まとめ

「全日本選抜柔道体重別選手権」

「全日本選抜柔道体重別選手権」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 7/30 19:05
柔道

金メダルまでの歩み 柔道女子78キロ超級 素根輝

高校時代の素根(左)と阿部

 五輪初出場の素根輝(21)=パーク24、福岡県久留米市出身=が金メダルを獲得した。これまでの歩みを振り返る。

2021 7/30 18:57
柔道

ことごとく「阿武教子以来」金メダルと大先輩の不思議な共通点

柔道女子78キロ級決勝、キューバのイダリス・オルティス(右)を攻める素根輝(撮影・軸丸雅訓)

 五輪初出場で金メダルを獲得した素根の快進撃で注目されたのが、2004年アテネ五輪女子78キロ級金メダルの園田(旧姓阿武)教子さん(45)だ。全日本選抜体重別選手権(西日本新聞社など共催)の高校生連覇と10代3連覇、体重無差別の全日本女子選手権での高校生女王、高校生でのアジア大会優勝。

2021 7/27 6:00
柔道

「つかさは朝9時半からの練習1分前に寝起きで来る」挫折しかけた芳田司を支えた同級生

銅メダルを手に写真に納まる女子57キロ級で3位になった芳田司=26日、日本武道館(撮影・中村太一)

 柔道女子57キロ級で初出場の芳田司(コマツ)は準決勝でジャコバ(コソボ)に敗れ、3位決定戦でリパルテリアニ(ジョージア)に一本勝ちして銅メダルを獲得した。同級は松本薫が12年ロンドン五輪優勝、前回リオ五輪3位で、日本勢は3大会連続メダル。

2021 6/2 6:00
柔道

柔道・素根の後輩が狙う下克上 19歳古賀「五輪に出るためには」

4月の全日本選抜体重別選手権1回戦で攻める古賀(左)

 柔道の世界選手権が6日、ハンガリーのブダペストで開幕する。開幕まで2カ月を切った東京五輪の日本代表は出場せず、日本勢にとっては2024年のパリ五輪を見据えた闘いになる。

2021 6/2 6:00
柔道

「視野が狭かった」柔道・阿部一二三と死闘演じた丸山がついに復帰

丸山城志郎(代表撮影)

 柔道の世界選手権が6日、ハンガリーのブダペストで開幕する。開幕まで2カ月を切った東京五輪の日本代表は出場せず、日本勢にとっては2024年のパリ五輪を見据えた闘いになる。

2021 4/23 6:00
柔道

丸山城志郎「どんな状況でも勝つ」世界選手権へ右足首順調回復

世界選手権に向けて合宿で稽古を続ける柔道男子66キロ級の丸山(全日本柔道連盟提供)

 6月の柔道の世界選手権(ブダペスト)で連覇を狙う男子66キロ級の丸山城志郎(ミキハウス)=宮崎市出身=が22日、オンラインで取材に応じ、全日本選抜体重別選手権を欠場する要因となった右足首の捻挫は順調に回復していると明かした。 都内で行われている全日本男子の強化合宿に参加中。

2021 4/22 19:54
柔道

阿部と死闘演じた柔道・丸山 6月の世界選手権は「どんな状況でも勝ちきる」けがの回復は順調

世界選手権に向けて合宿で稽古を続ける柔道男子66キロ級の丸山(全日本柔道連盟提供)

 6月の柔道の世界選手権(ブダペスト)で連覇を狙う男子66キロ級の丸山城志郎(ミキハウス)=宮崎市出身=が22日、オンラインで取材に応じ、全日本選抜体重別選手権を欠場する要因となった右足首の捻挫は順調に回復していると明かした。 都内で行われている全日本男子の強化合宿に参加中。

2021 4/15 12:15
柔道

柔道の海老沼匡が引退 2大会連続銅「五輪を大きくしすぎてしまって」

引退を表明した会見後、パーク24の吉田総監督(左)と記念撮影する海老沼

 柔道男子66キロ級でロンドン、リオデジャネイロと五輪で2大会続けて銅メダルに輝いた海老沼匡(パーク24)が15日、東京都内で会見し、現役引退を表明した。4日の全日本選抜体重別選手権男子73キロ級で優勝したばかりだが「世界の舞台で戦えるうちは柔道をまっとうしようと思っていたけど、昨年の講道館杯決勝で負け、世界選手権や国際大会への派遣はないと思った。

2021 4/4 20:49
柔道

斉藤と小川「二世対決」を制したのは…

男子100キロ超級準決勝で、激しく攻め合う小川雄勢(左)と斉藤立(撮影・佐藤雄太朗)

 男子100キロ超級の準決勝で、故斉藤仁さん(ロサンゼルス、ソウル五輪優勝)の次男立(たつる)と、小川直也さん(バルセロナ五輪銀メダル)の長男雄勢が激突した。 結果は10分2秒の熱戦の末、小川が支え釣り込み足で一本勝ちし、「二世対決」を制した。

2021 4/4 20:46
柔道

古賀稔彦さんの次男が初優勝

 柔道の世界選手権の代表最終選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権最終日は4日、福岡国際センターで男子7階級が行われ、60キロ級は1992年バルセロナ五輪男子71キロ級覇者で3月24日に53歳で死去した古賀稔彦さんの次男、古賀玄暉が初優勝した。決勝で竪山将から延長の末、合わせ技で一本を奪った。

2021 4/4 20:45
柔道

66キロ級は19歳田中「丸山さんらが欠場しての優勝。挑戦者の気持ちで」 柔道選抜体重別

男子66キロ級決勝で、藤阪泰恒に隅落としで一本勝ちする田中龍馬(左)(撮影・佐藤雄太朗)

 男子66キロ級で19歳の田中が初優勝を飾った。「自分の強みである攻め続ける柔道ができた。

2021 4/4 20:42
柔道

73キロ級V海老沼、古賀稔彦さんしのび涙「先輩からたくさんのこと学んだ」

男子73キロ級優勝インタビューで、亡くなった古賀稔彦さんを思い、感極まる海老沼匡(撮影・佐藤雄太朗)

 31歳の海老沼が男子73キロ級で初優勝した。ロンドン、リオデジャネイロ五輪で連続して銅メダルを獲得した66キロ級から73キロ級に階級を上げたことで「減量から解放されて楽しく柔道がやれています」と穏やかな笑顔を見せた。

2021 4/4 20:07
柔道

100キロ級初V飯田健太郎「自分の上にいる2人倒したい」パリ五輪期待の星が3冠宣言

男子100キロ級決勝で、神垣和他に大内刈りで技ありを奪う飯田健太郎(右)(撮影・佐藤雄太朗)

 パリ五輪の期待の星が昨秋の講道館杯に続いて頂点を極め、世界選手権代表をつかんだ。「世界選手権、(体重無差別の)全日本選手権、パリ五輪で優勝することが目標です」。

2021 4/4 20:02
柔道

「パリ五輪狙う上で必須」「ガチャガチャせず」「負けたら終わってしまう」あふれる優勝者の本音 柔道選抜体重別

男子100キロ超級決勝で、延長の末、小川雄勢(下)から小外掛けで一本を奪った佐藤和哉(撮影・軸丸雅訓)

 男子81キロ、90キロ、100キロ超級の優勝者の談話は以下の通り。 佐々木健志(81キロ級、全て一本勝ち)「優勝はパリ五輪を狙う上で必須と思っていたので、うれしい。

2021 4/4 6:00
柔道

「パリ五輪目指したい」「3度目の正直」「欠場は甘えになる」あふれる優勝者の思い 柔道選抜体重別

女子57キロ級決勝で延長の末、宇高菜絵から小内刈りで技ありを奪う舟久保遥香(撮影・佐藤雄太朗)

 女子57キロ、63キロ、70キロ、78キロ、78キロ超級の優勝者の談話は以下の通り。 舟久保遥香(57キロ級)「2度準優勝だったが、3度目の決勝で勝つことができてうれしい。

2021 4/4 6:00
柔道

女子48キロ級準V古賀、初の世界選手権へ「非常に有望」増地監督 柔道選抜体重別

女子48キロ級で優勝を逃し、うつむきながら引き揚げる古賀

 19歳の古賀が初の世界選手権代表に選ばれた。日本女子の増地監督は「決勝では惜しくも敗れたが、勝ち上がり方は素晴らしかった。

2021 4/4 6:00
柔道

古賀稔彦さんへ黙とうささげスタート 柔道選抜体重別

選抜柔道体重別選手権で、古賀稔彦さんの死去を悼み、黙とうする大会関係者たち=3日、福岡市博多区の福岡国際センター

 大会は3月に死去したバルセロナ五輪金メダリストの古賀稔彦さんをしのんで黙とうをささげて始まった。 古賀さんが総監督を務めていた環太平洋大から1人、同大出身者は7選手が出場した。

2021 4/4 6:00
柔道

女子52キロ級Vの坪根、本来の柔道取り戻せたシドニー五輪銅メダリストの言葉とは 選抜体重別

女子52キロ級で初優勝し、笑顔を見せる坪根菜々子(右)

 女子52キロ級は福岡大4年の坪根がチャンスを生かした。決勝では昨年の講道館杯を制した武田を恐れることなく攻め立て、大外刈りで技ありを奪うと横四方固めで合わせ技一本。

2021 4/4 6:00
柔道

階級落とし48キロ級初V角田「怖かった」28歳ベテランが見据える先

女子48キロ級決勝で、古賀若菜(右)から腕ひしぎ十字固めで一本勝ちする角田夏実(撮影・佐藤雄太朗)

 電光石火の優勝劇だった。開始からわずか28秒。

2021 4/3 15:29
柔道

角田夏実が48キロ級で初優勝

 女子48キロ級決勝 古賀若菜(右)から腕ひしぎ十字固めで一本勝ちする角田夏実=福岡国際センター(代表撮影)

 柔道の世界選手権(6月・ブダペスト)代表最終選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権第1日は3日、福岡国際センターで女子7階級が行われ、48キロ級は52キロ級で2018年から2連覇の実績をもつ角田夏実が初優勝した。決勝で古賀若菜から腕ひしぎ十字固めで一本勝ちした。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング