まとめ

「MGC」

「MGC」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 9/15 12:55
陸上

MGC男子4位の大塚(九電工)「出来過ぎだけど…」

4位でフィニッシュする大塚祥平

 男子は中村匠吾(富士通)が2時間11分28秒で優勝し、服部勇馬(トヨタ自動車)が8秒差で2位となって東京五輪代表に内定した。 レースは設楽悠太(ホンダ)が弾丸スタートを切り、設楽ととともに「4強」に数えられた井上大仁(MHPS)が早々に遅れるなど波乱の展開。

2019 9/13 18:44
スポーツ

アジア制した井上大仁「一番強いのは自分」大迫傑に対抗心

MHPS・井上大仁(手前)

 東京五輪のマラソン代表を決める注目のグランドチャンピオンシップ(MGC)の号砲は15日に鳴る。五輪とほぼ同じコースを走る男子31人、女子12人の中には、歴代のオリンピアン(五輪出場選手)の意思、会社や部の伝統を背負って走る選手も多い。

2019 9/13 10:00
スポーツ

V候補筆頭は松田と鈴木か/MGC女子展望

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)のコース

 優勝候補の筆頭に挙げられるのが、松田瑞生(ダイハツ)と鈴木亜由子(日本郵政グループ)だ。ともにトラックで日本代表経験があり、松田は選考大会で最速の2時間22分44秒をマーク。

2019 9/13 10:00
スポーツ

4強中心も目離せぬベテラン勢/MGC男子展望

マラソングランドチャンピオン(MGC)のコース

 男子は4強が軸との見方が強い。昨秋のシカゴで2時間5分50秒の日本新記録を出した大迫は、今年7月に1万メートルで27分57秒41の好タイムをマーク。

2019 9/13 10:00
スポーツ

「もう一度世界へ」MGC最年長36歳、中本健太郎が諦めない理由

2度目の五輪出場に向けて練習する安川電機・中本

 東京五輪のマラソン代表を決める注目のグランドチャンピオンシップ(MGC)の号砲は15日に鳴る。五輪とほぼ同じコースを走る男子31人、女子12人の中には、歴代のオリンピアン(五輪出場選手)の意思、会社や部の伝統を背負って走る選手も多い。

2019 9/13 10:00
スポーツ

高1夏から「背中」追いかけ MGC出場最年少22歳、一山麻緒の挑戦

MGCへの意気込みを語る一山

 高校1年の夏。後に先輩になるランナーの激走が、一山麻緒にマラソンへの思いを募らせた。

2019 9/13 10:00
スポーツ

名監督も驚く23歳のマラソン新人類 上原美幸MGCへ「ぶっちぎりで」

山下監督が率いる第一生命の3大会連続マラソン五輪出場の期待を背負う上原美幸

 東京五輪のマラソン代表を決める注目のグランドチャンピオンシップ(MGC)の号砲は15日に鳴る。五輪とほぼ同じコースを走る男子31人、女子12人の中には、歴代のオリンピアン(五輪出場選手)の意思、会社や部の伝統を背負って走る選手も多い。

2019 9/13 10:00
スポーツ

元祖山の神・今井正人MGCに「全てぶつける」恩師との12年

MGCで「経験したことをすべてぶつける」と意欲を見せる今井正人

 東京五輪のマラソン代表を決める注目のグランドチャンピオンシップ(MGC)の号砲は15日に鳴る。五輪とほぼ同じコースを走る男子31人、女子12人の中には、歴代のオリンピアン(五輪出場選手)の意思、会社や部の伝統を背負って走る選手も多い。

2019 9/11 6:00
陸上

一山、憧れ福士さんと激走 15日MGC

MGCへの意気込みを語る一山

 伸び盛りの22歳も五輪出場をうかがう。一山は「最後の2キロ、焦らず落ち着いて出た人に付いていきたい」とレースプランをイメージした。

2019 9/11 6:00
陸上

上原「第一生命なんで1番で代表」 15日運命のMGC

五輪出場に意欲を燃やす第一生命・上原美幸(撮影・中村太一)

 マラソンの東京五輪予選会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、東京・明治神宮外苑を発着点とし、五輪本番とほぼ同じ42・195キロのコースで開催される。男女ともに上位2人が代表に内定する今大会で女子は12人が出場。

2019 9/1 17:10
陸上

マラソンの神野、MGCへ自信

 ケニアでの合宿から帰国し取材に応じる神野大地=1日午後、成田空港

 陸上男子マラソンの神野大地(セルソース)が1日、ケニアでの合宿を終えて成田空港に帰国し、2週間後に迫った東京五輪代表選考会「グランドチャンピオンシップ」(MGC)へ「やりたかったことができ、100点。自信を持った状態で帰ってくることができた」と手応えを語った。

2019 6/27 6:00
陸上

井上VS設楽 MGC優勝候補同士の“前哨戦”に注目

男子走り幅跳び、下野伸一郎

 陸上の日本選手権(西日本新聞社など協力)が27日、福岡市の博多の森陸上競技場で開幕する。26日は男子100メートルの日本記録保持者、サニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)と桐生祥秀(日本生命)らが最終調整。

2019 5/19 6:27
スポーツ

九州実業団陸上男子1万メートル 大塚(九電工)日本人トップ3位 MGCへ手応え

陸上の九州実業団選手権男子1万メートルで日本人トップの3位に入った九電工の大塚(左)

 陸上の九州実業団選手権第1日は18日、北九州市立鞘ケ谷競技場で行われ、男子1万メートル(タイムレース)はダニエル・キプケモイ(西鉄)が28分18秒82で優勝した。9月の東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」に出場する大塚祥平(九電工)が28分47秒22で日本人トップの3位に入った。

2019 5/17 18:58
スポーツ

マラソン代表の設定記録を発表 男子は2時間5分49秒

 日本陸連は17日、2020年東京五輪マラソン代表の男女各3枠目の選考に用いる設定記録を発表し、男子は2時間5分49秒、女子は2時間22分22秒となった。 マラソン代表は9月15日の選考会「グランドチャンピオンシップ」(MGC)で上位2人ずつが決定。

2019 5/5 15:33
スポーツ

園田G組9位、目標T届かず 男子5000メートル 陸上GGのべおか

陸上男子5000メートルG組で9着だった園田隼

 ◆陸上ゴールデンゲーズinのべおか(4日・宮崎県延岡市西階陸上競技場) 陸上の中長距離で争う「ゴールデンゲームズinのべおか」は4日、宮崎県の延岡市西階陸上競技場で行われ、9月の2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ」(MGC)に参加する選手が出場した。 4月15日のボストン・マラソンに出場した園田隼(黒崎播磨)が男子5000メートルG組で実戦復帰し、14分26秒72で同組9位に終わった。

2019 5/5 15:33
スポーツ

木村2週連続V 女子5000メートル 陸上GGのべおか

女子5000メートルで優勝した木村

 ◆陸上ゴールデンゲーズinのべおか(4日・宮崎県延岡市西階陸上競技場) 陸上の中長距離で争う「ゴールデンゲームズinのべおか」は4日、宮崎県の延岡市西階陸上競技場で行われ、9月の2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ」(MGC)に参加する選手が出場した。 木村が先週の織田記念に続いて女子5000メートルを制し、6月の日本選手権(福岡)へ弾みをつけた。

2019 4/28 22:06
スポーツ

安藤13位、一山MGC獲得 ロンドン・マラソン

 女子 2時間27分27秒で15位だった一山麻緒=ロンドン市街(AP=共同)

 【ロンドン共同】ロンドン・マラソンは28日、ロンドン市街のコースで行われ、女子は安藤友香が2時間26分47秒で13位、一山麻緒(以上ワコール)が2時間27分27秒で15位だった。一山は9月開催の2020年東京五輪代表選考会「グランドチャンピオンシップ」(MGC)出場権を獲得。

2019 4/28 20:08
スポーツ

高久ら4人がMGC出場権 ハンブルク・マラソン

 ハンブルク・マラソンは28日、ドイツのハンブルクで行われ、男子は高久龍(ヤクルト)が2時間10分3秒で日本勢最高の7位となり、9月に行われる2020年東京五輪代表選考会「グランドチャンピオンシップ」(MGC)の出場権を獲得した。9位の荻野皓平(富士通)、11位の一色恭志(GMO)、13位の鈴木健吾(富士通)もMGC出場条件を満たした。

2019 4/24 18:49
スポーツ

小出氏に「五輪見てほしかった」 陸上関係者から悼む声

 【ドーハ共同】女子マラソンの五輪金メダリスト、高橋尚子さんや2大会連続メダル獲得の有森裕子さんらを育てた小出義雄さんが24日に80歳で死去し、アジア選手権でドーハ遠征中の陸上関係者から悼む声が相次いだ。日本陸連の河野匡・長距離・マラソン・ディレクターは「女子マラソンのレベルアップ、人気向上の立役者。

2019 4/14 20:39
スポーツ

「MGCとか興味ない」衝撃発言の理由は… マラソン前日本記録保持者の設楽

約4カ月半ぶりにレースに出場した設楽悠太(右)=14日、熊本市・えがお健康スタジアム

 ◆第28回金栗記念選抜陸上中長距離大会(14日・えがお健康スタジアム) マラソン男子前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)が今年初の実戦となる男子5000メートル(タイムレース)に臨み、13分35秒70で日本人3番手の9位だった。 設楽がレースに出場したのは、昨年12月の福岡国際マラソン以来。

PR

PR

注目のテーマ