まとめ

「丸山城志郎」

2019 4/29 22:28
スポーツ柔道

世界柔道、男子最重量級に原沢 日本代表が出そろう

記者会見する全柔連の金野潤強化委員長(左)と男子の井上康生監督=29日、東京都千代田区の日本武道館

 全日本柔道連盟(全柔連)は29日、世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)の男子100キロ超級代表に昨年3位で2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜(百五銀行)を選んだと発表した。29日の全日本選手権は準々決勝で敗退したが、2月のグランドスラム大会制覇など国際大会の実績が評価された。

2019 4/8 6:59
柔道スポーツ

丸山次は世界王者 平成最後の死闘 阿部に“連勝”

延長戦の末、阿部一二三(右下)を破り叫ぶ丸山城志郎

 ◆全日本選抜柔道体重別選手権最終日 男子66キロ級(7日・福岡国際センター) 丸山城志郎(ミキハウス)=宮崎市出身、福岡・沖学園高卒=が平成最後の死闘を制した。13分を超える激闘の末、世界選手権2連覇中の阿部一二三(日体大)を破って2連覇を果たした。

2019 4/7 20:20
柔道スポーツ

大野がリオ金以来の代表 柔道世界選手権

延長戦で橋本壮市(下)から技ありを奪い、優勝した大野将平

 ◆全日本選抜柔道体重別選手権最終日(7日・福岡国際センター) 男女7階級を実施した大会終了後に8月から東京で開幕する世界選手権の代表が発表され、男子73キロ級の2016年リオデジャネイロ五輪金メダリスト、大野将平(旭化成)が代表に返り咲いた。今大会の決勝で2017年世界王者の橋本壮市(パーク24)を延長の末に隅落としで破った大野は15年以来の世界選手権代表で「世界一」を争う大会はリオ五輪以来の日本代表となる。

2019 4/7 18:23
スポーツ柔道

柔道、五輪王者の大野が3度目V 阿部一二三は決勝で敗れる

男子73キロ級決勝橋本壮市(左)を破り優勝した大野将平=福岡国際センター

 柔道の全日本選抜体重別選手権最終日は7日、福岡国際センターで男女計7階級が行われ、男子73キロ級は2016年リオ五輪金メダルの大野将平(旭化成)が決勝で17年世界王者の橋本壮市(パーク24)を延長の末に優勢勝ちし、3年ぶり3度目の優勝を果たした。 66キロ級で五輪2大会連続銅メダルで73キロ級の海老沼匡(パーク24)は準決勝で大野に敗れた。

2019 4/7 18:01
柔道スポーツ

平成最後の死闘、一二三が敗れるも代表入り 選抜体重別

延長で看板に突っ込む阿部一二三(右)と丸山城志郎

 ◆全日本選抜柔道体重別選手権最終日 男子66キロ級(7日・福岡国際センター) 世界選手権2連覇中の阿部一二三(日体大)が決勝で来年の東京五輪出場を争う丸山城志郎(ミキハウス)に計13分23秒に及ぶ闘いの末に敗れた。 試合は阿部優位のまま、4分間を終えて延長に突入。

2019 4/6 6:00
柔道

阿部、妹がライバル パリでの不覚、福岡でやり返す 柔道全日本選抜体重別6日開幕

大会へ向け抱負を語る阿部一二三

 柔道の世界選手権(8月25日開幕、日本武道館)の日本代表最終選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権は6、7日、福岡市の福岡国際センターで開催される。大会開幕を前日に控えた5日は注目選手が福岡市内で会見。

2019 4/5 19:23
スポーツ柔道

柔道の体重別、有力選手が抱負 阿部「力を出し切る」

 柔道の世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)代表最終選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権(6、7日・福岡国際センター)に出場する有力選手が5日、福岡市内で記者会見し、世界選手権2連覇中で男子66キロ級の阿部一二三(日体大)は「自分の力を最大限に出せれば、負ける相手はいない。自分の柔道を出し切る」と力強く抱負を語った。

2019 3/6 6:00
柔道

実力伯仲初戦から激戦 全日本選抜体重別柔道 4月6、7日福岡で開催

リオ五輪代表を争っていた16年の選抜体重別決勝で対戦した原沢(上)と七戸

 柔道の全日本選抜体重別選手権(4月6、7日・福岡国際センター)の組み合わせ抽選が5日、福岡市内で行われ、男女の最重量級を中心に初戦から好カードが組まれた。世界選手権(8月25日開幕・日本武道館)の代表最終選考会を兼ね、男女各7階級に8選手ずつ出場する。

2019 3/5 16:51
スポーツ柔道

阿部一が66キロ級第1シード 全日本体重別柔道

 柔道の世界選手権(8月25日開幕・日本武道館)の代表選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権(4月6、7日・福岡国際センター)の組み合わせ抽選会が5日、福岡市内で行われ、男子66キロ級は世界選手権2連覇中の阿部一二三が第1シードで木戸清孝と、国際大会3連勝の丸山城志郎が第2シードで磯田範仁と初戦で顔を合わせる。 男女各7階級で8人ずつ出場。

2019 2/23 8:40
スポーツ柔道

芳田、丸山、渡名喜らが優勝 柔道GS、日本勢4階級V

女子57キロ級で優勝した芳田司(右)=デュッセルドルフ(共同)

 【デュッセルドルフ(ドイツ)共同】柔道のグランドスラム(GS)デュッセルドルフ大会第1日は22日、ドイツで男女計5階級が行われ、女子57キロ級で昨年の世界選手権優勝の芳田司(コマツ)、男子66キロ級の丸山城志郎(ミキハウス)ら日本勢が4階級で優勝した。 芳田は決勝でリオ五輪金メダルのラファエラ・シルバ(ブラジル)に優勢勝ち。

2019 2/5 11:25
スポーツ柔道

柔道、阿部「大事に勝ち切る」 GSパリ大会へ出発

羽田空港で取材に応じる柔道男子の阿部一二三=5日

 柔道のグランドスラム(GS)パリ大会(9、10日)に出場する日本代表が5日、羽田空港から出発し、男子66キロ級で世界選手権2連覇中の阿部一二三(日体大)は「東京五輪へ大事な1年になる。1試合1試合を大事に勝ち切りたい」と今年初の実戦へ意気込んだ。

2018 12/17 21:38
スポーツ柔道

柔道、マスターズから選手帰国 初優勝の素根「先に攻めた」

羽田空港で取材に応じる柔道女子の素根輝=17日

 柔道のマスターズ大会(広州=中国)に出場した日本代表が17日、羽田空港に帰国し、女子78キロ超級で初優勝した全日本女王の18歳、素根輝は「先に先に攻めることを頭に入れ、しっかり(技を)出せた」と笑顔で語った。 世界ランキング上位者による大会で準決勝までの3試合を一本勝ち。

2018 12/12 6:00
柔道

柔道男子66キロ級の丸山“一二三キラー”意地のV

グランドスラム大阪大会の男子66キロ級決勝で、阿部一二三(右)を攻める丸山

 GS大阪大会男子66キロ級で世界選手権2連覇の阿部一二三(日体大)に待ったをかけたのが、宮崎市出身の丸山城志郎(ミキハウス)だ。決勝で延長戦の末、ともえ投げで技ありを奪って勝利。

2018 11/23 20:50
スポーツ柔道

柔道GS、阿部詩が優勝 大阪大会第1日

女子52キロ級決勝角田夏実(左)を攻める阿部詩=丸善インテックアリーナ大阪

 柔道のグランドスラム大阪大会第1日は23日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で男女計4階級が行われ、女子52キロ級は18歳の世界女王、阿部詩(兵庫・夙川学院高)が優勝した。9月の世界選手権と今大会の連続優勝により、来年の世界選手権(東京)代表に決まった。

2018 8/29 21:03
スポーツ柔道

角田が金、3階級で銀 柔道・29日

女子52キロ級で優勝し、表彰式で金メダルを掲げる角田夏実(左から2人目)=ジャカルタ(共同)

 柔道は男女各2階級が行われ、女子は52キロ級決勝で昨年世界選手権2位の角田夏実(了徳寺学園職)が朴多率(韓国)に一本勝ち、金メダルを獲得した。日本勢の同級は3大会連続の制覇。

2018 8/29 13:56
スポーツ柔道

ア大会、スケボ男女で金メダル 競歩で銀と銅、第12日

男子パーク決勝金メダルを獲得した笹岡建介の演技=パレンバン(共同)

 ジャカルタ・アジア大会第12日(29日)2020年東京五輪の実施競技、スケートボードのパークで男子の笹岡建介(PROSHOP BELLS)が勝ち、女子の四十住さくら(和歌山・伊都中央高)も金メダルを獲得した。 陸上20キロ競歩の男子で山西利和(愛知製鋼)が銀メダル、女子の岡田久美子(ビックカメラ)は銅メダルを手にした。

2018 5/25 20:41
スポーツ柔道

柔道、17歳の阿部詩が優勝 近藤亜美もV、グランプリ大会

 柔道のグランプリ大会は25日、中国のフフホトで行われ、女子は52キロ級で世界選手権(9月・バクー)代表の17歳、阿部詩(兵庫・夙川学院高)が決勝までの4試合を全て一本勝ちで制した。48キロ級の近藤亜美も優勝。

2018 4/8 6:00
柔道

橋本男子73キロ級“改心”V 尊敬する先輩・海老沼に優勢勝ち 全日本選抜体重別柔道

男子73キロ級決勝で海老沼(奥)から腰車で技ありを奪い、優勝した橋本

 7日に福岡市の福岡国際センターであった柔道の全日本選抜体重別選手権第1日で、リオデジャネイロ五輪優勝の大野将平(旭化成)ら実力者がそろう激戦区となった男子73キロ級は、昨年の世界選手権王者の橋本壮市(パーク21)が決勝でロンドン、リオデジャネイロ五輪66キロ級で2大会連続銅メダルの海老沼匡(パーク24)に優勢勝ちし、2年連続3度目の優勝を果たした。大野は準決勝で海老沼に敗れた。

2018 4/8 6:00
柔道

大野が準決勝敗退 男子73キロ級

男子73キロ級準決勝、海老沼に内股で敗れた大野(下)

 2年ぶりに出場したリオデジャネイロ五輪王者の大野が準決勝で敗れた。海老沼に内股で技ありを二つ奪われ「自分の投げたいところで投げられなかった」と浮かない表情だった。

2018 4/7 18:53
スポーツ柔道

柔道体重別、橋本が3度目の優勝 女子は17歳素根がV2

男子73キロ級決勝で海老沼匡(右)を破り優勝した橋本壮市=福岡国際センター

 世界選手権(9月・バクー)代表最終選考会を兼ねた柔道の全日本選抜体重別選手権第1日は7日、福岡国際センターで男女計7階級が行われ、男子73キロ級は昨年世界王者の橋本壮市が、66キロ級で五輪2大会連続銅メダルの海老沼匡との決勝を優勢勝ちし、2年連続3度目の頂点に立った。 73キロ級の2016年リオデジャネイロ五輪覇者の大野将平は、準決勝で海老沼に一本負けした。

PR

PR

注目のテーマ