まとめ

「坂本花織」

「坂本花織」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 10/16 19:05
フィギュア

フィギュア鍵山優真ら華麗な舞

 エキシビションで演技する鍵山優真=北京・首都体育館(共同)

 【北京共同】フィギュアスケートの北京冬季五輪テスト大会を兼ねたアジアンオープントロフィーは閉幕して一夜明けた16日、北京の首都体育館でエキシビションが行われた。日本勢は男子で優勝した鍵山優真(オリエンタルバイオ・星槎)や2位の佐藤駿(フジ・コーポレーション)、女子で優勝した三原舞依、2位の坂本花織(ともにシスメックス)が華麗な舞を披露した。

2021 10/15 18:41
フィギュア

フィギュア、鍵山と三原が優勝

 男子フリー 演技する鍵山優真=北京・首都体育館(共同)

 【北京共同】フィギュアスケートの北京冬季五輪テスト大会を兼ねたアジアンオープントロフィー最終日は15日、北京の首都体育館で行われ、男子は18歳の鍵山優真が前日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位の179・98点をマークし、合計277・78点で優勝した。 17歳の佐藤駿がSP、フリーともに2位の256・16点で2位、金博洋(中国)が3位。

2021 10/13 18:46
フィギュア

鍵山、坂本らが公式練習

 公式練習で調整する鍵山優真=北京・首都体育館(共同)

 【北京共同】フィギュアスケートの北京冬季五輪テスト大会を兼ねたアジアンオープントロフィーは14日、北京の首都体育館で開幕する。13日に公式練習が行われ、男子の鍵山優真、佐藤駿と女子の坂本花織、三原舞依の日本勢4人が調整した。

2021 10/10 19:16
フィギュア

フィギュア、坂本と友野2連覇

 女子フリーで演技する坂本花織=木下アカデミー京都アイスアリーナ(代表撮影)

 フィギュアスケートの近畿選手権最終日は10日、京都府宇治市の木下アカデミー京都アイスアリーナで行われ、女子は2018年平昌冬季五輪代表の坂本花織(シスメックス)が前日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位の120・12点をマークし、合計192・14点で2連覇した。河辺愛菜(木下アカデミー)が184・14点で2位。

2021 10/9 21:49
フィギュア

坂本がSP首位、河辺2位

 女子SPで演技する坂本花織=木下アカデミー京都アイスアリーナ(代表撮影)

 フィギュアスケートの近畿選手権は9日、京都府宇治市の木下アカデミー京都アイスアリーナで行われ、女子ショートプログラム(SP)は2018年平昌冬季五輪代表の坂本花織(シスメックス)が72・02点で首位に立った。河辺愛菜(木下アカデミー)がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決め、65・16点で2位。

2021 10/3 18:18
フィギュア

宇野、坂本ら華麗な演技

 演技する宇野昌磨=さいたまスーパーアリーナ

 フィギュアスケートのアイスショー「カーニバル・オン・アイス」が3日、さいたまスーパーアリーナで行われ、男子で2018年平昌冬季五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)が今季のショートプログラム(SP)とすることが濃厚な「オーボエ協奏曲」を演じ、フリップ、トーループの2種類の4回転ジャンプを華麗に決めて会場を沸かせた。 女子では平昌五輪代表の坂本花織(シスメックス)が新たなSPの「グラディエーター」の音楽に乗せ、持ち味のダイナミックなジャンプを次々と成功させた。

2021 10/2 17:20
フィギュア

フィギュア、宇野と樋口が1位

 演技する宇野昌磨=さいたまスーパーアリーナ

 フィギュアスケートのジャパン・オープンは2日、さいたまスーパーアリーナでフリーを演技して争われ、男子は2018年平昌冬季五輪銀メダリストの宇野昌磨が演技後半にフリップとトーループの4回転ジャンプを決め、181・21点で1位となった。佐藤駿が3種類計4度の4回転を降り、179・32点で2位だった。

2021 9/22 17:59
フィギュア

フィギュア坂本、新演目で臨む

 オンラインで取材に応じるフィギュアスケート女子の坂本花織=22日

 フィギュアスケート女子でシスメックスに所属する坂本花織と三原舞依が22日、オンラインでインタビューに応じ、2018年平昌冬季五輪代表の坂本は北京五輪シーズンのフリーを海外ドキュメンタリー映画の音楽となる新たな演目で臨む意向を明らかにした。 ブノワ・リショー氏が振り付けを手掛けたが、高難度の内容だったこともあり、8月の大会では別の演目を使用していた。

2021 8/12 19:22
フィギュア

フィギュア、坂本と友野が優勝

 女子で優勝した坂本花織のフリー=滋賀県立アイスアリーナ

 フィギュアスケートのげんさんサマーカップ最終日は12日、滋賀県立アイスアリーナで行われ、女子は坂本花織がフリーで143・50点を出して前日のショートプログラム(SP)に続いて1位となり、合計217・24点で優勝した。SP6位の宮原知子が合計196・28点で2位となり、三原舞依が3位。

2021 8/11 20:37
フィギュア

鍵山優真、男子SPで3位

 男子SPで演技する鍵山優真=滋賀県立アイスアリーナ

 フィギュアスケートのげんさんサマーカップは11日、滋賀県立アイスアリーナで行われ、男子ショートプログラム(SP)で昨季の世界選手権2位の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)は冒頭の4回転サルコーが2回転になり、4回転トーループで転倒し、72・41点で3位となった。友野一希(セントラルスポーツ)が88・99点でトップ。

2021 4/17 19:48
フィギュア

フィギュア国別対抗戦、日本3位

 女子フリー 演技する坂本花織=丸善インテックアリーナ大阪

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦最終日は17日、丸善インテックアリーナ大阪で行われ、順位点の合計で日本は107点で3位となり、ロシアが125点で初優勝した。女子フリーは坂本花織(シスメックス)が自己ベストの150・29点で2位、紀平梨花(トヨタ自動車)が132・39点で5位だった。

2021 4/15 20:28
フィギュア

羽生はSP2位、チェンが1位

 男子SP 演技する羽生結弦=丸善インテックアリーナ大阪

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は15日、丸善インテックアリーナ大阪で6カ国が参加して開幕し、順位点の合計で日本は42点で3位につけ、ロシアが49点で首位に立った。男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦は2種類の4回転ジャンプを決めて107・12点で2位となった。

2021 3/31 18:54
フィギュア

羽生、宇野、紀平ら国別対抗戦に

 左から羽生結弦、宇野昌磨、紀平梨花

 日本スケート連盟は31日、フィギュアの世界国別対抗戦(4月15~17日・丸善インテックアリーナ大阪)に出場する日本代表を発表し、男子は世界選手権で銅メダルを獲得した羽生結弦と宇野昌磨、女子は紀平梨花、坂本花織が名を連ねた。 ペアは三浦璃来、木原龍一組、アイスダンスは小松原美里、小松原尊組が選ばれた。

2021 3/22 20:54
フィギュア

世界フィギュア公式練習始まる

 公式練習で調整する坂本花織=ストックホルム(共同)

 【ストックホルム共同】24日に開幕するフィギュアスケートの世界選手権は22日、公式練習が始まり、日本勢は女子で初優勝を狙う紀平梨花(トヨタ自動車)や坂本花織(シスメックス)宮原知子(関大)が本番リンクの感触を確かめた。紀平は武器のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が好調で、2回転トーループとの連続や単発で決めた。

2021 1/30 12:41
フィギュア

フィギュア坂本が成年女子で優勝

 フィギュア成年女子 優勝した坂本花織のフリー=名古屋市ガイシプラザ(代表撮影)

 国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会第4日は30日、名古屋市のガイシプラザなどで行われ、フィギュア成年女子はショートプログラム(SP)首位の坂本花織(兵庫・神戸学院大)がフリーもトップの149・33点を出し、合計227・78点で優勝した。  20歳の坂本は昨年12月の全日本選手権で2位に入り、3月の世界選手権(ストックホルム)代表に選ばれている。

2021 1/29 17:35
フィギュア

スピード500m、倉坪らが優勝

 スピード成年男子500メートル決勝 優勝した長野・倉坪克拓(手前)=岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場

 国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会第3日は29日、岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場などで行われ、スピード500mで成年男子は倉坪克拓(長野・日大)が優勝、同女子は宇佐見鈴音(北海道・日体大)が制した。少年男子は山本悠乃(北海道・白樺学園高)が、同女子は吉田雪乃(岩手・盛岡工高)が頂点に。

2020 12/27 23:52
フィギュア

羽生、宇野、紀平ら世界選手権へ

 羽生結弦、宇野昌磨、紀平梨花

 日本スケート連盟は27日、フィギュアの世界選手権(来年3月・ストックホルム)代表を発表し、男子の羽生結弦、宇野昌磨や女子の紀平梨花らが名を連ねた。2022年北京冬季五輪の出場枠が懸かる。

2020 12/27 22:03
フィギュア

紀平梨花が2連覇、4回転初成功

 フィギュアスケートの全日本選手権女子で2連覇を果たした紀平梨花のフリーの演技=27日、長野市ビッグハット(代表撮影)

 フィギュアスケートの全日本選手権最終日は27日、長野市ビッグハットで行われ、女子はショートプログラム(SP)首位の紀平梨花がフリーで4回転サルコーを初めて成功させて154・90点で1位となり、合計234・24点で2連覇した。日本スケート連盟の選考基準を満たし、世界選手権(来年3月)代表に決まった。

2020 12/25 21:43
フィギュア

女子は紀平がSP首位、2位坂本

 女子SP 演技する紀平梨花=長野市ビッグハット(代表撮影)

 フィギュアスケートの全日本選手権は25日、長野市ビッグハットで開幕し、女子ショートプログラム(SP)は2連覇を目指す今季初戦の紀平梨花(トヨタ自動車)が冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決め、79・34点でトップ。NHK杯優勝の坂本花織が71・86点で2位、三原舞依(ともにシスメックス)が69・55点で3位。

2020 12/10 16:28
フィギュア

フィギュア坂本と三原、全日本へ

 練習を公開した坂本花織=神戸ポートアイランドSC(代表撮影)

 フィギュアスケート女子で11月のNHK杯を初制覇した坂本花織が三原舞依(以上シスメックス)と10日、神戸市内で報道陣に練習を公開し、ショートプログラム(SP)やフリーの曲をかけ、ジャンプなどを確認した。全日本選手権(25~27日・長野市ビッグハット)に向け「順調にきている。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング