まとめ

「平野美宇」 (5ページ目)

「平野美宇」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2018 1/19 20:43
スポーツ

卓球、張本は男子単で最年少8強 全日本選手権第5日

 男子シングルスで準々決勝進出を決めた張本智和=東京体育館

 卓球の全日本選手権第5日は19日、東京体育館で行われ、男子シングルスで最年少優勝を狙う14歳の張本智和が5、6回戦を突破して準々決勝に進んだ。日本卓球協会によると、同種目で14歳での8強入りは2005年度に16歳で進出した水谷隼を更新し史上最年少。

2018 1/18 19:57
スポーツ

卓球、張本がジュニア最年少V 全日本選手権第4日

 ジュニアの部男子シングルス決勝 ポイントを奪い雄たけびを上げる張本智和=東京体育館

 卓球の全日本選手権第4日は18日、東京体育館で行われ、ジュニアの部シングルスで男子の張本智和が初優勝し、水谷隼の持っていた中学2年での男子の最年少記録に並んだ。女子は長崎美柚が初優勝した。

2018 1/17 23:05
スポーツ

卓球、森薗・伊藤組が4強入り 全日本選手権第3日

 混合ダブルスで準決勝進出を決めた森薗(左)、伊藤組=東京体育館

 卓球の全日本選手権第3日は17日、東京体育館で行われ、混合ダブルス4回戦で森薗政崇(明大)伊藤美誠(スターツ)組が大会2連覇中の田添健汰(専大)前田美優(日本生命)組を破り、準々決勝も勝ってベスト4に進んだ。 昨年の世界選手権個人戦金メダルの吉村真晴(名古屋ダイハツ)石川佳純(全農)組は準々決勝で張一博(東京アート)森薗美咲(日立化成)組に勝ち、大島祐哉(木下グループ)早田ひな(日本生命)組も準決勝に進んだ。

2018 1/16 19:48
スポーツ

卓球、張本・平野組らが4回戦へ 全日本選手権第2日

 混合ダブルスで4回戦進出を決めた張本(左)、平野組=東京体育館

 卓球の全日本選手権第2日は16日、東京体育館で行われ、混合ダブルスで昨年の世界選手権個人戦金メダルの吉村真晴(名古屋ダイハツ)石川佳純(全農)組や張本智和、平野美宇組(エリートアカデミー)が初戦の2回戦と3回戦を勝ち上がった。 大島祐哉(木下グループ)早田ひな(日本生命)組、森薗政崇(明大)伊藤美誠(スターツ)組、2連覇中の田添健汰(専大)前田美優(日本生命)組も4回戦進出。

2018 1/15 17:55
スポーツ

卓球、女子の平野「優勝目指す」 全日本選手権が開幕

 卓球の全日本選手権が開幕し、記者会見で笑顔を見せる平野美宇(左)と水谷隼=東京体育館

 卓球の全日本選手権に出場する有力選手が15日、東京体育館で記者会見に臨み、昨年男女を通じて史上最年少優勝を女子シングルスで果たした平野美宇(エリートアカデミー)は「初めて第1シードとして臨む。しっかり準備し、優勝目指して戦いたい」と意気込みを語った。

2018 1/3 1:38
スポーツ

石川4位、伊藤が5位 新方式の卓球世界ランク

 石川佳純

 【ジュネーブ共同】国際卓球連盟(ITTF)は1日、2018年から導入した新方式の世界ランキングを発表し、女子シングルスで石川佳純が4位、伊藤美誠が5位、平野美宇が6位につけた。男子シングルスでは丹羽孝希が6位、松平健太が10位、張本智和が11位、水谷隼が13位。

2017 12/26 17:18
スポーツ

卓球の張本選手ら低酸素トレ体験 JSCの有望選手研修会

 低酸素室でバイクをこぐ(右から)卓球の平野美宇、陸上のサニブラウン・ハキームら若手有望選手=26日、東京都北区の国立スポーツ科学センター

 日本スポーツ振興センター(JSC)は26日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて若手有望選手を海外で強化する事業の対象選手を集めた研修会を東京都北区の国立スポーツ科学センター(JISS)で開き、陸上男子短距離のサニブラウン・ハキーム選手や卓球男子の張本智和選手、女子の平野美宇選手らが参加した。 低酸素環境での身体変化や、時差調整の講義を受け、実際に低酸素室でバイクをこいで体験した。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング