まとめ

「MGC」 (3ページ目)

「MGC」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 2/11 12:28
スポーツ

唐津10マイルロードレース 井上 納得6位 NZ合宿の成果「余裕持って走れた」

唐津10マイルロードレースを6位でゴールするMHPSの井上

 第59回唐津10マイルロードレース(西日本新聞社など後援)は10日、佐賀県の唐津市陸上競技場を発着点とするコースで行われ、昨夏のジャカルタ・アジア大会の男子マラソンで優勝した井上大仁(MHPS)は46分42秒で6位入賞し、4月に出場予定のボストン・マラソンへ自信を深めた。昨年準優勝の西山雄介(トヨタ自動車)が46分27秒で初優勝。

2019 2/4 7:30
スポーツ

橋本、青学OB初のMGC地元で決める “山の神”付き添い役「絶対見返す」 別大マラソン5位

5位でゴールした橋本(左)と6位の岩田

 ◆別府大分毎日マラソン(3日・大分市高崎山うみたまご前-別府市亀川漁港前折り返し-大分市営陸上競技場=42・195キロ) 二岡康平(中電工)が2時間9分15秒で日本人トップの4位となり、2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を獲得した。5位橋本崚(GMO)=大分県由布市出身=と6位岩田勇治(MHPS)=福岡市出身=も2時間10分切りを達成。

2019 2/4 7:30
スポーツ

31歳岩田「引退覚悟」を力に初サブテン 別大マラソン6位

互いの健闘をたたえる橋本(右)と岩田

 ◆別府大分毎日マラソン(3日・大分市高崎山うみたまご前-別府市亀川漁港前折り返し-大分市営陸上競技場=42・195キロ) 二岡康平(中電工)が2時間9分15秒で日本人トップの4位となり、2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を獲得した。5位橋本崚(GMO)=大分県由布市出身=と6位岩田勇治(MHPS)=福岡市出身=も2時間10分切りを達成。

2019 2/4 7:30
スポーツ

二岡、日本勢トップの4位 一般参加“無名”の24歳 別大マラソン

日本勢最高の4位でゴールする二岡

 ◆別府大分毎日マラソン(3日・大分市高崎山うみたまご前-別府市亀川漁港前折り返し-大分市営陸上競技場=42・195キロ) 二岡康平(中電工)が2時間9分15秒で日本人トップの4位となり、2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を獲得した。5位橋本崚(GMO)=大分県由布市出身=と6位岩田勇治(MHPS)=福岡市出身=も2時間10分切りを達成。

2019 2/4 7:30
スポーツ

陸連・瀬古氏、MGC出場権獲得の「無名トリオ」称賛 別大マラソン

日本陸連の瀬古マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(右)とポーズを取る橋本

 ◆別府大分毎日マラソン(3日・大分市高崎山うみたまご前-別府市亀川漁港前折り返し-大分市営陸上競技場=42・195キロ) 二岡康平(中電工)が2時間9分15秒で日本人トップの4位となり、2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を獲得した。5位橋本崚(GMO)=大分県由布市出身=と6位岩田勇治(MHPS)=福岡市出身=も2時間10分切りを達成。

2019 2/3 17:13
スポーツ

マラソン、二岡が日本人最高4位 MGC出場決める、別府大分毎日

 日本勢最高の4位でゴールする二岡康平=大分市営陸上競技場

 2020年東京五輪代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権が懸かる別府大分毎日マラソンは3日、大分市高崎山うみたまご前から大分市営陸上競技場までの42・195キロで行われ、二岡康平が2時間9分15秒で日本勢最高の4位となり、MGC出場を決めた。ヒシャム・ラクーアヒ(モロッコ)が2時間8分35秒で優勝した。

2019 2/3 11:13
スポーツ

大六野 本番は「服部式」で給水 2本のボトル使用 別大毎日きょう号砲

旭化成が3連覇を飾ったニューイヤー駅伝でアンカーを務め胴上げされる大六野(1月1日)

 3日正午にスタートする別府大分毎日マラソン(大分市高崎山・うみたまご前-同市営陸上競技場)の招待選手が2日、大分市内で記者会見し、大六野秀畝(26)=旭化成=が初マラソン初優勝と2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」出場権獲得をノルマに掲げた。旭化成は宗兄弟や1992年バルセロナ五輪銀メダルの森下広一(トヨタ自動車九州監督)ら多くの五輪マラソン代表を送り出したが、MGC出場権は誰も得ていない。

2019 2/3 6:00
スポーツ

大六野(旭化成)初マラソンV宣言 別大毎日きょう号砲

初マラソンで優勝とMGC出場権獲得を誓う旭化成の大六野(前列右端)

 3日正午にスタートする別府大分毎日マラソン(大分市高崎山・うみたまご前-同市営陸上競技場)の招待選手が2日、大分市内で記者会見し、大六野秀畝(26)=旭化成=が初マラソン初優勝と2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」出場権獲得をノルマに掲げた。旭化成は宗兄弟や1992年バルセロナ五輪銀メダルの森下広一(トヨタ自動車九州監督)ら多くの五輪マラソン代表を送り出したが、MGC出場権は誰も得ていない。

2019 2/3 6:00
スポーツ

園田(黒崎播磨)前回王者から挑戦状 「今年は勝つ」 別大毎日きょう号砲

昨年マッチレースを演じたモクゴブ(手前左)と園田(同右)は再会を喜ぶ

 3日正午にスタートする別府大分毎日マラソン(大分市高崎山・うみたまご前-同市営陸上競技場)の招待選手が2日、大分市内で記者会見し、大六野秀畝(26)=旭化成=が初マラソン初優勝と2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」出場権獲得をノルマに掲げた。旭化成は宗兄弟や1992年バルセロナ五輪銀メダルの森下広一(トヨタ自動車九州監督)ら多くの五輪マラソン代表を送り出したが、MGC出場権は誰も得ていない。

2019 2/2 15:37
スポーツ

駅伝Vの立役者が満を持してマラソン挑戦 旭化成初MGC出場権狙う

初マラソンで優勝とMGC出場権獲得を誓う旭化成の大六野

 3日に行われる第68回別府大分毎日マラソン(大分市高崎山・うみたまご前-同市営陸上競技場)の招待選手が2日、大分市内で記者会見に臨んだ。2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を懸けたレースの一つ。

2019 1/27 15:54
スポーツ

マラソン、小原が日本勢最高2位 大阪国際女子

 日本勢最高の2位に入った小原怜=ヤンマースタジアム長居

 2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」(9月)の出場権が懸かる大阪国際女子マラソンは27日、大阪市のヤンマースタジアム長居発着で行われ、既にMGC出場権を持っていた小原怜(天満屋)が2時間25分46秒で日本勢最高の2位に入った。ファツマ・サド(エチオピア)が初優勝した。

2019 1/25 18:54
スポーツ

福士加代子「勝ってMGCを」 大阪国際女子マラソン

 大阪国際女子マラソンを前に、記者会見でポーズをとる福士加代子(中央)、田中智美(その右)ら。左端は大森菜月=25日、大阪市

 2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」(9月)の出場権が懸かる大阪国際女子マラソン(27日・ヤンマースタジアム長居発着)に出場する有力選手が25日、大阪市内で記者会見し、16年リオデジャネイロ五輪以来のマラソンとなる36歳の福士加代子は「どきどきです。MGC(出場権)を勝って取りたい」と意気込みを語った。

2019 1/23 17:49
スポーツ

3月の東京マラソン出場選手発表 大迫傑、中村匠吾ら

 大迫傑、中村匠吾

 東京マラソン(3月3日)の出場選手が23日に発表され、男子の日本勢は昨年10月のシカゴで2時間5分50秒の日本記録を樹立した大迫傑や、ベルリン4位の中村匠吾が招待された。 佐藤悠基らも含め、2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権獲得者6人が参加。

2019 1/21 6:00
スポーツ

福岡1秒差で8位入賞 「最後に油断したらやられる」全国都道府県対抗男子駅伝

8位と健闘したアンカー福田穣(中央)ら福岡の選手たち

 福岡が8位で6年連続入賞を果たした。アンカー福田(西鉄)が6位でたすきを受けた時点で7位熊本と1秒、8位長崎と2秒差。

2019 1/18 6:00
スポーツ

大六野秀畝MGC出場権狙う 2月別府大分毎日マラソン

胴上げされる旭化成アンカーの大六野

 第68回別府大分毎日マラソン(2月3日)の大会実行委員会は17日、前回大会で日本人トップの2位に入った昨夏のアジア大会代表の園田隼(黒崎播磨)ら国内外15人の招待選手を発表した。  2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」(9月15日)の出場権を懸けたMGCシリーズの一つ。

2019 1/11 16:07
スポーツ

日清食品Gが駅伝から撤退 陸上部縮小で

 2015年1月、全日本実業団対抗駅伝の4区で力走する日清食品グループの村沢明伸(右端)=群馬県太田市

 日清食品グループは11日、全日本実業団対抗駅伝を2度制した強豪の陸上競技部を縮小し、駅伝から撤退すると発表した。9月15日に行われるマラソンの2020年東京五輪代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を獲得済みの佐藤悠基選手、村沢明伸選手のサポートは続ける見通し。

2019 1/1 6:00
スポーツ

マラソン“4強”井上大仁のこだわり 「記録より世界と勝負」で東京五輪へ

昨年8月のアジア大会で優勝した井上

 2020年の東京五輪まで残り1年半余り。今年は代表選考レースがいよいよ本格化する。

2018 12/20 17:55
スポーツ

大阪国際女子マラソンに福士ら 招待選手18人発表

 2016年8月、リオ五輪女子マラソンで力走する田中智美(左)と福士加代子(手前)=リオデジャネイロ(共同)

 大阪国際女子マラソン(来年1月27日)の組織委員会は20日、2016年リオデジャネイロ五輪代表の福士加代子、田中智美ら国内外の招待選手18人を発表した。期待の若手を招待する「ネクストヒロイン」枠では、初マラソンとなる大森菜月ら9人が選ばれた。

2018 12/3 11:23
スポーツ

マラソン初V服部「やりきった」 日本勢で14年ぶり福岡国際制す

 福岡国際マラソンの優勝から一夜明け、取材に応じる服部勇馬=3日、福岡市内

 福岡国際マラソンで日本勢として14年ぶりに優勝した服部勇馬(トヨタ自動車)がレースから一夜明けた3日、福岡市内で取材に応じ「自分が優勝したけど他人が優勝したような気分で、あまり実感は湧かない。ただ、体は正直で結構疲れている。

2018 12/3 6:00
スポーツ

福岡国際マラソン、服部V 日本勢14年ぶり MGC権獲得

日本歴代8位の2時間7分27秒で初優勝した服部

 福岡国際マラソンは2日、福岡市の平和台陸上競技場発着で行われ、服部勇馬(トヨタ自動車)が日本歴代8位の2時間7分27秒で初優勝した。日本勢の優勝は2004年の尾方剛(中国電力)以来14年ぶり。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング