男子シングルスを制した桃田賢斗(NTT東日本)が9日、羽田空港に帰国し、ワールドツアーでも格付けが高い大会での優勝に「自信になった」と晴れやかな表情を浮かべた。8月に開幕するアジア大会の会場で好結果を得て「コートの感覚をつかめたのは収穫」と述べた。

2018 7/8 21:10
スポーツ

バド、桃田と福島・広田組が優勝 インドネシア・オープン

 男子シングルス決勝でショットを放つ桃田賢斗=ジャカルタ(AP=共同)

 バドミントンのインドネシア・オープンは8日、ジャカルタで各種目の決勝が行われ、男子シングルスで桃田賢斗(NTT東日本)が世界ランキング1位のビクトル・アクセルセン(デンマーク)にストレート勝ちして優勝した。 女子ダブルスは福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)が松本麻佑、永原和可那組(北都銀行)との日本勢対決に2―1で競り勝った。

2018 7/7 23:56
スポーツ

バド、福島・広田組が決勝へ インドネシア・オープン

 バドミントンのインドネシア・オープン女子ダブルス準決勝、松友美佐紀、高橋礼華組と対戦した福島由紀、広田彩花組=7日、ジャカルタ(ゲッティ=共同)

 バドミントンのインドネシア・オープンは7日、ジャカルタで各種目の準決勝が行われ、女子ダブルスは福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)が松友美佐紀、高橋礼華組(日本ユニシス)を2―1で下した。決勝では松本麻佑、永原和可那組(北都銀行)と対戦する。

2018 7/6 12:46
スポーツ

バド、桃田や山口ら準々決勝へ インドネシア・オープン

 バドミントンのインドネシア・オープンは5日、ジャカルタで各種目の2回戦が行われ、男子シングルスで桃田賢斗(NTT東日本)がインドネシア選手にストレート勝ちして準々決勝に進んだ。常山幹太(トナミ運輸)も8強入り。

2018 6/30 23:23
スポーツ

バドミントン、桃田賢斗が決勝へ マレーシア・オープン

 バドミントンのマレーシア・オープンは30日、クアラルンプールで各種目の準決勝が行われ、男子シングルスは桃田賢斗(NTT東日本)がスリカンス・キダンビ(インド)に2―0で快勝し、決勝に進んだ。 ダブルスの女子は高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)がインドネシアのペアを2―0で下して決勝進出。

2018 6/30 7:17
スポーツ

バド・マレーシアOP、桃田4強 山口は中国選手に敗れる

 マレーシア・オープンに出場した桃田賢斗=29日、クアラルンプール(ゲッティ=共同)

 バドミントンのマレーシア・オープンは29日、クアラルンプールで各種目の準々決勝が行われ、シングルスの男子は桃田賢斗(NTT東日本)が台湾選手を2―0で下して4強入りした。女子の山口茜(再春館製薬所)は中国選手に0―2で屈した。

2018 6/22 0:42
スポーツ

福島、広田組が初の1位 バドミントン世界ランク

 福島由紀、広田彩花

 世界バドミントン連盟(BWF)は21日、最新の世界ランキングを発表し、女子ダブルスで前週2位の福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)が初の1位に就いた。日本勢で同種目の高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)、女子シングルスの山口茜(再春館製薬所)に次ぐ快挙となった。

2018 6/20 20:37
スポーツ

高橋礼「チーム一丸で取った」 バドミントン祝賀会

 バトミントンの女子ユーバー杯優勝と男子トマス杯準優勝を記念した祝賀会であいさつする女子主将の高橋礼華(中央)=20日、東京都港区

 バドミントンの国・地域別対抗戦、女子ユーバー杯での37年ぶり優勝と男子トマス杯準優勝を記念した祝賀会が20日、東京都内で開かれ、女子主将の高橋礼華は「プレッシャーもあったが、チーム一丸となって取った結果だと思う」とあいさつした。タイとの決勝で優勝を決めた第2シングルスの奥原希望は「誰が出ても1ポイントを取れる最強のチーム編成だった」と誇った。

2018 6/19 20:51
スポーツ

バドミントン桃田らが意気込み 9月にジャパン・オープン

 記者会見後、ポーズをとる(右から)桃田賢斗、山口茜ら=19日午後、東京都渋谷区

 9月に開催されるバドミントンのジャパン・オープン出場予定選手が19日、東京都内で記者会見し、男子シングルスで3年ぶりに出場する桃田賢斗(NTT東日本)は「目標は優勝。日本で開催される一番大きな世界大会なので、活躍することでジュニア選手の夢や目標になれると思う」と意気込みを述べた。

2018 6/6 19:46
スポーツ

バド、奥原やタカマツ組が代表に アジア大会に向け男女各10人

 左から奥原希望、山口茜、桃田賢斗

 日本バドミントン協会は6日、今夏のジャカルタ・アジア大会代表の男女各10人を発表し、女子シングルスは昨年の世界選手権優勝の奥原希望(日本ユニシス)や山口茜(再春館製薬所)、同ダブルスは前回仁川大会2位で2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)らトップ選手が選ばれた。 日本オリンピック委員会(JOC)の承認を経て正式に決定する。

2018 5/27 20:20
スポーツ

バド、日本男子は中国に屈し準V 団体のトマス杯

 男子決勝 中国戦のダブルスでプレーする井上(上)、金子組=バンコク(共同)

 【バンコク共同】バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦、男子トマス杯は27日、バンコクで決勝(3戦先勝方式)が行われ、2014年以来2大会ぶりの優勝を目指した日本は中国に1―3で敗れ、準優勝だった。 シングルスでエース桃田賢斗が16年リオデジャネイロ五輪金メダルのシン竜を2―0で破ったが、第2試合で井上拓斗、金子祐樹組が昨年の世界選手権を制した張楠、劉成組に、第3試合の西本拳太は世界ランキング3位の石宇奇にともに0―2で敗れた。

2018 5/23 21:27
スポーツ

バド、日本男女とも3連勝で8強 国別対抗戦

 インド戦のダブルスでプレーする高橋礼(左)、松友組=バンコク(共同)

 【バンコク共同】バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦、男子トマス杯と女子ユーバー杯第4日は23日、バンコクで1次リーグ最終戦が行われ、既に準々決勝(3戦先勝方式)進出を決めている日本の男女はともに5―0で勝ち、3戦全勝で1位となった。 37年ぶりの頂点を目指すA組の女子はシングルスの山口茜や奥原希望、高橋礼華、松友美佐紀組らが勝ち、インドを下した。

2018 5/22 20:21
スポーツ

バドの日本男子、2連勝で8強へ 国別対抗戦

 ドイツ戦のシングルスでプレーする桃田賢斗=バンコク(共同)

 【バンコク共同】バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦、男子トマス杯と女子ユーバー杯第3日は22日、バンコクで行われ、男子で2大会ぶりのメダルを目指す日本は1次リーグC組でドイツに4―1で勝って開幕2連勝とし、同組で2戦2勝の台湾とともに準々決勝進出を決めた。 シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)西本拳太、常山幹太(ともにトナミ運輸)がいずれも勝ち、ダブルスの園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)は敗れたが、遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)が2―1で競り勝ち、勝利を決めた。

2018 5/20 21:50
スポーツ

バド、日本の男女が白星発進 国別対抗戦、バンコクで開幕

 オーストラリア戦のシングルスでプレーする奥原希望=バンコク(共同)

 【バンコク共同】バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦、男子トマス杯と女子ユーバー杯が20日、バンコクで開幕して1次リーグが行われ、女子で37年ぶりの優勝を狙うA組の日本はオーストラリアを5―0で下し、2大会ぶりのメダルを目指すC組の男子も香港に4―1で勝ち、ともに白星発進した。 シングルス3試合、ダブルス2試合で争う。

2018 5/16 11:25
スポーツ

バド桃田「力出せば結果」 日本代表が出発

 バドミントンの男子トマス杯と女子ユーバー杯へ向け出発する女子主将の高橋礼華(左)と男子主将の嘉村健士=16日午前、羽田空港

 バドミントンの国・地域別対抗戦、男子トマス杯と女子ユーバー杯(20~27日・バンコク)に出場する日本代表が16日、出発前に羽田空港で取材に応じ、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)は「チームの雰囲気もいいし、中身の濃い練習ができた。力をしっかり出せば結果はついてくる」と2014年以来の優勝へ表情を引き締めた。

2018 5/10 18:56
スポーツ

バド桃田「全勝で優勝に貢献」 国・地域別対抗戦の男女代表会見

 バドミントンの国・地域別対抗戦に向け、意気込む日本代表選手ら=10日、東京都内

 バドミントンの国・地域別対抗戦(20~27日・バンコク)の日本代表が10日、東京都内で記者会見し、男子のトマス杯で2014年以来の優勝を目指すシングルスの桃田賢斗は「個人的には全勝してチームの優勝に貢献したい」と抱負を語った。 主将を務めるダブルスの嘉村健士は「一人一人がベストを尽くせば優勝できる。

2018 4/30 17:56
スポーツ

バド、アジア制覇の桃田ら帰国 「自信になった」

 バドミントンのアジア選手権から帰国し、記者の質問に答える桃田賢斗=30日、成田空港

 バドミントンのアジア選手権を制した男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)ら日本代表が30日、成田空港に帰国し、桃田は「レベルの高い大会で最高のパフォーマンスができた。自信になった」と喜んだ。

2018 4/29 23:00
スポーツ

バドミントン、桃田が単初優勝 女子複はフクヒロV

 男子シングルスで優勝した桃田賢斗=武漢(ゲッティ=共同)

 バドミントンのアジア選手権は29日、中国の武漢で各種目の決勝が行われ、男子シングルスで桃田賢斗がリオデジャネイロ五輪金メダルのシン竜(中国)を2―0で破って初優勝した。桃田は28日の準決勝では五輪3大会連続準優勝のリー・チョンウェイ(マレーシア)に勝っており、強豪を連破して頂点に立った。

PR

PR

注目のテーマ